Zoo6: 他のPCに移設

ライセンス管理ツール「Zoo6」の移設方法をご案内します。
Rhino4やFlamingo用「Zoo4」のご利用PCの変更は、こちらのページをご覧ください。

※ 以下の作業を行う前に、すべてのRhinoを終了して、ライセンスをZooに返却してください。
※ Zooに登録した、すべてのライセンスの[Status]が、「Available」と表示されているかご確認ください。

◆「Zoo6」ご利用PCの移設及び設定
1. 「Zoo6」に登録したライセンスを削除。
1) 登録してあるライセンスを選択。
2) ZooのEditメニュー>Delete を実行。

画像のメッセージは、削除を実行するか確認しています。削除を行う場合は、[OK]をクリックします。

2. 現在ご利用のPCから、「Zoo」をアンインストール。
Windowsのアンインストール機能(*)で、「Zoo 6.0」を削除します。
(*) Windows XPは「プログラムの追加と削除」、Windows Vista/7/8は「プログラムのアンインストール」、Windows10は「アプリと機能」より実行します。

3. 移設先のPCに、「Zoo6」をインストール。
Zooのプログラムをダウンロード後、インストールします。

「Zoo6」のインストール、ライセンスキーの登録、ライセンスバリデーションの手順は、こちらをご参照ください。

4. Zooに登録したライセンスを確認。
Zooの画面に、登録したライセンスが追加され、[Status]の項目に「Available」(利用可能)と表示されることを確認ください。

◆「Rhino6」「Rhino5」ご利用PCの設定変更
Zooサーバーの変更に伴い、新たにZooサーバーを指定します(Rhinoを利用する、すべてのPCで行ってください)。
※ 以下作業を行う前に、すべてのRhinoを終了してください。

5. 下記フォルダ内のすべてのファイルを削除(Rhinoのバージョンは該当するものを選択)。
・ Windows Vista/7/8/10の場合
C:\ProgramData\McNeel\Rhinoceros\5.0\License Manager\Licenses
・ Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McNeel\Rhinoceros\5.0\License Manager\Licenses

※ いずれのOSも、全てのファイルとフォルダーが表示されるようフォルダーオプションの設定を以下の通りに変更してください。

(*) [フォルダー オプション]ウィンドウは、各OSで以下の順に開き、画像のハイライトされた項目を選択してください。
・Windows XP
[スタート]-[コントロールパネル]-[フォルダオプション]を開く。
・Windows Vista, 7以降
[スタート]-[コントロールパネル]-[デスクトップのカスタマイズ]-[すべてのファイルとフォルダーを表示]を選択。

6. Zooサーバーを指定。
Rhinoを起動して、Zooサーバーを指定します。

1) Rhino5を起動。次の画面で[Zooを使用]をクリック。

2) 自動検出または[下のZooサーバーを使用]を選択して、Zoo5サーバーのホスト名(手順はこちらを参照)、またはIPアドレスを入力して[接続を確認]します。

 

開発元ウィキ「Zooの情報、トラブルシューティング」