Rhinoceros関連製品の「よくある質問」一覧です。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などをお調べいただけます。
右のタブから製品名などを選択すると、表示項目を絞ってご覧いただけます。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントなどは「Tips集」に記載しております。

Rhino6: よくある質問 ~はじめてのRhino

Q: Rhinoceros(ライノセラス、以降Rhino)の最新バージョンはいくつですか。Grasshopper(グラスホッパー)は使えますか。 A: Windows版はRhino6 for Windows、Mac版はRhino5 for Macが最新です。どちらもGrasshopperを標準搭載しています。ただし...

Rhino6: インストールの流れ~ライセンス認証方法を選択

ここでは初めてRhino6をインストールする際の流れを記載しています。 ライセンス認証方法は下記の4つがあり、Rhinoインストール時または起動時にどれで使用するかを選択します。 各項目をクリックすると関連ページが新しいタブで開きます。 詳しい手順はこちらから:Rhino6: インストール方法(製品版) ...

Rhino6: ライセンス運用比較表

Rhino6における3つのライセンス運用方法(Rhino アカウント(Cloud Zoo) / Stand-Alone / Zoo)の比較表です。  Rhinoアカウント(Cloud Zoo)個人・チーム 対象 ・ライセンスを複数人で使用する企業・団体・教育機関(推奨・チーム)。 ・ラ...

Rhinoceros関連製品: 日本語対応状況

Rhino及びRhino用プラグインツールや関連製品の ・ インストール作業の画面 ・ 操作画面(ダイアログやメニュー等、ライノの画面) ・ 各種ドキュメント(ヘルプ、ユーザーガイド、チュートリアル) における日本語対応状況は、画像の表のとおりです。 日本語対応表 製品 インストール画面 操...

Rhino5: よくある質問

「Rhinoceros5」に関して、旧バージョンからのインストール方法、ライセンスバリデーションのほか、Zooの設定・運用、プラグインツールの対応情報等、よくお問い合わせいただく質問を、こちらでご案内しております。 ■ Rhino5のインストール、旧バージョンからのアップグレード Q1:ライセンスキー入力で、キーボ...

RhinoをスタンドアロンからZooへ

スタンドアロンとしてインストールしたライノセラスを、「Zoo」(ライセンス管理ソフト)による運用に変更する手順です。 ※ Rhinoを再インストールする必要はありません。 1. 『Rhinoを使用するコンピューター』で設定 1) Rhinoのツールメニュー>ライセンスマネージャ以下にある、「ワークグルー...

Rhino5: Zoo6と通信中に問題がありました。

Zoo6およびRhino5をインストール後、Rhino5を起動すると下記のエラーメッセージが表示されるのは、 Rhino5がZooサーバーを検出できないことが考えられます。 対応策につきましては、それぞれ下記リンク(開発元Webページ)をご参照ください。 ・Rhino5がZooサーバーを検出する方法 ・Z...

Rhino5: Zooからスタンドアロンへ、スタンドアロンからZooへ

Rhinoceros5の利用を、「Zoo5/6」からスタンドアロンに切り替える場合、または、スタンドアロンでの利用から、Zoo5/6による運用へ変更する場合は、開発元のこちらのページをご覧いただきながら、切替えを行ってください。 以下は、上述の作業を行って、Rhino5を起動した後の設定手順です。 1) Rhino...

Mac版Rhino: ライノをフローティング運用 ~Zooの設定方法

Rhino for Macを、ライセンス管理ソフトウェア「Zoo」(*)を用いて、フローティング形態で運用する手順をご案内いたします。 (*) Zooは、ライセンスを一元管理して、フローティング化するソフトウェア(無償)です。Zooと同じネットワークに所属するPC間で、ライセンスを移動することができます。ライセンス移...

Zoo6: インストール方法~ライセンス登録

Zoo 6のインストール・設定 Zoo6は、Mac版Rhinoに対応したZoo最新バージョンです。Windows版Rhino5もお使いいただけます。 Zoo6対応の製品は、こちらをご参照ください。 Zooは、Rhinoと同じネットワーク上に所属する「Windows PC1台」に設定します。 ※ Zoo...

Zoo6: アップデート方法

既にZoo6、またはZoo5を使用されている場合のアップデート方法です。 Zoo6を使用されていた場合は(1)、Zoo5を使用されていた場合は(2)の手順をご覧ください。 (1) Zoo6を最新にする方法(Zoo6を使用されていた場合) ①Zoo6にRhino6のライセンスを登録するには、最新版のZoo6をダ...

Zoo: サーバーを指定するIPアドレスを調べる方法

Zooを使用してライセンスを認証する時、実際にRhinoを使用するPCからZooサーバーをIPアドレスで指定する必要があります。(WindowsPCからZooサーバーを指定する時は、マシン名でも指定可能) その際必要になるIPアドレスの調べ方の手順をご案内いたします。 OSにより表示が異なりますので、ご注意...

Zoo6: Flamingo nXt5/Penguin/Bongo/Brazilを使用するには

「Zoo6」を使って、Rhino用プラグインツールを利用するためのインストール・設定手順をご紹介します。 1. プラグインツールを使用するコンピューターで、プラグインのプログラムをインストール。 インストール途中(*)の下の画像の画面で 、 「ネットワークノード(Network Node)」 または「Workg...

Zoo6: オフライン・バリデーション

Zooを稼働させるPCが、インターネット接続環境にない場合は、オフラインでのバリデーションを行います。 ※こちらはRhino5をZoo6に登録する場合の手順になります。Rhino6をZoo6に登録する手順はこちらをご覧ください。 オフライン・バリデーションは、インターネット接続可能なPCでライセンス認証に必要な2...

Zoo6: 対応製品(Rhinoフローティング運用ツール)

「Zoo6」対応のRhino開発元製品は以下のとおりです。 なお、Rhino4.0を管理・運用する場合は、「Zoo4」を使用します。 ※ 同じコンピューターで「Zoo4」「Zoo6」を両方運用できます。 製品名 商用版ライセンス 教育版ライセンス ラボラトリーライセンス Rhino 6...

Zoo6: 他のPCに移設

ライセンス管理ツール「Zoo6」の移設方法をご案内します。 Rhino4やFlamingo用「Zoo4」のご利用PCの変更は、こちらのページをご覧ください。 ※ 以下の作業を行う前に、すべてのRhinoを終了して、ライセンスをZooに返却してください。 ※ Zooに登録した、すべてのライセンスの[Status]が...

Zoo5,Zoo6: 設定チェックリスト – Rhino5、Rhino6が起動しない

ライセンス管理ツール「Zoo5」「Zoo6」を用いて、Rhino5またはRhino6を起動しようとすると、 「通信中に問題がありました。システム管理者に問い合わせてください。」 「サービス操作がタイムアウトしました。システム管理者に問い合わせてください。」 とメッセージが表示され、 起動できないことがあります。 ...

Zoo6: チェックアウト機能(ライセンスの持ち出し)

Zoo には、ネットワーク上にあるPCをネットワークから切り離してもRhino 5を利用できる、 チェックアウト(ライセンスの持ち出し)機能があります。 ■ ライセンスの持ち出し (チェックアウトを行う) チェックアウトを行うには、対象のPCでRhinoオプション(ツールメニュー>オプション)の「ライセンス...

Zoo5,Zoo6: Rhino5をチェックアウトできません

Zoo5/6を用いた運用で、Rhino5ライセンスのチェックアウトを行っても、画像のメッセージのとおり、チェックアウト機能が使用できない場合は、Zooの以下オプション設定をご確認ください。     チェックアウト機能を利用する場合は、①「Enable license...」の項目にチェックを入...

Zoo: 利用状況を記録

ライノセラスやフラミンゴのライセンスを管理するツール「Zoo」(ズー)には、利用状況を記録する機能があります。 利用状況は、以下のように記録され、CSV形式で保存されます。 ※ CSV形式は、Microsoft社メモ帳といったテキストエディタやエクセル等の表計算ソフトウェアで開くことができます。 Date,Ti...