Rhino6: 自動インストール(管理者向け)

学校等大規模の自動インストールを行う手順をご紹介します(管理者向け)。
Rhino 6は、単一の実行可能インストーラからインストールされ、完全に自動化されます。
setup.exe [Action] [Option] [Parameters]
注:上記の “setup.exe”は、現在のRhinoインストーラファイルのプレースホルダです(例:[rhino_en-us_6。#… exe])

オフラインインストール
クライアントコンピュータがインターネットにアクセスできない環境で展開する場合は、展開前にこちらのページに従ってオフラインでインストールしてください。

コマンドラインオプション

アクション   説明
-package   (デフォルト)インストール
-uninstall   アンインストール
-repair   修復(またはインストールされていない場合はインストール)
-layout   オフラインインストール用のブートストラップのローカルイメージを作成する
オプション   説明
-quiet   ユーザーインターフェイスなしでアクションを実行、再起動が必要な場合、システムはプロンプトを表示せずに再起動します
-passive   進行状況バーインタフェースでアクションを実行する
-norestart   再起動を抑制する
-promptrestart   (デフォルト)再起動が必要な場合はプロンプト
-log   特定のファイルにログする(デフォルトはバンドル開発者によって制御される)
パラメーター   説明
すべてのパラメータはオプションです
LICENSE_METHOD   次のいずれか:Stand-Alone、ZOO(CloudZooの場合は空欄のまま)
LICENSE_KEY   インストールするライセンスキー(LICENSE_METHOD = Stand-Aloneの場合に必要)
LICENSE_VALIDATION_CODE   バリデーションコード
ZOO_SERVER   照会するZooサーバーのIPまたはFQDN
INSTALLDIR   Rhinoをインストールするフォルダへのフルパス
CUSTOMER_NAME   スプラッシュ画面に表示する顧客名
COMPANY_NAME   スプラッシュ画面に表示する会社名
SEND_STATISTICS   1 =匿名のインストール統計をMcNeelに送信する(デフォルト)
  0 =送信しない
ENABLE_AUTOMATIC_UPDATES   1 =インストーラが更新を確認してダウンロードできるようにします。これはRhinoの更新チェック機能には影響しません。Rhinoのアップデートを無効にするには、McNeel Update Serviceを無効にします。
  0 =自動更新を許可せず、使用統計を送信する

言語オプション
言語をインストールする場合は1に設定し、インストールしない場合は0に設定します。ダウンロードしたインストーラの言語は、0に設定されていない限り、デフォルトでインストールされます。フランス語のインストーラをダウンロードしてINSTALL_EN = 1のみで実行すると、英語とフランス語の両方がインストールされます。

言語パラメータ 説明
INSTALL_EN 英語
INSTALL_CN 簡体字中国語
INSTALL_CS チェコ語
INSTALL_DE ドイツ語
INSTALL_ES スペイン語
INSTALL_FR フランス語
INSTALL_IT イタリア語
INSTALL_JA 日本語
INSTALL_KO 韓国語
INSTALL_PL ポーランド語
INSTALL_PT ポルトガル語
INSTALL_RU ロシア語
INSTALL_TW 繁体字中国語

rhino_en-us_6。#。#####。#####。exe -package -passive LICENSE_METHOD = ZOO ZOO_SERVER = 10.0.0.1 INSTALL_FR = 1 INSTALL_DE = 1