Rhino + Grasshopper 速習1日コース(オンライン)

本コースは、RhinoおよびRhino6から正式に搭載されたGrasshopperの基本操作や機能を知って頂く為のコースです。 Rhinoの得意とする自由曲面を作成できる機能や、Grasshopperの定めた法則(アルゴリズム)に従って設計変更できるパラメトリックデザインなどを、サンプルモデルを使いながら体験します。
※限られた時間となりますので、詳細な使い方や機能を学びたい方は各種入門トレーニングをお勧めいたします。

期間

1日間(6時間)

時間

10:00~17:00

会場

オンライントレーニング

定員

8名 (先着順)

受講料

¥36,000(教材代込み・税別)

受講環境

・Rhino6およびZoomがインストールされたPCを必ずご用意ください。
 ※Rhino6をお持ちでない方はこちらから評価版がダウンロードできます。
 ※評価版は試用期間がダウンロードから90日間限定となりますので、
 受講日に合わせてダウンロードをお願いいたします。
・デュアルモニタ推奨(受講者操作モニタ+講師画面共有用モニタ)
・有線での安定したネットワーク環境を推奨
・同じ場所で複数名の方が受講される場合、スピーカーマイクが複数あるとハウリングします。
 ヘッドセットの導入を推奨しております。
・受講者様側の画面を共有はいたしません (講師からの画面共有のみ)。
・トレーニングではZoomを利用します。
 Zoomは他社のものでありアプリについてのトラブルはサポートしておりません。
 事前にカメラOFF・マイクON・チャットの動作をご確認ください。

内容

(Rhino6 for Windows Grasshopper1.0)使用)
■Rhinocerosのインターフェイスと基本操作
0-オブジェクトの種類  
1-ビューの基本操作 
2-オブジェクトの選択  
3-ガムボール  
4-作業平面
5-オブジェクトスナップ

■Rhinocerosで作ってみる
0-サンプルモデルで各種コマンドを学ぶ
1-ワイングラスで自由曲線の引き方と曲面の作成法を学ぶ

■Grasshopperのインターフェイスと基本操作
0-Grasshopperのインターフェイスについて
1-コンポーネントの基本操作 
2-簡単なモデルを元にGrasshopperについて理解を深める
3- GrasshopperからRhinoデータに変換する。(Bake)

■Grasshopperを触ってみる(受講者の業種に合わせ下記のサンプル内から4つ程紹介)
~プロダクトモデルサンプル~
1-自動車のホイール
2-バスチェア
3-船のスクリュー
4-槌目状の陶器
5-フィレットサンプル
~建築モデルサンプル~
6-ビルモデルを用いてルーバー、ファサードの検討
7-有機的な形状のスカイスクレイパーを用いて、スラブの検討 etc..

教材

オリジナルテキスト(無償)

お申し込み

2020年1113日(金)実施

募集人数 │ 8名

2020年1210日(木)実施

募集人数 │ 8名