SubD入門(オンライン・1日コース)

Rhino7に新規搭載されたSubDは、有機的な形状を直感的かつ迅速にフリーフォーム作成することができる、新しいジオメトリタイプです。本トレーニングではSubDモデリングの基本をはじめ、SubDからNURBSへの変換方法や編集など、RhinoのNURBSモデリングと連携する手法も学びます。

※こちらはオンライントレーニングになります。
お申込み前に必ず「オンライントレーニングの受講環境と注意事項」をご確認の上、お申込みをお願いいたします。

お客様の声を読む

テキストと受講内容がリンクしており、聞き逃した点はテキストをみればわかるようになっていたので、メモをとる手間があまりなく操作に集中でき良かったです。またSubDの一連の操作がある程度理解でき満足でした。

期間

1日間(6時間)

時間

10:00~17:00

会場

オンライントレーニング

定員

8名(先着順)

教材

オリジナルテキスト

受講料

¥39,600(税込)

対象受講者

Rhinoの基本操作を理解されている方で、NURBSに加えてSubDのモデリングも体験したい方、SubDの概要を把握したい方。

受講環境

※「オンライントレーニングの受講環境と注意事項」をご確認の上、お申込みをお願いいたします。

 

・Rhino7およびZoomがインストールされた推奨環境を満たしたPCを必ずご用意ください。
※SubDはRhino7の新機能のため、Rhino7をお持ちでない方は必ずRhino7評価版をご用意ください
Rhino7評価版ダウンロード方法はこちら
※評価版は試用期間がダウンロードから90日間となりますので、受講日に合わせご用意ください。
・デュアルモニタ推奨(受講者操作モニタ+講師画面共有用モニタ)
・有線での安定したネットワーク環境を推奨
・同じ場所で複数名の方が受講される場合、スピーカーマイクが複数あるとハウリングします。
ヘッドセットの導入を推奨しております。
・受講者様側の画面を共有はいたしません(講師からの画面共有のみ)。
・トレーニングではZoomを利用します。
Zoomは他社のものでありアプリについてのトラブルはサポートしておりません。
事前にカメラOFF・マイクON・チャットの動作をご確認ください。

内容

(使用ソフトウェア:Rhino7 for Windows)

 

■Subとは  SubDとNURBSサーフェスの違い
■作成  各種SubDの作成方法
■選択  SubD内の点・エッジ・面の選択方法(選択フィルタ)
■SubDを扱う上で  従来にはないSubD独自の設定
■修正  各種形状の修正方法
■データ変換  NURBSサーフェスに変換する際、気を付ける点
■QuadRemesh  メッシュ・SubDに再変換できる機能
■Tips  SubDの詳細なTips

 

・練習問題1  椅子             ガムボールなどを使った基本修正方法練習
・練習問題2  マグカップ    SubD独自のコマンドを使った練習
・練習問題3  ロゴ             QuadRemeshを使った練習
・練習問題4  クリーナー    三面図から形を作成する練習

お申し込み

2022年1213日(火)
1日間
募集人数 │ 8名
お申し込み