VisualARQ2: よくある質問

Rhinoプラグイン「VisualARQ」について、よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。

Q1: VisualARQ2と互換性のあるRhinoのバージョンは何ですか?

A1: Rhino7、Rhino6、Rhino5(32-bitおよび64-bit)SR6以降になります。Rhino for Macでは動作しません。

Q2: VisualARQ2のチュートリアルやTips、Forumはありますか?

A2:下記よりご覧いただけます。

Q3: VisualARQ2はどの言語に対応していますか?

A3:VisualARQ2は、日本語、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、チェコ語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、中国語の簡体字に対応しています。ヘルプも日本語でご利用いただけます。

Q4: 購入後、別途保守料や更新費用がかかりますか。

A4: 保守料は一切かかりません。更新費用も必要ありません。同じメジャーバージョン内のアップデートリリースは無料です。利用可能になると通知が届く場合があります。

Q5: VisualARQの購入方法を教えてください

A5:Rhinoceros 建築プラグイン 購入フォーム よりお申込みください。教育版もこちらからご購入いただけます。

Q6: ライセンス認証方法は?

A6: Rhinoと同様に、スタンドアロン、Zoo、CloudZooの3通りの方法で認証が可能です。Zooを使用する場合はVisualARQ用プラグイン(リンク先”Download VisualARQ Zoo plugin for Zoo7”からダウンロード)がZooと共に必要です(無償)。

Q7: VisualARQの詳しい機能を知りたいです。

A7:建築BIM:VisualARQ2 主な特徴 ページより、さまざまな機能を日本語でご覧いただけます。

Q8: プラグインからレンダリングすることは可能ですか?

A8: VisualARQは、Rhinoでサポートされているすべてのレンダリングエンジン(Rhinoレンダリング、V-Ray、Flamingo nXt、Maxwellなど)のマテリアルをサポートするマテリアルマネージャーを提供します。Tips集(英語)で、VisualARQオブジェクトにマテリアルを割り当てる方法について詳しく説明しています。

Q9: VisualARQドキュメントをAutoCADとの間でインポートおよびエクスポートすることは可能ですか?

A9: はい。

  • AutoCADからインポート:Rhinoは.dwgファイルを読み取ることができるため、VisualARQもそれらを処理できます。したがって、AutoCADからインポートした2D図面を使用して、3Dでプロジェクトのモデリングを開始することができます。VisualARQは、2Dラインを3D壁、手すり、梁、スラブに変換できます。
  • AutoCADにエクスポート:3Dモデルの2Dドキュメント図面がVisualARQで生成されると、AutoCADにエクスポートすることができます。ドキュメントを.dwgファイルとして保存し、AutoCADでファイルを操作し続ける必要があります。このヒント(英語)は、それを行う方法についての詳細を提供します。

Q10: VisualARQはどのようにGrasshopperと統合されますか?

A10:VisualARQは、2つの異なる方法でGrasshopperと統合されます。

  • VisualARQ Grasshopperコンポーネント:Grasshopperから利用できるVisualARQオブジェクトとコマンドです。VisualARQオブジェクトとコマンドを使用して、Grasshopperのワークフローを自動化できます。また、Grasshopper環境内で複数の目的のために、データを追加してジオメトリにデータを取得し、VisualARQをGrasshopperの他のアドオンに接続することもできます。
  • Grasshopperスタイル:Grasshopper定義から作成されたVisualARQオブジェクトです。Grasshopperでカスタムパラメトリックオブジェクトを定義し、それをVisualARQオブジェクトスタイルに変換します。新しいオブジェクトスタイルが作成されたら、それを操作して、他のVisualARQオブジェクトと同じようにRhinoでそのパラメーターを変更できます。この時点では、Grasshopperはバックグラウンドで実行されていますが、Grasshopperの知識は必要ありません。food4Rhinoでサンプルをダウンロードできます。