Rhinoceros 建築モデリング入門(オンライン・2日コース)

 

本トレーニングでは、書籍「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」をテキストとして、3次元の建築モデリングに必要な基礎を習得します。大きな分類としては意匠建築になりますが、寸法・精度を抑えたモデリング、データ変換の基礎、図面作成・レンダリング等視覚化の基礎に関しても学びます。補足として、テキスト以外の演習モデルや、曲面造形の一部を紹介します。

期間

2日間(6時間 x 2)

時間

10:00~17:00

会場

オンライントレーニング

定員

8名 (先着順)

教材
受講料

¥72,000(教材付き・税別)

受講環境

・Rhino6およびZoomがインストールされたPCを必ずご用意ください。
 ※Rhino6をお持ちでない方はこちらから評価版がダウンロードできます。
 ※評価版は試用期間がダウンロードから90日間限定となりますので、
 受講日に合わせてダウンロードをお願いいたします。
・デュアルモニタ推奨(受講者操作モニタ+講師画面共有用モニタ)
・有線での安定したネットワーク環境を推奨
・同じ場所で複数名の方が受講される場合、スピーカーマイクが複数あるとハウリングします。
 ヘッドセットの導入を推奨しております。
・受講者様側の画面を共有はいたしません (講師からの画面共有のみ)。
・トレーニングではZoomを利用します。
 Zoomは他社のものでありアプリについてのトラブルはサポートしておりません。
 事前にカメラOFF・マイクON・チャットの動作をご確認ください。

内容

(使用ソフトウェア: Rhino6 for Windows)

【1日目】
■「Rhinoceros」を学ぶ
 Rhinocerosのインターフェース
 オブジェクトの種類
■ボリュームスタデイから「基礎」を学ぶ
 演習:2D図作成
 演習:3D図作成
 便利な機能の紹介
 オブジェクトの選択
■既存建築をトレースして「モデリング」を学ぶ
 演習:ホキ美術館のモデリング

【2日目】
■建築のモデリングを通して「プロセス」を学ぶ
 演習:ポリゴナルタワーのモデリング
■基礎モデリング
 既存建築のモデリング
 「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」とは別の演習モデルを使用します。
■モデルデータの「連携」を学ぶ
 データ変換
 RhinoのプラグインGrasshopper、VisualARQ
■曲面造形体験
 スタジアム、パビリオンの紹介
 「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」とは別の演習モデルを使用します。
■モデルの「視覚化」を学ぶ
 2次元図面の作成
 レイヤーステート機能
 ホキ美術館外観のレンダリング
 ホキ美術館内観のレンダリング

お申し込み

2020年123日(木)~4日(金)実施

募集人数 │ 8名