『建築実務のプロが作ったRhinoとGrasshopperの本』 ダウンロード

書籍『建築実務のプロが作ったRhinoとGrasshopperの本』で使用しているRhino・Grasshopper等のデータをダウンロードいただけます。

Rhino、GrasshopperデータはRhino7用になります。
Rhino7及びGrasshopperは2022/10現在のもので、最新のGrasshopperでは動作しない可能性があります。
Grasshopperのプラグインを使用しているファイルには「*」が付いています。プラグインのインストールによりすべてのアルゴリズムが有効化できます(必須ではありません)。使用方法は各ファイル下の記載をご確認ください。


全データ一括ダウンロード kj_all.zip (593MB)


第1章 建築実務で必要な基本知識 kj_1.zip (21.2MB)

1-1 座標系と作業平面 / 1-2 数学モデルによるRhinoオブジェクトの分類 / 1-3 デザインステージにおける建築モデル / 1-4 建築実務でGrasshopperを使用するための準備 / 1-5 座標系と作業平面

  • WorkPlane01.3dm
  • WorkPlane02.3dm
  • BasicCurve2022.3dm
  • SurfSampleBasic2022.3dm
  • Solid2022.3dm
  • Mesh2022.3dm
  • SubD2022.3dm
  • ファンズワース邸2022.3dm
  • SavoirVA2022.3dm
  • IREE2040.3dm
  • GHDomain2022.gh
  • GHTree2022A.3dm
  • GHTree2022A.gh
  • GHTree2022B.3dm
  • GHTree2022B.gh
  • GHTree2022C.3dm
  • GHTree2022C.gh
  • GHTree2022D.gh
  • Datatree2022.3dm
  • DataTree2022.gh
  • 正20面体2022.gh
  • Geodesic2022.3dm
  • *Geodesic2022.gh

Grasshopperプラグイン
Geodesic2022.gh:Bullant(Geometry Gym’s Plug-in/RhinoのPackageManagerコマンドから検索・インストールが可能)


第2章 データを共有するための手法 kj_2.zip (18.3MB)

2-2 通り芯とレベル / 2-3 Rhinoデータの共有 / 2-4 BIM連携

  • 2-2-2_通り芯・レベル.3dm
  • 2-2-2_通り芯を軸ごとに分ける.gh
  • 2-3-3_通り芯交点座標.3dm
  • 2-3-3_通り芯交点座標.gh
  • 2-4-1_RIR_Revit作成.3dm
  • 2-4-1_RIR_Revit作成.gh
  • 2-4-1_RIR_Rhino取込.gh
  • 2-4-1_RIR_Rhino取込.rvt
  • 2-4-2_GH-AC-Con-01.gh
  • 2-4-2_GH-AC-Con-02.gh

第3章 鉄骨における使いかた kj_3.zip (45.7MB)

3-1 柱・梁 / 3-2 梁の継手 / 3-3 立体トラス

  • 3-1_2-1_柱・梁・継手.3dm
  • 3-1_2-2_柱・梁・継手.3dm
  • 3-1_2-2_柱・梁・継手.gh
  • 3-3-1_立体トラス.3dm
  • 3-3-2_立体トラス.3dm
  • 3-3-2_立体トラス.gh

第4章 コンクリートにおける使いかた kj_4.zip(1.34MB)

4-1 地下躯体 / 4-2 パラペット / 4-3 スロープ

  • 4_サンプル_コンクリート.3dm
  • 4-1_地下躯体作成.gh
  • 4-2_パラペット作成.gh
  • 4-3_スロープ上面作成.gh

第5章 外装における使いかた kj_5.zip(347MB)

5-1 一般部CW / 5-2 凸凹CW / 5-3 自由曲面パネル / 5-4 ランダムルーバー

  • 5-1-1_一般部CW.3dm
  • 5-1-2_一般部CW.3dm
  • 5-1-2_一般部CW.gh
  • 5-2-1_凸凹CW.3dm
  • 5-2-2_3_凸凹CW.3dm
  • 5-2-2_3_凸凹CW.gh
  • 5-3-1_自由曲面パネル.3dm
  • 5-3-2_3_自由曲面パネル.3dm
  • 5-3-2_3_自由曲面パネル.gh
  • 5-4-1_ランダムルーバー.3dm
  • 5-4-2_ランダムルーバー.3dm
  • 5-4-2_ランダムルーバー.gh

第6章 施工における使いかた kj_6.zip(124MB)

6-1 数量算出/6-2 寸法・座標計測 / 6-3 仮設足場 / 6-4 施工手順 / 6-5 クレーン

  • 6-1-1_数量算出(コンクリート).3dm
  • 6-1-1_数量算出(鉄骨 ).3dm
  • 6-1-2_数量算出(コンクリート).3dm
  • 6-1-2_数量算出(コンクリート).gh
  • 6-1-2_数量算出(鉄骨 ).3dm
  • 6-1-2_数量算出(鉄骨 ).gh
  • 6-2-1_寸法・座標計測.3dm
  • 6-2-2_寸法・座標計測.3dm
  • 6-2-2_寸法・座標計測.gh
  • 6-3-1_仮設足場.3dm
  • 6-3-2_仮設足場.3dm
  • 6-3-2_仮設足場.gh
  • 6-4-1_施工手順.3dm
  • 6-4-2_施工手順.3dm
  • 6-4-2_施工手順.gh
  • 6-5-1_クレーン.3dm
  • 6-5-2_クレーン.3dm
  • 6-5-2_クレーン.gh

第7章 設計・製造工程を意識したデザインモデリングとアルゴリズム kj_7.zip(1.07MB)

7-1 各種サーフェスの生成 / 7-2 設計・施工を意識したスタジアム屋根のデザインモデル

  • Stadium2022.3dm
  • Loft2022.gh
  • Roof2022.3dm
  • *Roof2022A1.gh
  • Roof2022A2.gh
  • Roof2022A3.gh
  • Roof2022B.gh
  • Roof2022C.gh
  • *Roof2022D.gh
  • *Roof2022E.gh

Grasshopperプラグイン
Roof2022A1.gh、Roof2022D.gh、Roof2022E.gh:Pufferfish(https://www.food4rhino.com/en/app/pufferfishからDL可能)


第8章 Grasshopperの使い方あれこれ kj_8.zip(0.35MB)

8-1 これだけは入れておこう! おすすめプラグイン / 8-2 Grasshopperのスパゲティを解きほぐす / 8-3 変数の仕組みがないGrasshopperで変数的に取り扱う方法 / 8-4 Grasshopperコンポーネントはテキスト表示?アイコン表示? / 8-5 いろいろなアニメーション表示 / 8-6 RhinoでできることがGrasshopperではできない!? / 8-7そのワイヤー本当につなげて大丈夫?階層構造は合ってる?

  • *8-1_おすすめPlugin.gh
  • 8-1_座標値サンプル.xlsx
  • 8-1_ExcelOut.xlsx
  • 8-1_CSVサンプル.csv
  • 8-2_Grasshopperのスパゲティを解きほぐす.gh
  • 8-3_変数的に取り扱う.gh
  • 8-4_アイコン表示と文字表示.gh
  • 8-5_アニメーション.gh
  • 8-6_RhinoCommon.3dm
  • 8-6_RhinoCommon.gh
  • 8-7_そのワイヤー本当につなげて大丈夫.gh

Grasshopperプラグイン
8-1_おすすめPlugin.gh:Human、LunchBox(RhinoのPackageManagerコマンドから検索・インストールが可能)


第9章 Rhino/Grasshopperモデル / アルゴリズム・サンプル集 kj_9.zip(33.5MB)

9-1 ファサード作成 / 9-2 押出成形セメント板 / 9-3 SubDモデルと3Dプリンターへの出力 / 9-4 スタジアム・デザインモデル / 9-5 ランダムな繰り返しパターン / 9-6 輸送可能サイズに収まるか? / 9-7 曲線を円弧の組み合わせに置き換える / 9-8 曲面ガラスの分割最適化 / 9-9 お役立ちC#スクリプト集

  • 9-1_Facade.3dm
  • 9-1_Facade.gh
  • 9-2_押出成形板.3dm
  • 9-2_押出成形板.gh
  • 9-2_押出パラメーター.csv
  • 9-3_SubDwork.3dm
  • 9-4_StudiumAll.3dm
  • 9-4_StudiumPartsGH.gh
  • 9-5_RandomSelect.gh
  • 9-6_輸送可能サイズに収まるか?.gh
  • 9-7_CrvToARC.3dm
  • 9-7_CrvToARC.gh
  • 9-8_GlassFit.3dm
  • 9-8_GlassFit.gh
  • 9-9_C#RhinoCommon.gh

The copyright of these models and Grasshopper definitions are belonged to AppliCraft Co., Ltd and SUDARE TECHNOLOGIES Co., Ltd.
The use of these model and Grasshopper definition data are allowed to nonprofit purpose by author’s consent.
本モデルおよびGrasshopper定義ファイルの著作権は、株式会社アプリクラフトと株式会社SUDARE TECHNOLOGIESが所有しています。
本モデルおよびGrasshopper定義ファイルの使用は作者の同意のもとに非営利目的に限り許可されます。