Grasshopper, Flamingo nXt5等: RHIプラグインのアンインストール

GrasshopperやFlamingo nXt 5などRhinoインストーラ(拡張子 *.rhi)を用いた
一部のRhinoプラグインは、自動アンインストールの機能を持ちません。
(例えば、Windows10の「プログラムの追加と削除」や「アプリと機能」からのアンインストールができません)

これらのプラグインをアンインストールするには、所定のフォルダを手動で削除します。
RHIプラグインは最大で3つのフォルダに格納されていますので下記手順で削除します。
 
1. Rhino関連のアプリケーションをすべて終了します。
 
2. 下記3つのフォルダ内から該当のプラグインに関連するフォルダを削除します。
 C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\McNeel\Rhinoceros\6.0\Plug-ins
 C:\Program Files\Common Files\McNeel\Rhinoceros\6.0\Plug-ins
 C:\Program Files(x86)\Common Files\McNeel\Rhinoceros\6.0\Plug-ins
 
 【その他留意点】
 ・Rhino5でご使用の場合は、上記パスの「6.0」の部分が「5.0」となります。
 ・プラグインによっては、3つすべてのフォルダがあるとは限りません。
 ・プラグインに関連するフォルダ名は、
  Grasshopperの場合、「Grasshopper (b45a29b1-…)」、
  Flamingo nXt 5の場合は「Flamingo nXt 5.0 (fd53f8c4-…)」などとなっています。
 
3. Rhinoを再起動します。
  この際エラーメッセージが表示される場合がありますが表示されるのは一度のみです。
 
開発元Wiki – Uninstalling Rhino 5 RHI Plug-ins