GrasshopperのVectorパネルのコンポーネント一覧です。緑のボタンをクリックで各グループ一覧にジャンプします。
左にあるA~Cは重要度で、Aが一番重要度の高いコンポーネントになります。

 

Field

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Vector>Field>Line Charge

Line Chargeコンポーネント

入力した線(Line)に磁力の強さ(Charge)を与え、磁場(Field)を出力する。オプションで磁力の境界(Bounds)を決めることもできる。
C

Vector>Field>Point Charge

Point Chargeコンポーネント

入力した点(Points)に磁力の強さ(Charge)を与え、磁場(Field)を出力する。オプションで磁力の境界(Bounds)や磁場の減衰値(Decay)を決めることもできる。
C

Vector>Field>Spin Force

Spin Forceコンポーネント

入力した平面(Plane)を中心に強さ(Strength)と半径(Radius)を決め、回転する磁場(Field)を出力する。オプションで磁力の境界(Bounds)や磁場の減衰値(Decay)を決めることもできる。
C

Vector>Field>Vector Force

Vector Forceコンポーネント

入力した線(Line)をベクトルに見立てて、その向きの磁場(Field)を出力する。オプションで磁力の境界(Bounds)を決めることもできる。
C

Vector>Field>Break Field

Break Fieldコンポーネント

一つにまとめた磁場(Field)データを、それぞれの磁場データに分ける。
C

Vector>Field>Marge Field

Marge Fieldコンポーネント

複数の磁場(Field)データを一つにまとめる。
C

Vector>Field>Evaluate Field

Evaluate Fieldコンポーネント

磁場(Field)データとその中の点(Point)を入力することで、その位置での磁場のベクトル(Tensor)と強さ(Strength)を出力する。
C

Vector>Field>Field Line

Field Lineコンポーネント

磁場(Field)データと動かす点(Point)、回数(Steps)を決め、磁場の力で点を移動させた曲線を作成する。オプションで精度(Accuracy)や移動させる方法(Method)も変更できる。
C

Vector>Field>Direction Display

Direction Displayコンポーネント

磁場(Field)データと範囲となる長方形(Section)、サンプル数を入力することで、範囲内での磁場の向きや強さを、メッシュに色を付けた形で出力する。
C

Vector>Field>Perpendicular Display

Perpendicular Displayコンポーネント

磁場(Field)データと範囲となる長方形(Section)、サンプル数を入力することで、範囲内での磁場の垂直方向の向きを、メッシュに色を付けた形で出力する。上方向の向きの色(Positive Color)、下方向の向き(Negative Color)をそれぞれ色で指定できる。
C

Vector>Field>Scalar Display

Scalar Displayコンポーネント

磁場(Field)データと範囲となる長方形(Section)、サンプル数を入力することで、範囲内での磁場の強さを、メッシュに色を付けた形で出力する。
C

Vector>Field>Tensor Display

Tensor Displayコンポーネント

磁場(Field)データと範囲となる長方形(Section)、サンプル数を入力することで、範囲内の磁場の向きをRhino画面内でプレビューできる。

Grid

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

 重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A

Vector>GridRectangular

Rectangularコンポーネント

平面(Plane)の原点から、長方形の2Dグリッド線を出力する。長方形の大きさ(SizeX、SizeY)、X方向Y方向のグリッドの数(Ex,Ey)をそれぞれ指定できる。
B

Vector>GridSquare

Squareコンポーネント

平面(Plane)の原点から、正方形の2Dグリッド線を出力する。正方形の大きさ(Size)、X方向Y方向のグリッドの数(Ex,Ey)をそれぞれ指定できる。
A

Vector>GridHexagonal

Hexagonalコンポーネント

平面(Plane)の原点から、六角形の2Dグリッド線を出力する。六角形の大きさ(Size)、X方向Y方向のグリッドの数(Ex,Ey)をそれぞれ指定できる。
A

Vector>GridRadial

Radialコンポーネント

平面(Plane)の原点から、同心円状に2Dグリッド線を作成する。同心円の大きさ(Size)、円の数(Er)、円の分割数(Ep)を指定できる。
A

Vector>Grid>Trianglar

Trianglarコンポーネント

平面(Plane)の原点から、正三角形の2Dグリッド線を作成する。三角形の大きさ(Size)、X方向Y方向の数(Ex,Ey)をそれぞれ指定できる。
A

Vector>Grid>Populate 2D

Populate 2Dコンポーネント

範囲となる長方形(Region)を指定し、2D平面に点(Point)を指定した数(Count)だけ発生させる。乱数の元となる値(Seed)を指定できる。
A

Vector>Grid>Populate 3D

Populate 3Dコンポーネント 

範囲となる直方体(Region)を指定し、3D空間に点(Point)を指定した数(Count)だけ発生させる。乱数の元となる値(Seed)を指定できる。
A

Vector>Grid>Populate Geometry

Populate Geometryコンポーネント 

ジオメトリを指定して、ジオメトリ上に点(Point)を指定した数(Count)だけ発生させる。乱数の元となる値(Seed)を指定できる。Populate 2D,3Dと異なりジオメトリの表面上に点を作成する。

Plane

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A

Vector>Plane>Deconstruct Plane

Deconstruct Planeコンポーネント

平面(Plane)を入力し、原点(Origin)とXYZそれぞれの方向をしめすベクトルを出力する。

B

Vector>Plane>XY Plane

XY Planeコンポーネント

XY平面を出力する。 原点(Origin)を入れると、その座標を原点とするXY平面を作成する。
B

Vector>Plane>XZ Plane

XZ Planeコンポーネント

XZ平面を出力する。原点(Origin)を入れると、その座標を原点とするXZ平面を作成する。
B

Vector>Plane>YZ Plane

YZ Planeコンポーネント

YZ平面を出力する。原点(Origin)を入れると、その座標を原点とするYZ平面を作成する。
A

Vector>Plane>Construct Plane

Construct Planeコンポーネント

原点(Origin)とX、Y方向を指すベクトルを入力し、平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Plane Normal

Plane Normalコンポーネント

原点(Origin)とZ方向を指すベクトルを入力し、平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Line+Line

Line+Lineコンポーネント

直線AとBの2本を入力し、平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Line+Pt

Line+Ptコンポーネント

直線と点(Point)を入力し、平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Plane 3Pt

Plane 3Ptコンポーネント

ABCの3点を通過する、平面(Plane)を出力する。
C

Vector>Plane>Plane Fit

Plane Fitコンポーネント

複数の点(Points)にできる限り、フィットする平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Plane Offset

Plane Offsetコンポーネント

平面(Plane)を指定した値(Offset)、垂直にオフセットした平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Plane Closest Point

Plane Closest Pointコンポーネント

サンプルとなる点(Sample)と平面(Plane)を入力し、平面上の一番近い点(Point)、距離(Distance)などを出力する。 
A

Vector>Plane>Rotate Plane

Rotate Planeコンポーネント

平面(Plane)と角度(Angle)を入力し、Z方向を軸として回転させた平面(Plane)を作成する。
C

Vector>Plane>Adjust Plane

Adjust Planeコンポーネント

平面(Plane)とベクトル(Normal)を入力し、ベクトルが法線となるように向きを合わせた平面(Plane)を作成する。 
C

Vector>Plane>Align Plane

Align Planeコンポーネント

平面(Plane)をガイドとなるベクトル(Direction)に合うように、できる限り少なく回転する。 入力した平面のZ軸で回転し向きを合わせる。
C

Vector>Plane>Align Planes

Align Planesコンポーネント 

複数の平面(Planes)をマスターとなる平面の向きになる様に、できる限り少なく回転し合わせる。
C

Vector>Plane>Flip Plane

Flip Planeコンポーネント 

平面(Plane)の向きを変更する。XYそれぞれの方向を反転するかどうかを、True,Falseで入力する。Swap Axisで軸を入れ替えるかどうかも指定できる。
C

Vector>Plane>Plane Coodinates

Plane Coodinatesコンポーネント 

点(Point)とローカル平面(System)を入力し、その平面内でのXYZの座標値を出力する。

Point

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A

Vector>Point>Construct Point

Construct Pointコンポーネント

XYZ座標をそれぞれ入力し、点を作成する。
A

Vector>Point>Deconstruct

Deconstructコンポーネント

点(Point)を入力し、そのXYZの座標値を出力する。
C

Vector>Point>Numbers to Points

Numbers to Pointsコンポーネント

複数の数値(Numbers)と数値がXYZのどれに対応するか(Mask)を指定し、点を作成する。
C

Vector>Point>Points to Numbers

Points to Numbersコンポーネント

点(Point)と点座標をどの順に出力するか(Mask)を指定し、指定した順に座標を出力する。
A

Vector>Point>Distance

Distanceコンポーネント

点AとBの2つの距離を計算する。
C

Vector>Point>Point Oriented

Point Orientedコンポーネント

平面(Plane)とその平面でのUVW座標を入力し、点(Point)を作成する。
C

Vector>Point>Barycentric

Barycentricコンポーネント

点A,B,C(Point)とその点に引き付ける力U,V,Wを入力し、新しい点(Point)を作成する。
C

Vector>Point>Point Cylindrical

Point Cylindricalコンポーネント

円柱を指定する様に平面(Plane)と角度(Angle),半径(Radius),高さ(Elevation)で位置を指定し、点(Point)を作成する。
C

Vector>Point>Point Polar

Point Polarコンポーネント

極座標の様に平面(Plane)とXY平面の角度、Z方向の角度、オフセット距離(Distance)を指定し、点(Point)を作成する。
C

Vector>Point>To Polar

To Polarコンポーネント

点(Point)と基準の平面(System)を決め、平面の軸をどれくらい回転したかを出力する。PhiからはX軸を、Thetaからは垂直方向の回転量を出力する。
B

Vector>Point>Closest Point

Closest Pointコンポーネント

点(Point)と、検索する点群(Cloud)を入力することで、点群の中から一番近い点(Point)を出力する。その際、点群のIndexと距離(Distance)も出力する。
B

Vector>Point>Pull Point

Pull Pointコンポーネント 

点(Point)をジオメトリに引き付けるように移動し、点(Point)と距離(Distance)を出力する。コンポーネントを右クリックすることで、複数ジオメトリが入力された時、最も近い点だけを出力するか、すべての点を出すかを変更できる。
B

Vector>Point>Closest Points

Closest Pointsコンポーネント 

点(Point)と、検索する点群(Cloud)、指定する数(Count)を入力することで、点群の中から指定する数だけ点(Point)を出力する。その際、点群のIndexと距離(Distance)も出力する。
A

Vector>Point>Cull Duplicates

Cull Duplicatesコンポーネント  

複数の点(Points)を入力し、許容差(Tolerance)以内の重複する点を削除する。コンポーネントを右クリックすることで、削除するオプションを変更できる。
C

Vector>Point>Point Groups

Point Groupsコンポーネント  

複数の点(Points)を指定した距離(Distance)以内のものをまとめて、同じ階層のデータとして出力する。
B

Vector>Point>Project Point

Project Pointコンポーネント  

点(Point)を方向ベクトル(Direction)の向きでジオメトリ上に投影する。投影する箇所が複数ある場合は、一番近い位置に作成される。
C

Vector>Point>Sort Along Curve

Sort Along Curveコンポーネント  

複数の点(Points)を入力した曲線(Curve)の順に並び替えて出力する。
B

Vector>Point>Sort Points

Sort Pointsコンポーネント  

ユークリッド座標{最初にX,次にY,その次にZ}を見て、点のアイテムの順番を並べ直す。 

Vector

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Vector>Vector>Deconstruct Vector

Deconstruct Vectorコンポーネント

ベクトルをXYZそれぞれの構成要素に分解する。XYZからはそれぞれの方向の移動量が出力される。
B

Vector>Vector>Vector XYZ

Vector XYZコンポーネント

XYZの値をそれぞれ入力することで、ベクトルとその長さ(Length)を出力する。 
C

Vector>Vector>Unit Vector

Unit Vectorコンポーネント

入力したベクトルを、長さが1の単位ベクトルに変換する。
B

Vector>Vector>Unit X

Unit Xコンポーネント

X軸方向のベクトルを作成する。数値(Factor)を入力すると、その長さを持ったベクトルを作成する。
B

Vector>Vector>Unit Y

Unit Yコンポーネント

Y軸方向のベクトルを作成する。数値(Factor)を入力すると、その長さを持ったベクトルを作成する。
B

Vector>Vector>Unit Z

Unit Zコンポーネント

Z軸方向のベクトルを作成する。数値(Factor)を入力すると、その長さを持ったベクトルを作成する。
A

Vector>Vector>Vector 2Pt

Vector 2Ptコンポーネント

AとBの2点間を繋ぐベクトルを作成する。UnitにTrueを入れると、長さが1の単位ベクトルとして作成する。
A

Vector>Vector>Vector Length

Vector Lengthコンポーネント 

ベクトルの長さ(大きさ)を計算し、値を出力する。
A

Vector>Vector>Amplitude

Amplitudeコンポーネント 

入力したベクトルの長さを指定した長さ(Amplitude)になるよう、再設定する。
B

Vector>Vector>Angle

Angleコンポーネント

AとBの2つのベクトルを、指定した平面(Plane)内での角度を計算する。
C

Vector>Vector>Cross Product

Cross Productコンポーネント 

AとBの2つのベクトルの外積となるベクトルを作成する。UnitにTrueを入れると、長さが1の単位ベクトルとして作成する。
C

Vector>Vector>Dot Product

Dot Productコンポーネント 

AとBの2つのベクトルの内積を計算する。UnitにTrueを入れると、長さが1の単位ベクトルとして作成する。
B

Vector>Vector>Reverse

Reverseコンポーネント 

ベクトルの向きを反対にする(-1を乗算する)。
B

Vector>Vector>Rotate

Rotateコンポーネント

ベクトルを軸(Axis)の周りで指定した角度(Angle)だけ、回転する。 

Rectangular

詳細1:セルの形状が長方形(Rectanglar)の2次元のグリッドを生成する。入力Sx/Syではセルのサイズ、入力Ex/Eyでは、セルの数を指定。

出力Cからはカーブ、出力Pからはポイントのデータを抽出できる。



詳細2:セルをランダムに削減して押し出した例。
①長方形のセルを生成、出力カーブはXYごとの階層に分かれているため、[Flatten]を選択

②[Random Reduce]コンポーネントでセルのカーブを指定した数や割合で削減

③[Boundary Surfaces]コンポーネントで面を張る

④[Random]コンポーネントで押し出す高さをランダム化

⑤[Extrude]コンポーネントでZ方向にセルを押し出し


Hexagonal

詳細1:セルの形状が六角形(Hexagnal)の2次元のグリッドを生成する。入力Sではセルのサイズ、入力Ex/Eyでは、セルの数を指定。出力Cからはカーブ、出力Pからはポイントのデータを抽出できる。



詳細2:ベースの六角形と、それをオフセットして高さを与えたものをLoftでつなぎ、Capをした例。
①元になる六角形グリッドを作成

②[Offset]コンポーネントでカーブを縮小

③[Move]コンポーネントでZ方向に高さを与える

④[Merge]コンポーネントで①と②のカーブを結合

⑤[Loft]コンポーネントでサーフェスを作成⑥[Cap]コンポーネントで穴をふさぐ


Radial

詳細1:セルの形状が放射状の2次元グリッドを生成する。入力Sではセルのサイズ、入力Erでは半径方向のセルの数、入力Epでは円周方向のセルの数を指定する。(デフォルトは20)



詳細2:
A [Cull Index]コンポーネントにて削除するIndexを指定した例。円周方向にIndexが削除される。
B [Tree Branch]コンポーネントを使用して、取り出すIndexを指定した例。半径方向にIndexが選択される。


Trianglar

詳細1:セルの形状が三角形(Trianglar)の2次元のグリッドを生成する。入力Sではセルのサイズ、入力Ex/Eyでは、セルの数を指定。

出力Cからはカーブ、出力Pからはポイントのデータを抽出できる。



詳細2:ベースの三角形の中心点を利用して、円を配置し、スケールをする事によりパターンを作成した例。
①元になる三角形グリッドを作成

②三角形から出力したポイントに、円を作成

③[List Lengrh]コンポーネントで円のリスト数を取得

④[Repeat]コンポーネントを適用し、繰り返しを行う範囲のデータを入力

⑤[Scale]コンポーネントで入力G(ジオメトリ)を円に、入力C(中心点)を三角形のポイントに、入力F(スケールファクター)をRepeatを適用した4つのスケール値に指定する。


Populate 2D

詳細1:2次元の長方形内に、指定した数のポイントをランダムに生成できる。入力R>右クリック>Set One Rectangleにて、ビューでドラッグして長方形を作成したり、[Curve]コンポーネントにて既存の長方形を指定する事が可能。
※Rectangle以外の2Dを使用する場合は、Populate Geometryで2D+サーフェスを使用するか、Curve>Point In Curveで指定したカーブ内にポイントを発生させるなどで対応可能。


Populate 3D

詳細1:3次元のボックス内に、指定した数のポイントをランダムに生成できる。入力R>右クリック>Set One Boxにてビューでドラッグしてボックスを作成したり、[Geometry]コンポーネントて既存のボックスを指定する事が可能。



詳細2:Populate 3Dで生成したポイントを中心として、ランダムな半径の球を配置した例。
①[Populate 3D]コンポーネントでランダムなポイントを作成

②[List Length]コンポーネントにて頂点の数を出力し、[Division]コンポーネントで2分の1に削減

③[Sphere]コンポーネントで球を配置

④[Random]コンポーネントで、球の半径を0.5~1.5の範囲内でランダム化


Populate Geometry

詳細1:入力Gで指定したジオメトリの表面上に、指定した数のポイントをランダムに生成できる。


Deconstruct Plane

詳細1:入力した平面を原点OとベクターX/Yの要素に分解する。


Construct Plane

詳細1:原点Oとベクター(方向)X/Yの3つの要素から平面を出力する。入力Oは、右クリックして、"Set One Point"によりビューポートでクリックするか、既存のポイントコンポーネントを接続する。入力X/Yは、右クリックして"Set One Vector"によりビューポートでベクターを設定するか、既存の各種ベクターコンポーネントを接続する。



詳細2:ベクターのX方向Y方向と原点(Origin)、を定義することで平面を作成する事もできる。

 


詳細3:ベクターを座標値で入力した場合、{0,0,0}からその位置までの移動量と認識する。例では、移動量をそれぞれ指定することで、特定の方向を向いた平面を作成している。


Rotate Plane

詳細1:平面を、その平面のZ軸を中心に回転させる。回転角を入力する際、入力Aを右クリックで[Degree]を指定すると、ラジアンを度数に変換できる。


Construct Point

詳細1:ポイントのX座標、Y座標、Z座標となる数値をそれぞれ入力すると、その座標のポイントが出力される。図は、[Series]コンポーネントを接続して複数ポイントを出力した例。


Deconstruct

詳細1:ポイントをX座標、Y座標、Z座標のそれぞれの数値に分解して出力する。



詳細2:[Construct Point]コンポーネントと組み合わせて、XとYの座標を入れ替えた例。

 

Distance

詳細1:2つのポイント間の距離を算出する。ポイントのみ入力可能なため、カーブとの距離、サーフェスとの距離などを出力したい場合には、ポイントを算出する必要がある。図は[Curve Closest Point]コンポーネントで算出したポイントを使用した例。



詳細2:[Sort List]コンポーネントとの組み合わせで、カーブ上のtパラメータに応じて、そこから一番距離が短いポイントにSphereを作成する例。


Cull Duplicates

詳細1:複数の点(Points)を入力し、許容差(Tolerance)以内の重複する点を削除する。
画像では、{0,0,0}の座標に3つ、{1,0,0}に2つ点が存在していたが、重複するものが削除されている。



詳細2:コンポーネントを右クリックすることで、削除するオプションを変更できる。
Averageは、平均値の点のみ残す。



詳細3:Leave Oneは、最初に入力された点のみ残す。



詳細4:Cull Allは、重複する点を全て削除する。


Vector 2Pt

詳細1:ポイントA(始点)/B(終点)の2点間のベクトルを生成する。AとBを入れ替えると、ベクトルの向きが逆になる。
そのままでは表示されないので、確認する場合には[Vector Display]コンポーネントを使用する。


Vector Length

詳細1:ベクトルの大きさ(長さ)を計算し、値を出力する。図はベクトルのいろいろな大きさを表示した例。
A:そのままベクトルの大きさを取得
B:[Amplitude]コンポーネントでベクトルの大きさを変更後、[Vector Length]コンポーネントで長さを取得
C:[Unit Vector]コンポーネントでベクターの大きさを1にし、(正規化)[Vector Length]コンポーネントで長さを取得


Amplitude

詳細1:ベクトルの大きさ(長さ)を100に設定した例。