モデルビューアーiRhino 3D(アイライノスリーディー)

3Dを持ち歩こう!Rhino 3DMファイルをiPad、iPad Mini、iPhone、iPod touchで表示できるアプリ

製品概要

iRhino 3Dはモデルをタップまたはドラッグで、パン、ズーム、回転します。簡単操作のナビゲーターでサムネイル間をスクロールし、必要なモデルをすぐに表示できます。Rhinoのモデルはウェブサイト、Googleドライブ、Dropbox、Eメールの添付、そしてiTunesからロードすることができます。ビューはマークアップやメール送信のために画像として保存できます。

特徴

  • バージョン1.0から6までのRhino 3DMファイルを表示できます。
  • Rhinoのファイルのサムネイルが表示されます。
  • 大きなモデルを高速にズーム、パン、回転できます。
  • Webサーバー、Dropbox、Googleドライブからお使いのiPadまたはiPhoneのモデルライブラリにダウンロードできます。(通常、数秒で完了します。)
  • メールに添付された3DMファイルを開けます。
  • iTunesを使用して3DMファイルを直接コピーできます。
  • マークアップ、メール送信のためにビューをキャプチャできます。
  • お使いのiPhoneまたはiPadから直接3DMファイルをメール送信できます。
  • レイヤ表示のオン/オフコントロール。
  • Retinaディスプレイのサポート。
  • 背景色の設定。
  • ビューナビゲーション設定: 周回/ズーム(クラッシック)と回転/移動。
  • ジョイスティックの設定: 親指のジョイスティックで、モデルの内側に入ったり、見回したりといったことが簡単にできるようになりました。
  • 名前の付いたビュー: Rhinoで作成された保存ビューに素早くナビゲートできます。



注意点 

  • サーフェスとメッシュのみが表示されます。曲線、テキスト、寸法などは表示されません。
  • モデルは前もってRhinoでシェーディングして保存する必要があります。 注記: Rhinoのレンダリングメニューからシェーディングを選択します。コマンドラインのシェーディング設定(D)=シェーディングになっていることを確認してください。
  • ファイルサイズの上限はおよそ50MB(100万ポリゴン)です。注記: おおよその上限です。

iRhino3d よくある質問

動作環境・ダウンロード

  • 64ビットのデバイスが必要です。(iPhoneまたはiPadの第6世代、またはそれ以降)
  • iOS 9.3以上が必要です。

アプリのダウンロードはこちらから(無償)。