Grasshopperコンポーネント:Curve

GrasshopperのCurveパネルにあるコンポーネントの機能を日本語で記載しています。
グループ名ボタンをクリックで各グループ一覧にジャンプします。
左にあるA~Cは重要度で、Aが一番重要度の高いコンポーネントになります。
 *は書籍『Rhino×Grasshopper All in 1 パーフェクトリファレンス』に記載しているコンポーネントです。

Analysis

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

※ 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C  

Curve>Analysis>Control Polygon

Control Polygonコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、制御点(Point)と制御点を繋いだポリライン(PolyLine)を出力する。
C  

Curve>Analysis>Deconstruct Arc

Deconstruct Arcコンポーネント

円弧(Arc)を入力し、円弧が描かれた平面(Plane)、半径(Radius)と角度(Angle)を出力する。Arcコンポーネントの反対の効果。
B *

Curve>Analysis>End Points

End Pointsコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、始点(Start)・終点(End)をそれぞれ出力する。 曲線の向きは、Flip Curveコンポーネントなどで修正可能。
C  

Curve>Analysis>Polygon Center

Polygon Centerコンポーネント

ポリライン(PolyLine)を入力し、その中心となる点を出力する。Cvは頂点の、Ceはエッジの、Caは面積の中心点を出力する。
B *

Curve>Analysis>Control Points

Control Pointsコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、曲線の制御点(Points)、ウェイト(Weights)、ノットの値(Knots)をそれぞれ出力する。
C *

Curve>Analysis>Deconstruct Rectangle

Deconstruct Rectangleコンポーネント

矩形(Rectangle)を入力し、平面(Plane)とX・Y方向の範囲(Domain)をそれぞれ出力する。
B *

Curve>Analysis>Curve Middle

Curve Middleコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、その中点(MidPoint)を出力する。詳細ボタン

B  

Curve>Analysis>Curve Closest Point

Curve Closest Pointコンポーネント

点(Point)と曲線(Curve)を入力し、曲線上の最も近い点(Point)を出力する。また該当の箇所のtパラメータ値、移動した距離(Distance)も出力される。
B *

Curve>Analysis>Discontinuity

Discontinuityコンポーネント

曲線(Curve)と連続性の段階(Level)を指定することで、該当箇所の点(Points)とtパラメータ値を出力する。Levelは1は正接連続、2は曲率連続、3はG3以上の箇所が該当箇所になる。詳細ボタン
B *

Curve>Analysis>Closed

Closedコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、閉じているかどうか(Close)、周期曲線(Periodic)かどうかをTrue・Falseで出力する。詳細ボタン

B

*

Curve>Analysis>Curvature Graph

Curvature Graphコンポーネント

曲線(Curve)と密度(Density)、大きさ(Scale)を指定し、曲線の曲率を表示する。曲率の見方はこちらのヘルプを参照。
C  

Curve>Analysis>Curve Nearest Object

Curve Nearest Objectコンポーネント

曲線(Curve)と複数のジオメトリ(Geometry)を入力し、曲線に最も近いジオメトリのインデックス(Index)を出力する。また点Aからは曲線上の最も近い点、点Bからはジオメトリ上の最も近い点が出力される。
B *

Curve>Analysis>Curve Proximity

Curve Proximityコンポーネント

曲線A・Bを入力し、それぞれの曲線に最も近い箇所に点(Point)を作成する。またその距離(Distance)も出力する。詳細ボタン
C  

Curve>Analysis>Curve Side

Curve Sideコンポーネント

曲線(Curve)と点(Point)を入力し、左右のどちら側にあるのかを出力する。Sideからは、-1が左、0が曲線上、1が右。LとRからはTrue・Falseで出力される。
B *

Curve>Analysis>Extremes

Extremesコンポーネント

曲線(Curve)と平面(Plane)を入力し、平面の垂直方向に最大(Highest)と最小(Lowest)となる点をそれぞれ出力する。(平面の水平ではなく垂直方向に注意すること)詳細ボタン
B *

Curve>Analysis>Planar

Planarコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、平面上にあるかどうか(Planar)をTrue・Falseで判別する。またその平面(Plane)、偏差(Deviation)も出力する。詳細ボタン
B *

Curve>Analysis>Evaluate Curve

Evaluate Curveコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、該当箇所の点(Point)、接線ベクトル(Tangent)、曲線と接線の角度(Angle)を出力する。 t値はパラメータなので、曲線の長さの比率ではないことに注意。、tパラメータに関しては、こちらのページを参照。
A *

Curve>Analysis>Point On Curve

Point On Curveコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、値を指定して点(Point)を出力する。このコンポーネントでは、値は曲線の実際の長さの比率。
B *

Curve>Analysis>Curvature

Curvatureコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、該当箇所の点(Point)、垂線ベクトル(K)、曲率の値に応じた円を作成する。
B *

Curve>Analysis>Curve Frame

Curve Frameコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータを入力し、曲線の進行方向に沿った平面(Plane)を出力する。平面は進行方向がX軸となる。
C  

Curve>Analysis>Derivatives

Derivativesコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、該当箇所の点(Point)、1からは接線ベクトルを出力する。オプションで+マークで端子を増やすことで、2からは加速度(1を微分した値)・・のように出力を増やすことが可能。
B *

Curve>Analysis>Horizontal Frame

Horizontal Frameコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、曲線の進行方向に沿いつつワールドXY座標に平行な平面(Plane)を出力する。

Tips集の詳細ページ https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/gh_horizontalframe/

B *

Curve>Analysis>Perp Frame

Perp Frameコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、曲線の進行方向と垂直な平面(Plane)を出力する。
C  

Curve>Analysis>Torsion

Torsionコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、該当箇所の点(Point)とねじれ率(Torison)を出力する。
B *

Curve>Analysis>Evaluate Length

Evaluate Lengthコンポーネント

曲線(Curve)と長さ(Length)を入力し、曲線上の該当箇所の点(Point)、接線ベクトル(Tangents)とtパラメータ値を出力する。NormalizedオプションはFalseだと実際の曲線長さ、Trueだと0から1までのパラメータ値で長さを扱う。詳細ボタン
A *

Curve>Analysis>Length

Lengthコンポーネント

入力した曲線(Curve)の長さ(Length)を出力する。
C  

Curve>Analysis>Curve Domain

Curve Domainコンポーネント

曲線(Curve)とドメインとなる値を入力し、ドメイン値を変えた曲線(Curve)を出力する。0 to 1 をドメインとして入力すると、Reparametrizeオプションと同様の効果。
C  

Curve>Analysis>Length Domain

Length Domainコンポーネント

曲線(Curve)と範囲となるドメイン(Domain)を入力し、その長さ(Length)を出力する。
C  

Curve>Analysis>Segment Lengths

Segment Lengthsコンポーネント

入力したポリカーブ(曲線)の最も短い曲線と長い曲線の長さ(Length)と範囲(Domain)の値をそれぞれ出力する。
A *

Curve>Analysis>Point In Curve

Point In Curveコンポーネント

閉じた一本の曲線(Curve)と複数の点(Points)を入力し、内外判定を行う。0が外側、1が曲線上、2が内側。
A *

Curve>Analysis>Point In Curves

Point In Curvesコンポーネント

閉じた複数の曲線(Curve)と複数の点(Points)を入力し、内外判定を行う。0が外側、1が曲線上、2が内側。また何番目の曲線に含まれるかをIndexから出力する。

Division

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A *

Curve>Division>Divide Curve

Divide Curveコンポーネント

曲線(Curve)と分割数(Count)を入力し、曲線を等間隔にする箇所に点(Points)を作成する。また作成された点における接線ベクトル(Tangents)とtパラメータ値も出力する。
A *

Curve>Division>Shatter

Shatterコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、該当箇所で分割した曲線(Segments)を出力する。
C  

Curve>Division>Contour

Contourコンポーネント

曲線(Curve)、始点(Point)、方向ベクトル(Direction)、間隔(Distance)を入力し、等間隔になるように点(Contours)を作成する。また該当となる点のtパラメータ値も出力する。
C  

Curve>Division>Contour(ex)

Contour(ex)コンポーネント

曲線(Curve)、開始する平面(Plane)を入力し、点(Contours)を作成する。また該当となる点のtパラメータ値も出力する。距離の指定は、元の平面をオフセットする値(Offsets)か、平面同士の間隔(Distances)かどちらかで指定する。
C  

Curve>Division>Dash Pattern

Dash Patternコンポーネント

曲線(Curve)と複数の長さ(Pattern)を入力し、長さ毎に曲線を分割する。分割された曲線は互い違いになる様に、一つ置きにDashesとGapsから出力される。
B *

Curve>Division>Divide Distance

Divide Distanceコンポーネント

曲線(Curve)と距離(Distance)を入力し、指定点間の距離毎に曲線上の点(Points)を作成する。また作成された点における接線ベクトル(Tangents)とtパラメータ値も出力する。曲線の長さではなく、点と点の距離なので注意。
B *

Curve>Division>Divide Length

Divide Lengthコンポーネント

曲線(Curve)と長さ(Length)を入力し、指定曲線の長さ毎に曲線上の点(Points)を作成する。また作成された点における接線ベクトル(Tangents)とtパラメータ値も出力する。
B *

Curve>Division>Horizontal Frames

Horizontal Framesコンポーネント

曲線(Curve)と作成数(Count)を入力し、曲線を等分割する箇所に平面(Frames)を作成する。平面は、曲線の進行方向をX軸にしつつ、ワールドXY平面に平行な形で作成される。
B *

Curve>Division>Perp Frames

Perp Framesコンポーネント

曲線(Curve)と作成数(Count)を入力し、曲線を等分割する箇所に平面(Frames)を作成する。平面は、曲線の進行方向に垂直になる形で作成される。オプションで平面の向きを揃える(Align)をTrue・Falseで指定できる。

Tips集の詳細ページ
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/perpframes/

B *

Curve>Division>Curve Frames

Curve Framesコンポーネント

曲線(Curve)と作成数(Count)を入力し、曲線を等分割する箇所に平面(Frames)を作成する。平面は、曲線の進行方向をX軸にする形で作成される。

Primitive

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

※ 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B *

Curve>Primitive>Line

Lineコンポーネント

点A(Point)と点B(Point)を繋ぐ、直線(Line)を作成する。
B *

Curve>Primitive>Line SDL

Line SDLコンポーネント

始点(Start)、方向ベクトル(Direction)、長さ(Length)を入力し、直線(Line)を作成する。
C  

Curve>Primitive>Fit Line

Fit Lineコンポーネント

複数の点(Points)を入力し、入力した点にできる限り近しい直線(Line)を出力する。
C  

Curve>Primitive>Line 2Plane

Line 2Planeコンポーネント

直線(Line)を入力し、平面A、平面Bの位置まで延長・短縮する形で新しい直線を作成する。
C  

Curve>Primitive>Line 4Pt

Line 4Ptコンポーネント

直線(Line)を入力し、点A、点Bの位置まで延長・短縮する形で新しい直線を作成する。
C  

Curve>Primitive>Tangent Lines

Tangent Linesコンポーネント

点(Point)と円(Circle)を入力し、点から円に接する接線2つをそれぞれ出力する。
C  

Curve>Primitive>Tangent Lines(Ex)

Tangent Lines(Ex)コンポーネント

円A・B(Circle)を入力し、交差しない円同士を繋ぐ接線2つをそれぞれ出力する。
C  

Curve>Primitive>Tangent Lines(In)

Tangent Lines(In)コンポーネント

円A・B(Circle)を入力し、交差する円同士を繋ぐ接線2つをそれぞれ出力する。
B *

Curve>Primitive>Circle

Circleコンポーネント

平面(Plane)と半径(Radius)を入力し、平面の原点を中心とする円(Circle)を作成する。
C  

Curve>Primitive>Circle 3Pt

Circle 3Ptコンポーネント

点(Point)を3つそれぞれ入力し、3点を通過する円(Circle)、円ができる平面(Plane)、円の半径(Radius)を出力する。
C  

Curve>Primitive>Circle CNR

Circle CNRコンポーネント

中心となる点(Point)、垂直方向ベクトル(Normal)、半径(Radius)を入力し、円(Circle)を作成する。
C  

Curve>Primitive>Circle Fit

Circle Fitコンポーネント

複数の点(Points)を入力し、出来る限り近しい円(Circle)を作成する。その際、作成した円の半径(Radius)と偏差(Deviation)も出力する。
C  

Curve>Primitive>Circle TanTan

Circle TanTanコンポーネント

曲線A、B(Curve)と点(Point)を入力し、曲線に接する円(Circle)を作成する。作成する円の中心座標は、点に近い位置になる。
C  

Curve>Primitive>Circle TanTanTan

Circle TanTanTanコンポーネント

曲線A、B、C(Curve)と点(Point)を入力し、曲線にそれぞれ接する円(Circle)を作成する。入力点は、接する円の方向を決める為に使用する。
C *

Curve>Primitive>Ellipse

Ellipseコンポーネント

平面(Plane)と半径1,2(Radius)を入力し、だ円(Ellipse)を作成する。焦点もそれぞれF1,F2から出力される。
C  

Curve>Primitive>InCircle

InCircleコンポーネント 

点(Point)を3つそれぞれ入力し、三角形に内接する円(Circle)、円ができる平面(Plane)、円の半径(Radius)を出力する。
C  

Curve>Primitive>InEllipse

InEllipseコンポーネント

点(Point)を3つそれぞれ入力し、三角形に内接するだ円(Circle)、だ円ができる平面(Plane)を出力する。
B *

Curve>Primitive>Arc 3Pt

Arc 3Ptコンポーネント

点(Point)を3つそれぞれ入力し、三点を通る円弧(Arc)、円弧ができる平面(Plane)、円弧の半径(Radius)を出力する。作成される円弧は点Aから始まり点Cで終わる円弧になる。
C  

Curve>Primitive>Arc SED

Arc SEDコンポーネント

始点(Start)、終点(End)、始点からの接線方向ベクトル(Direction)により定義された円弧(Arc)を作成する。
B *

Curve>Primitive>Arc

Arcコンポーネント

平面(Plane)と半径(Radius)、範囲(Angle)を入力し、円弧(Arc)を作成する。円弧の長さ(Length)も出力する。
C  

Curve>Primitive>BiArc

BiArcコンポーネント

始点(Start)、終点(End)とそれぞれの接線方向ベクトルを入力し、向きを制御した2つの円弧を出力する。1つ目の円弧(A1)、2つ目の円弧(A2)、両方結合した曲線(B)がそれぞれ出力される。
C  

Curve>Primitive>Modified Arc

Modified Arcコンポーネント

元になる円弧(Arc)と半径(Radius)と範囲(Angle)を指定し、円弧(Arc)を作成する。作成される円弧は、中心点は同じ位置である。
C  

Curve>Primitive>Tangent Arcs

Tangent Arcsコンポーネント

円A、B(Circle)と半径(Radius)を入力し、円に接する円弧2つをそれぞれ出力する。
B *

Curve>Primitive>Polygon

Polygonコンポーネント

平面(Plane)、半径(Radius)、分割数(Segments)などを入力し、円に内接する多角形状の曲線(Polygon)を作成する。オプションで、角部にフィレットを掛ける値も設定できる。
B *

Curve>Primitive>Rectangle

Rectangleコンポーネント

平面(Plane)、X方向Y方向の範囲を入力することで、矩形(Rectangle)とその長さ(Length)を出力する。基本的にはXYは長さではなく、範囲(-10.0 to 25.0)の形で入力する。
C  

Curve>Primitive>Rectangle 2Pt

Rectangle 2Ptコンポーネント

平面(Plane)と点(Point)をA,Bに入力することで、2点を通る矩形(Rectangle)とその長さ(Length)を出力する。また矩形は平面上に作成される。
C  

Curve>Primitive>Rectangle 3Pt

Rectangle 3Ptコンポーネント

3点(Point)をそれぞれ入力することで、3点を通る矩形(Rectangle)とその長さ(Length)を出力する。

Spline

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C *

Curve>Spline>Bezier Span

Bezier Spanコンポーネント

点A、B(Point)と各々の接線ベクトルをそれぞれ入力することで、ベジェ曲線(Curve)を作成する。
B *

Curve>Spline>Interpolate

Interpolateコンポーネント

複数の点(Vertices)と次数(Degree)を入力し、点を通過する曲線(Curve)を作成する。オプションで閉じるかどうか(Closed)等も設定できる。Rhinoで言うInterpCrvコマンドと同様の効果。
A *

Curve>Spline>Nurbs Curve

Nurbs Curveコンポーネント

複数の点(Vertices)と次数(Degree)を入力し、入力点を制御点とする曲線(Curve)を作成する。オプションで閉じるかどうか(Closed)もTrue・Falseで指定できる。Rhinoで言うCurveコマンドと同様の効果。
A *

Curve>Spline>Polyline

Polylineコンポーネント

複数の点(Verticles)を入力し、点を通るポリラインを作成する。オプションでポリラインを閉じるかどうか(Closed)もTrue・Falseで指定できる。
C  

Curve>Spline>Interpolate(t)

Interpolate(t)コンポーネント

複数の点(Vertices)を入力し、点を通過する曲線(Curve)を作成する。オプションで始点の方向ベクトル(Tangent Start)終点の方向ベクトル(Tangent End)なども指定できる。
C  

Curve>Spline>Kinky Curve

Kinky Curveコンポーネント

複数の点(Verices)、次数(Degree)、しきい値となる角度(Angle)を入力し、しきい値以上の箇所にキンクのある折れた曲線(Curve)を作成する。
C  

Curve>Spline>PolyArc

PolyArcコンポーネント

複数の点(Vertices)と始点での接線ベクトル(Tangent)を入力し、点を通過し複数の円弧からなる曲線(Curve)を作成する。オプションで閉じる(Closed)かどうかをTrue・Falseで指定できる。
C  

Curve>Spline>Tangent Curve

Tangent Curveコンポーネント

複数の点(Vertices)とそれぞれの点での接線方向(Tangents)を入力し、曲線(Curve)を作成する。ブレンドする強さと次数(Degree)を指定することもできる。
C  

Curve>Spline>Curve On Surface

Curve On Surfaceコンポーネント

サーフェス(Surface)と複数のUV値を入力し、指定した箇所を通過するサーフェス上の曲線(Curve)を出力する。オプションで、閉じるかどうか(Closed)をTrue・Falseで指定できる。
B *

Curve>Spline>Geodesic

Geodesicコンポーネント

サーフェス(Surface)、始点(Start)、終点(End)を入力し、サーフェス上を最短の距離で結ぶ曲線(Geodesic)を出力する。
B *

Curve>Spline>Iso Curve

Iso Curveコンポーネント

サーフェス(Surface)とUV値を入力することで、指定した位置のU方向、V方向の曲線(Curve)を出力する。
C  

Curve>Spline>Sub Curve

Sub Curveコンポーネント

曲線(Curve)と曲線の取り出したい範囲(Domain)を指定し、短くした曲線を出力する。
A *

Curve>Spline>Tween Curve

Tween Curveコンポーネント

曲線AとB(Curve)、Factorを入力し、AとBをモーフィングするような曲線(Curve)を作成する。Factorが0でAの位置、1だとBの位置に作成される。曲線の向きも重要な為、場合によってはFlipCurveなどで修正すること。

Tips集の詳細ページ
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/tweencurve/

C  

Curve>Spline>Knot Vector

Knot Vectorコンポーネント

制御点(Points)、次数(Degree)、周期(Periodic)を入力し、ノットベクトル(Knots)を作成する。作成されたノットはNurbs Curve PWKなどで使用する。
B *

Curve>Spline>Nurbs Curve PWK

Nurbs Curve PWKコンポーネント

制御点(Points)、ウェイト値(Weights)、ノット(Knots)を入力し、曲線(Curve)を作成する。
B *

Curve>Spline>Blend Curve

Blend Curveコンポーネント

曲線AとB(Curve)を指定し、曲線間を繋ぐブレンド曲線(Curve)を作成する。曲線A,Bの強さ(Buldge)と連続性(Continuity)も指定可能。
C  

Curve>Spline>Catenary

Catenaryコンポーネント

点A、B(Point)、長さ(Length)、重力の方向(Vector)を入力し、カテナリー曲線(Curve)を作成する。曲線の長さをAB間の距離よりも長く設定すること。
C  

Curve>Spline>Blend Curve Pt

Blend Curve Ptコンポーネント

曲線AとB(Curve)、通過点(Point)を指定し、曲線間を繋ぐブレンド曲線(Curve)を作成する。連続性(Continuity)も指定可能。
B *

Curve>Spline>Connect Curves

Connect Curvesコンポーネント

複数の曲線(Curves)を入力し、端点同士を結ぶ曲線(Curve)を作成する。オプションで、連続性(Continutitiy)や、閉じるかどうか(Close)、連続性の強さ(Buldge)を指定できる。

Util

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A *

Curve>Util>Explode

Explodeコンポーネント

ポリカーブ状態の曲線(Curve)を入力し、それぞれの曲線(Curve)に分解する。またその分割した点(Verticles)も出力する。ポリサーフェスを分解する場合は、[Deconstruct Brep] などを使うこと。
B *

Curve>Util>Extend Curve

Extend Curveコンポーネント

曲線(Curve)、延長方法(Type)、始点(L0)と終点(L1)の延長値をそれぞれ入力することで、曲線を延長する。L0とL1の両方に値が入っていないと、コンポーネントが働かない為、注意が必要。
A *

Curve>Util>Flip Curve

Flip Curveコンポーネント

入力した曲線(Curve)の向きを反転する。オプションでガイドとなる曲線(Guide)を入力し、ガイド曲線と向きを揃えることもできる。
A *

Curve>Util>Join Curves

Join Curvesコンポーネント

端点が許容差以内の複数の曲線(Curves)を一つの曲線に結合する。サーフェスなどを結合する時は、[Brep Join]を使用すること。
B *

Curve>Util>Fillet

Filletコンポーネント

曲線(Curve)と半径(Radius)を入力し、角部にフィレットを付けた曲線(Curve)を作成する。
A *

Curve>Util>Offset Curve

Offset Curveコンポーネント

曲線(Curve)と距離(Distance)を入力し、指定距離オフセットした曲線(Curve)を作成する。オプションとして計算基準となる平面(Plane)や、角部の処理もCornersから指定できる。New!
C  

Curve>Util>Fillet

Filletコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータ値を入力し、指定箇所に半径(Radius)フィレットを作成する(2つ上のFilletの詳細に使用方法記載あり)。
C  

Curve>Util>Fillet Distance

Fillet Distanceコンポーネント 

曲線(Curve)を入力し、すべての角部に距離(Distance)が一定となるフィレットを作成する。角の頂点からフィレットが始まる点までの長さが一定になる(3つ上のFilletの詳細に使用方法記載あり)。
A *

Curve>Util>Offset Curve Loose

Offset Curve Looseコンポーネント 

曲線(Curve)と距離(Distance)を入力し、制御点を増やさない様にオフセットした曲線(Curve)を作成する。制御点を増やさない為、オフセット距離は完全に指定した値ではないことに注意。New!
A *

Curve>Util>Offset on Srf

Offset on Srfコンポーネント

曲線(Curve)を、サーフェス(Surface)上で指定した距離(Distance)オフセットする。New!
A *

Curve>Util>Project

Projectコンポーネント 

曲線(Curve)とBrep、方向ベクトル(Direction)を指定し、Brep上に投影した曲線(Curve)を作成する。
A *

Curve>Util>Pull Curve

Pull Curveコンポーネント

入力したサーフェス(Surface)に最も近づくように、指定した曲線(Curve)をサーフェス上に投影する。
B *

Curve>Util>Seam

Seamコンポーネント

曲線(Curve)とtパラメータを入力し、指定した位置が始点となる曲線を作成する。Sweepコンポーネントなどで、断面曲線のSeamを繋ぎ合わせる位置に変更するために使用する。詳細ボタン
C  

Curve>Util>Curve To Polyline

Curve To Polylineコンポーネント

曲線(Curve)を入力し、ポリライン(Polyline)に変換する。指定できるオプションは、曲線との距離(Tolerance Distance)、角度(Tolerance Angle)、作成されるポリラインの長さの最小値(MinEdge)、最大値(MaxEdge)。
A *

Curve>Util>Fit Curve

Fit Curveコンポーネント

曲線(Curve)と次数(Degree)、許容差(Tolerance)を指定し、制御点の数を減らした曲線(Curve)を作成する。
C  

Curve>Util>Polyline Collapse

Polyline Collapseコンポーネント

ポリライン(Polyline)と許容差(Tolerance)を入力し、指定した値以下の長さの線分を削除する。削除した線の中点につなぎ直す形になる。
A *

Curve>Util>Rebuild Curve

Rebuild Curveコンポーネント

曲線(Curve)と次数(Degree)、制御点の数(Count)を指定し、曲線を作り直す。オプションで、端点の接線方向を維持するかどうかをTrue・Falseで指定できる。
C  

Curve>Util>Reduce

Reduceコンポーネント

ポリライン(Polyline)と許容差(Tolerance)を入力し、許容差以内で不要な頂点を削除する。
C  

Curve>Util>Simplify Curve

Simplify Curveコンポーネント

曲線(Curve)と許容差(Tolerance)、角度許容差(Angle)を指定し、直線や円弧を単純化した曲線(Curve)を出力する。Rhinoで言うSimplifyCrvのような働き。
C  

Curve>Util>Smooth Polyline

Smooth Polylineコンポーネント

ポリライン(PolyLine)を入力し、滑らかなポリラインに変更する。一回当たりの滑らかにする強さ(Strength)とその回数(Times)を指定できる。