Grasshopperコンポーネント:Sets

GrasshopperのSetsパネルにあるコンポーネントの機能を日本語で記載しています。
グループ名ボタンをクリックで各グループ一覧にジャンプします。
左にあるA~Cは重要度で、Aが一番重要度の高いコンポーネントになります。
*は書籍『Rhino×Grasshopper All in 1 パーフェクトリファレンス』に記載しているコンポーネントです。

List

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A *

Sets>List>List Item

List Itemコンポーネント

リスト(List)から指定したインデックス(i)のアイテムを出力する。 
A *

Sets>List>List Length

List Lengthコンポーネント

リスト(List)の長さ(含まれるアイテムの数)を整数で出力する。
A *

Sets>List>Sort List

Sort Listコンポーネント

入力したリスト(Keys)を昇順に並べ替える。Aに値が入っていた場合、Keysで並び替えたのと同じ順に並び替える。

Tips集の詳細ページ https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/gh_sortlist/

B *

Sets>List>Split List

Split Listコンポーネント

リスト(List)を指定した値の前後で分割し、出力する。Aが指定値より前、Bが後。
B *

Sets>List>Insert Items

Insert Itemsコンポーネント

リスト(List)の指定した値(i)の箇所に、アイテム(I)を挿入する。後のアイテムは挿入した数だけ、インデックスがずれる。
C  

Sets>List>Item Index

Item Indexコンポーネント

入力したデータ(List)の中から特定のアイテム(Item)を検索し、データの中のインデックスを出力する。
B *

Sets>List>Partition List

Partition Listコンポーネント

リスト(List)を指定した数(Size)ずつ、別の階層にデータを分ける。複数の数を入力した場合は、その数ずつ繰り返した階層に分割される。
B *

Sets>List>Replace Items

Replace Itemsコンポーネント

リスト(List)の指定した値(i)のアイテムを、異なるアイテム(I)で置き換える。
C *

Sets>List>Reverse List

Reverse Listコンポーネント

リスト(List)のインデックスの順番を逆にする。
B *

Sets>List>Shift List

Shift Listコンポーネント

リスト(List)のインデックスを指定した数(Shift)だけ、ずらす。WrapがTrueの時はアイテムの総数は変わらず、Falseの時はずらした数だけ(巻き戻らず)アイテム数が減る。
C  

Sets>List>Sub List

Sub Listコンポーネント

リスト(List)の中の指定した範囲(Domain)のアイテムだけ、出力する。
A *

Sets>List>Dispatch

Dispatchコンポーネント

True/Falseパターン(Pattern)を指定して、リスト(List)を分割する。
B *

Sets>List>Null Item

Null Itemコンポーネント 

アイテム(Item)が、NullかInvalidか判断し該当する場合は、Trueを出力する。
B *

Sets>List>Pick’n’Choose

Pick’n’Chooseコンポーネント

パターン(Pattern)で指定した入力端子のデータを、順番に取り出し出力する。その際、取り出すデータはパターンのインデックスと同じものを取り出す。
B *

Sets>List>Replace Nulls

Replace Nullsコンポーネント 

アイテム(Item)内のNullの箇所を、指定したアイテム(Replacements)で置き換える。
B *

Sets>List>Weave

Weaveコンポーネント  

パターン(Pattern)で入力端子の読み込む順を指定し、入力データが無くなるまで繰り返し出力していく。その際、出力されるデータは入力データのインデックスの初めから順に最後まで出力される。
A *

Sets>List>Combine Data

Combine Dataコンポーネント  

インデックスを保持したまま入力したNullを削除し、データリストを再構成する。Sift Patternと組み合わせて使用することが多い。
A *

Sets>List>Sift Pattern

Sift Patternコンポーネント  

リスト(List)をパターン(Pattern)で指定した値の、端子から出力する。該当しなかったアイテムはNullで、インデックスを変更しないように出力する。
B *

Sets>List>Cross Reference

Cross Referenceコンポーネント  

入力した相互のデータリストのすべての組み合わせを出力する。詳細ボタン
B *

Sets>List>Shortest List

Shortest Listコンポーネント 

入力した複数のリストを、一番短いリストに合わせて出力する。詳細ボタン
B *

Sets>List>Longest List

Longest Listコンポーネント 

入力した複数のリストを、一番長いリストに合わせて出力する。詳細ボタン

Sequence

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度 

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A *

Sets>Sequence>Cull Index

Cull Indexコンポーネント

リスト(List)から指定した値(Indecies)のアイテムを取り除く。
A *

Sets>Sequence>Cull Pattern

Cull Patternコンポーネント

リスト(List)からTrue.Falseなどのパターンを使用して、要素を取り除く。
C *

Sets>Sequence>Cull Nth

Cull Nthコンポーネント

リスト(List)のN番目に当たる要素を、繰り返し取り除く。 
B *

Sets>Sequence>Random Reduce

Random Reduceコンポーネント

リスト(List)から指定数(Reduction)アイテムを、無作為に削除し順番を入れ替える。 
B *

Sets>Sequence>Range

Rangeコンポーネント

範囲(Domain)を分割数(Steps)する数を指定し、等差の数列を作る。詳細ボタン
A *

Sets>Sequence>Series

Seriesコンポーネント

初期値(Start)と一回に増える値(Step)、繰り返す数(Count)を決め、等差の数列を作る。
C  

Sets>Sequence>Char Sequence

Char Sequenceコンポーネント 

指定した数(Count)だけ文字(Char Pool)を順に読み込み、テキストを作成する。Formatに指定するテキストを入力し、追加で記述もできる。
B *

Sets>Sequence>Duplicate Data

Duplicate Dataコンポーネント 

データ(Data)を指定した数(Number)を複製する。
C  

Sets>Sequence>Fibonacci

Fibonacciコンポーネント

初期値A,Bを決め、フィボナッチ数列を作成する。フィボナッチ数列は、そのインデックスの値と、一つ先のインデックスの値を繰り返し足し算していく数列。Numberは繰り返す回数。
B *

Sets>Sequence>Repeat Data

Repeat Dataコンポーネント 

データ(Data)を指定したアイテムの数(Length)に到達するまで、繰り返す。
C  

Sets>Sequence>Sequence

Sequenceコンポーネント 

初期値(Initial)と連続する数式(Notation)を指定した数(Lengh)だけ繰り返す数列を作成する。 
C  

Sets>Sequence>Stack Data

Stack Dataコンポーネント 

データ(Data)を指定した個数のパターン(Stack)に従い、繰り返し複製する。
A *

Sets>Sequence>Jitter

Jitterコンポーネント 

リスト(List)内のアイテムの順番をランダムに変更する。変更する強さ(Jitter)を、0から1の値で指定できる。
A *

Sets>Sequence>Random

Randomコンポーネント 

範囲(Domain)と個数(Number)を決めて、複数のランダムな値を作成する。

Sets

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

 ※

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C *

Sets>Sets>Create Set

Create Setコンポーネント

重複するデータがある場合、そのアイテムを1つだけにしてデータをまとめ直す。Setからはまとめ直した個別のデータが、Mapからは元のデータがSetの何番目のデータを使用しているかを出力する。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Set Difference

Set Differenceコンポーネント

Aのデータリストから、Bのデータリストに含まれるものを全て削除する。データ同士を比べて引き算するということ。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Set Difference(S)

Set Difference(S)コンポーネント

AのデータからBのデータに含まれるものを削除、BのデータからAのデータに含まれるものを削除し、その両方の結果を足したものを出力する。Set Differenceとは違い、お互いを引き算する形になる。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Set Intersection

Set Intersectionコンポーネント

入力されたデータリストの中のすべてに含まれるもののみ出力する。またこのコンポーネントは、任意に入力端子の数を増やすことができる。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Set Majorty

Set Majortyコンポーネント

A,B,Cにそれぞれデータを入力し、2つ以上のリストに存在するデータだけを出力する。詳細ボタン
C *

Sets>Sets>Set Union

Set Unionコンポーネント

入力したデータに重複するデータがある場合、1つだけにしてデータをまとめ直す。このコンポーネントは、任意に入力端子の数を増やすことができる。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Carthesian Product

Carthesian Productコンポーネント

AとBに入力したデータを、同じインデックス同士でまとめて出力する。AとBに入力するデータの数は同じ必要がある。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>SubSet

SubSetコンポーネント

AとBにデータを入力し、Bに入力したデータがAに全てある場合はTrueを、1つでもない場合はFalseを出力する。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Disjoint

Disjointコンポーネント

AとBに入力したデータの中に、重複する要素があるかどうかをTrue・Falseで出力する。重複するものがない場合はTrue,ある場合はFalse。詳細ボタン
C *

Sets>Sets>Member Index

Member Indexコンポーネント

元のデータ(Set)と探すデータ(Member)を入力し、データ内を検索する。見つかった箇所のインデックスと個数(Count)を出力する。詳細ボタン
C *

Sets>Sets>Replace Members

Replace Membersコンポーネント

元のデータ(Set)内の検索するデータ(Find)に該当するものを、指定したデータ(Replace)に置き換える。詳細ボタン
C  

Sets>Sets>Delete Consecutive

Delete Consecutiveコンポーネント

元のデータ(Set)の中のインデックスが隣り合っていて、かつ同じデータを削除する。削除した数(Count)も出力する。Create Setコンポーネントなどと異なり、インデックスが離れている場合は対象としない。詳細ボタン
B *

Sets>Sets>Find similar member

Find similar memberコンポーネント

入力したデータ(Data)が、元となるデータ(Set)の中のどれに一番近いかを調べる。Hitからは一番近い値を、インデックスからはその値がSetの中の何番目のインデックスかを出力する。点同士の最も近い点を調べるといったことも可能。詳細ボタン
C *

Sets>Sets>Key/Value Search

Key/Value Searchコンポーネント

登録した値(Keys)と同数のその答えとなる値(Value)を入力し、検索する値(Search)がどのValueに当たるかを出力する。辞書を作って、その中を調べるような働き。詳細ボタン

Text

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C *

Sets>Text>Text Join

Text Joinコンポーネント

複数のテキスト(Text)を一つにまとめる。間に挟む文字を、Joinで指定できる。
B *

Sets>Text>Text Split

Text Splitコンポーネント

テキスト(Text)を、分割する文字(Separators)を指定し、その文字の前後で分ける。詳細ボタン
C  

Sets>Text>Characters

Charactersコンポーネント

テキスト(Text)を一文字ごとに分割し、文字ごとに出力する。
B *

Sets>Text>Concatenate

Concatenateコンポーネント

複数の任意の文字列を入れ、順番に文字を結合する。詳細ボタン
C  

Sets>Text>Text Length

Text Lengthコンポーネント

テキスト(Text)の文字数を取得する。
B *

Sets>Text>Format

Formatコンポーネント

指定した形(Format)でテキストを作成する。Formatに入力する際、{0},{1}のような形で端子を指定することができる。例、Formatに{0}+{1} を、{0}にテスト、{1}にRhinoを入力した場合、テスト+Rhino が出力される。詳細ボタン
C  

Sets>Text>Text Case

Text Caseコンポーネント

テキスト(Text)の文字を、すべて大文字に変換する。 
C  

Sets>Text>Text Fragment

Text Fragmentコンポーネント

テキスト(Text)を、入力した値(Start)から指定した数(Count)、文字を抽出する。
C  

Sets>Text>Text Trim

Text Trimコンポーネント

テキスト(Text)の中の、初め(Start)と終わり(End)の空白を削除する。削除するかしないかを、True,Falseで指定。
B *

Sets>Text>Replace Text

Replace Textコンポーネント

入力したテキスト(Text)を、文字を検索(Find)して別の文字(Replace)で置き換える。詳細ボタン
C  

Sets>Text>Sort Text

Sort Textコンポーネント

入力したテキスト(Keys)の順で、データを並び替える。別のデータ(Values)を入力した場合、リストをKeysと同じ順で並び替える。
C *

Sets>Text>Match Text

Match Textコンポーネント

入力したテキスト(Text)、指定したテキスト(Pattern)かどうかを、True,Falseで判定する。
C  

Sets>Text>Text Distance

Text Distanceコンポーネント 

A、Bに入力したテキスト(Text)の文字列の異なる数を出力する。

Tree

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

 ※

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B *

Sets>Tree>Flatten Tree

Flatten Treeコンポーネント

すべての階層を取り除き、フラットなデータ構造{0}にする。詳細は、リンク参照。
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/graft_flatten_simplify/
B *

Sets>Tree>Graft Tree

Graft Treeコンポーネント

アイテムごとに一つ階層を作り、その中にデータを格納する。詳細は、 リンク参照。
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/graft_flatten_simplify/
A *

Sets>Tree>Trim Tree

Trim Treeコンポーネント

入力したデータ(Tree)の一番深い階層から、指定した数(Depth)だけ階層を削除する。
C *

Sets>Tree>Unflatten Tree

Unflatten Treeコンポーネント

Flattenされた入力データ(Tree)を、ガイド(Guide)と同じ階層構造に変更する。データとガイドのアイテム数が同じ必要がある。
Tips集の詳細ページ
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/unflattentree/
B *

Sets>Tree>Clean Tree

Clean Treeコンポーネント

入力データ(Tree)からNullや、または無効なアイテム(Invalid)、空(Empty)のデータを取り除く。
C  

Sets>Tree>Prune Tree

Prune Treeコンポーネント

入力したデータ(Tree)から、枝分かれする数の最小値(N0)と最大値(N1)を決め、該当したデータを取り除く。
B *

Sets>Tree>Simplify Tree

Simplify Treeコンポーネント

データ管理上無くても問題ない階層を削除し、構造を単純化する。詳細は、リンク参照。
https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/graft_flatten_simplify/
B *

Sets>Tree>Tree Statistics

Tree Statisticsコンポーネント

入力したデータ(Tree)の階層名(Path)、階層内のアイテム数(Lengh)、階層の数(Count)を出力する。詳細ボタン
B *

Sets>Tree>Entwine

Entwineコンポーネント

データの階層をそれぞれ入力した端子の階層になるように、変更する。詳細ボタン
B *

Sets>Tree>Explode Tree

Explode Treeコンポーネント

入力したデータ(Data)を、階層ごとに出力する。存在する階層だけ出力端子を用意する必要がある(右クリック>Match Outputで増やすことができる)。
B *

Sets>Tree>Flip Matrix

Flip Matrixコンポーネント 

列と行を取り替えるように、階層構造を変換する。それぞれの階層のインデックスが同じものを、階層にまとめる形となる。
A *

Sets>Tree>Merge

Mergeコンポーネント

入力した複数のデータを、階層名ごとにまとめて並べ直す。データ管理上、非常に重要なコンポーネント。
C  

Sets>Tree>Match Tree

Match Treeコンポーネント

入力データ(Tree)とデータ(Guide)が同じTree構造の時、データを出力する。
A *

Sets>Tree>Path Mapper

Path Mapperコンポーネント 

階層の変更方法を直接記述することによって、データ構造で編集するコンポーネント。

Tips集の詳細ページ https://www.applicraft.com/tips/rhinoceros/pathmapper/

B *

Sets>Tree>Shift Paths

Shift Pathsコンポーネント

データ(Data)の階層を、指定した数(Offset)だけ減らす。Offset値が負の数の場合は深い階層から(TrimTreeと同じ挙動)、正の数の場合は浅い階層から削除する。
B *

Sets>Tree>Split Tree

Split Treeコンポーネント

入力データ(Data)を階層名を指定し(Masks)、指定した階層のデータをPositiveから、それ以外をNegativeから出力する。Masksに入力するのは、{ }で指定する値。詳細ボタン
A *

Sets>Tree>Stream Filter

Stream Filterコンポーネント 

複数のデータを入力しておき、Gateの値で指定した端子のデータを出力する。
New!
A *

Sets>Tree>Stream Gate

Stream Gateコンポーネント

入力データ(Stream)を、Gateの値で指定した端子から出力する。
C  

Sets>Tree>Relative Item

Relative Itemコンポーネント

入力データ(Tree)と階層とアイテムの数(Offset)を指定し、ABからそれぞれOffset数だけずらしたデータを出力する。Offsetに入力する値は、{階層をずらす数}(インデックスをずらす数)を入力する。Shift Listの階層版のような動き。
C  

Sets>Tree>Relative Items

Relative Itemsコンポーネント

入力データAB(Tree)と階層とアイテムの数(Offset)を指定し、ABからそれぞれOffset数だけずらしたデータを出力する。Offsetに入力する値は、{階層を削除する数}(インデックスを削除する数)を入力する。
B *

Sets>Tree>Tree Branch

Tree Branchコンポーネント

入力したデータ(Tree)の階層名(Path)で、指定したデータを出力する。詳細ボタン
B *

Sets>Tree>Tree Item

Tree Itemコンポーネント

入力したデータ(Tree)から階層名(Path)とインデックス(Index)を指定して該当データを出力する。
B *

Sets>Tree>Construct Path

Construct Pathコンポーネント

入力値(Indices)を、階層名{ }の形式に変更する。 複数の値を入れた場合は、階層ごとの値となる。例)0と2を入力すると、{0;2}が出力。詳細ボタン
C  

Sets>Tree>Deconstruct Path

Deconstruct Pathコンポーネント

階層名を入力すると、それぞれ整数に分解し出力する。 Construct Pathの逆の働き。例){0;0;1}を入力すると、0と0と1が出力。
B *

Sets>Tree>Path Compare

Path Compareコンポーネント

階層名(Path)と比較する階層名(Mask)を入力し、同じかどうかをTrue,Falseで出力する。例){0;1}と{0;1}を入力すると、同じなのでTrueが出力。詳細ボタン
B *

Sets>Tree>Replace Paths

Replace Pathsコンポーネント

データ(Data)を入力し、検索する階層名の条件(Search)に合うものを、別の階層名(Path)に変換する。詳細ボタン