Lands Design

Rhinoceros Grasshopper Plug-in
ランドスケープ・植物・地形モデル作成

Lands Design(ランズデザイン)は、ランドスケープデザイン(景観設計・造園)のためのRhinoceros・Grasshopper専用プラグインです 。2D図面、3Dモデリング、フォトリアリスティックレンダリングなどのBIM/LIM(Landscape Information Modeling)テクノロジーのための機能を豊富に備えています。

バージョンが新しくなったLands Designでは、RhinoとLands Designのインターフェースを統合した新しいアプリケーション「RhinoLands」が登場しました。これはRhinoとLands Designの機能の内、ランドスケープデザインで使用するコマンドや機能に絞ってアクセスしやすいようUIを簡素化したものです。Lands Designのライセンスを購入すれば、RhinoLandsも使用でき、これまで以上に効率的なデザインが可能になります。

主な機能:8000種以上の植栽、植物データベース/地形データのインポート/地形モデルの作成(曲線、点群から作成)/地形モデルの編集(パスや穴、等高線の追加、分割処理)/ハードスケープ(壁、フェンス、階段など)の挿入/灌漑、スプリンクラー/2Dドキュメンテーション作成/ビジュアライゼーション(レンダリング・アニメーションなど)/パラメトリックデザイン/コラボレーション他…詳しく見る

Lands Design 製品概要

Landscape Architecture(景観設計)

Lands Designはスケールや分野に依らず、どんなランスケープデザインプロジェクトにも手軽に利用することができます。2Dレイアウト生成、3Dモデリング、リアリティのあるイメージやアニメーションの作成などの設計、
デザインプロセスにおける強力なツールとなるでしょう。

Green Infrastructure(グリーンインフラ)

自然のエリアは、汚染、水害、過熱などを防止し、建造物の周辺環境を守るためのインフラとして機能します。Lands Designは、壁面緑化、屋上緑化(グリーンルーフ)などのグリーンの領域を、あなたの建築、土木のプロジェクトに追加する機能を提供します。

Forestry(林業)

地形、森林、灌漑用のツールとそれに伴うハードスケープツールは、造林分野の森林のモデリングやデザインプロセスに利用できます。Lands Designの技術により、植物の季節変化や年間成長の視覚化が可能です。

Urban Planning(都市計画)

都市の植生は、建物の周辺環境の質を向上させる上で重要な役割を果たします。都市計画プロジェクトに不可欠な自然要素として植物を導入する際において、Lands Designはグリーンを取り入れた公共スペースのデザインなどに役立てることができます。Lands Designを用いることで、適切な植物を配置し、季節ごとのそのエリアの景観を視覚化できるようになります。

CG Artists(CGアーティスト)

Lands Designは、コンピュータグラフィックス(CG)アーティストのための環境モデルを生成するためにも活用できます。ゲーム、3Dビジュアライゼーション、デジタルアニメーション映画の開発に使用するような2Dおよび3Dのアセット(素材)を作成できます。

主な機能

強力な地形モデリングツール

等高線、標高曲線、点群から地形を作成します。衛星地図から場所を選択することにより、地形をスキャンしてクラウドからインポートすることもできます。Lands Designには、地形の編集、切土と盛土、パス、穴の追加、または土量計算を行うツールが含まれています。このすべてのデータは地形オブジェクトとして履歴を持ち、いつでも編集できます。

プロジェクトにおけるBIM/LIM (Landscape Information Modeling)

植栽要素、地形、ハードスケープなどのプロパティ情報を持つパラメトリックなオブジェクトを提供します。これらのオブジェクトは、簡単に編集でき、数量などを反映してリスト化できます。常に3Dモデルと関連リストおよびドキュメントにリアルタイムにリンクされている2Dテクニカル図面を作成するためのツールを提供しています。

3D / 2Dの豊富な植生データベース

8000種以上の植物データベースを提供。特定の基準(気候、土壌のタイプ、耐風性、開花と結実など)によりリストをフィルタリングすることで、サイトに最適な植物を選択できます。 各植物には、2Dおよび3Dでレンダリング、エクスポート、季節と成長のシミュレーション用のカスタマイズ可能な表示モードがあります。

リアルタイムな2Dドキュメンテーションの生成

2Dスケッチを3Dプロジェクトにして、視覚化の準備を整えます。3Dモデルから2D技術計画を生成し、寸法、ラベル、タグ、植物の写真、その他の注釈を追加して、プロジェクトをドキュメント化できるようにします。レイヤマネージャーを使用してプロジェクトを整理することにより、計画、灌漑、寸法計画などのさまざまなレイアウトを作成します。リストツールを使用して、植物、都市の家具要素、ゾーン、または地形操作からの切土と盛土の量の数量を生成します。

Grasshopperによるパラメトリックデザイン

植栽、地形、ハードスケープを設計するワークフローを自動化します。反復的なタスクを回避して時間を節約し、カスタム機能を作成して、さまざまな検討案をよりすばやく検証することができます。これらはすべて、ビジュアルプログラミング環境であるGrasshopperで実現することができます。

プロジェクトに命を吹き込むアニメーション動画と
リアルなイメージ画像

リアルな画像、バーチャルツアー、アニメーションビデオでプロジェクトを可視化します。プロジェクトをウォークスルーで確認し、植物の季節変化シミュレーションを再生し、太陽光の動き、風の効果、植物の成長を反映できます。さらに、Enscape、Lumion、V-Rayなどの希望のレンダリングエンジンを適用することもできます。

関連ページ:https://www.landsdesign.com/

【New!】 RhinoLandsインターフェース

RhinoLandsは、RhinoとLands Designをフレームワークに組み込んだランドスケープデザイン用の完全なスタンドアロンアプリケーションです。Rhino 8とLands Design 6 のライセンスをお持ちの方であれば使用することができます。Lands Design 6をインストールすれば、RhinoLandsも一緒にインストールされます。

Rhinoがシームレスに統合されているため、ユーザーはRhinoのすべての機能にアクセスできると同時に、新しく簡素化された直感的なインターフェイスを活用できます。リボンのデザインが一新され、インターフェイスがシンプルでユーザーフレンドリーになりました。ランドスケープデザインに必要な機能にのみアクセスしやすいように設計されているので、このアプリケーションを初めて使用する方にも、長年使用している方にも、より効率的で優しいツールになっています。

もちろん、使い慣れた Rhino インターフェースを維持したいRhinoユーザーは従来通り、今後もRhinoのプラグインとしてLands Designを使用することもできます。

評価版ダウンロード

60日間使用可能な評価版がダウンロードできます。

  • Lands Design 6 評価版は、RhinoLandsインターフェースを含むすべての機能を試すことができます。
  • インストールにはRhino8、Rhino7の製品版、またはRhino8評価版が予めインストールされている必要があります。
  • ライセンスをご購入頂き、ライセンスキーを入力することによりそのまま製品版として使用できます。
  • Lands Design評価版プログラムの再配布は禁じます。

こちらからフォームを入力し、インストーラーをダウンロードしてください。

動作環境

  • Windows版のRhino8、Rhino7の動作環境に準拠します。
  • Rhino6以前のバージョン、Rhino for Macでは動作しません。

価格

  • Windows用の永久ライセンスで、使用期限はありません。
  • 価格には現在のバージョンのサポート(インストール・ライセンス認証トラブル、不具合および挙動に関するお問い合わせ)とサービスリリースが含まれています。
  • 教育版・ラボラトリーライセンスの価格については価格一覧に記載しています。購入対象はこちらをご確認ください。

Lands Design 6

 157,300円(税込)

Lands Design 6 アップグレード版

94,050円(税込)

64,350円(税込)
(6/28までのキャンペーン価格)

Lands Designを学ぶ