プロダクトモデルのためのGrasshopper入門(2日コース)

本トレーニングでは、書籍「コンピュテーショナル・モデリング 入門から応用 Grasshopper × スクリプトで極めるアルゴリズミック・デザイン」をテキストとして、1日目にGrasshopperの基本を学びます。
2日目は、工業製品で使用されるモデル形状を作成する上でよく使う機能を理解しながら、Grasshopperでのアルゴリズムの作成方法を学びます。

期間

2日間(6時間 x 2)

時間

10:00~17:00(開場 9:30)

会場

株式会社アプリクラフト トレーニングルーム(東京・渋谷)

定員

8名 (先着順)

教材
受講料

¥72,000(教材付き・税別)

対象受講者

Rhinocerosの基本操作(Rhino基礎モデリングレベル)を習得されている方を対象といたします。

内容

(使用ソフトウェア: Windows版 Rhinoceros 6 及び Grasshopper)

【1日目】
■Grasshopperの基礎
Grasshopperの起動とインターフェース
演習:直方体の作成と配列
解説:サンプルで見るGrasshopperの機能
演習:点群データの操作
演習:2次元図形の操作
■コンピュテーショナルモデリングの基礎
演習3:パラメータ(t・UV)とReparameterizeについて
演習4:簡単な3次元形状作成とマッピング
演習5:データ構造の基本 – Graft,Flatten,Simplify
練習問題
演習6:階層構造を意識したアルゴリズム(インデックスの操作)

【2日目】
解説:データを繋いだ時の働き方
■コンピュテーショナルモデリングの基礎(続き)
演習7:階層構造を意識したアルゴリズム(インデックスを不規則に指定)
解説:Cluster機能とUser Object
■コンピュテーショナルモデリングの応用
演習8:グラデーション変化のあるパンチングメタルの作成
演習9:グリッドを使ったパターンの作成
演習10:曲面サーフェスへのパターンのモーフィング
演習11:ポリサーフェスへのパターンの投影
解説:プラグインの紹介、追加方法

お申し込み

2019年1029日(火)~30日(水)実施

募集人数 │ 8名