Rhinoceros プロダクトモデリング入門(オンライン・2日コース)

本トレーニングでは、Rhinoを使用したプロダクトモデリングに必要な基礎を習得します。インターフェース、基本操作を学んだ後に、プロダクトモデルにおける様々な立体形状の作成方法を演習を通して学んでいきます。また、データ変換や2D図作成、レンダリング等3Dデータの活用における基礎知識もご紹介します。

期間

2日間(6時間 x 2)

時間

10:00~17:00

会場

オンライントレーニング

定員

8名 (先着順)

教材

オリジナルテキスト

受講料

¥72,000(税別)

受講環境

・Rhino6およびZoomがインストールされたPCを必ずご用意ください。
 ※Rhino6をお持ちでない方はこちらから評価版がダウンロードできます。
 ※評価版は試用期間がダウンロードから90日間限定となりますので、
 受講日に合わせてダウンロードをお願いいたします。
・デュアルモニタ推奨(受講者操作モニタ+講師画面共有用モニタ)
・有線での安定したネットワーク環境を推奨
・同じ場所で複数名の方が受講される場合、スピーカーマイクが複数あるとハウリングします。
 ヘッドセットの導入を推奨しております。
・受講者様側の画面を共有はいたしません (講師からの画面共有のみ)。
・トレーニングではZoomを利用します。
 Zoomは他社のものでありアプリについてのトラブルはサポートしておりません。
 事前にカメラOFF・マイクON・チャットの動作をご確認ください。

内容

(使用ソフトウェア: Rhino6 for Windows)

【1日目】
■Rhino6の基本的な操作方法
インターフェースとビューの操作
マウスの操作
コマンドの入力
ファイル操作とレイヤの説明
オブジェクトの基本操作
基本ソリッド作成とオブジェクトの移動
オブジェクトの種類
正確なモデリング
■3Dモデリング基礎1
演習:機関車のモデリング
演習:ワイングラスのモデリング
■曲線と次数
■3Dモデリング基礎2
演習:椅子のモデリング

【2日目】
■3Dモデリング基礎3
演習:テーブルのモデリング
演習:水差しのモデリング
■スイープ形状とUV曲線
演習:指輪のモデリング
■作成データの応用
作業平面
データ変換
2D図、断面図作成
■連続性、曲面品質を意識したモデリング
演習:スマートフォンのモデリング
■レンダリングの基礎知識
マテリアル、テクスチャの設定

お申し込み

2020年1124日(火)~25日(水)実施

募集人数 │ 8名

2020年128日(火)~9日(水)実施

募集人数 │ 8名