GrasshopperのIntersectパネルのコンポーネント一覧です。緑のボタンをクリックで各グループ一覧にジャンプします。
左にあるA~Cは重要度で、Aが一番重要度の高いコンポーネントになります。

 

Mathematical

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Intersect>Mathematical>Brep|Line

Brep|Lineコンポーネント

Brepと直線の交点を出力する。
C

Intersect>Mathematical>Curve|Line

Curve|Lineコンポーネント

カーブと直線の交点を出力する。
C

Intersect>Mathematical>Line|Line

Line|Lineコンポーネント

2つの線の交点を出力する。 
C

Intersect>Mathematical>Mesh|Ray

Mesh|Rayコンポーネント

メッシュと半直線の交点を出力する。

 

C

Intersect>Mathematical>Surface|Line

Surface|Lineコンポーネント

サーフェスと線の交点を出力する。
B

Intersect>Mathematical>Brep|Plane

Brep|Planeコンポーネント

Brepと平面の交線を出力する。
B

Intersect>Mathematical>Curve|Plane

Curve|Planeコンポーネント

曲線と平面の交点を出力する。 
C

Intersect>Mathematical>Line|Plane

Line|Planeコンポーネント

線と平面の交点を出力する。
C

Intersect>Mathematical>Mesh|Plane

Mesh|Planeコンポーネント

メッシュと平面の交線を出力する。
C

Intersect>Mathematical>Plane|Plane

Plane|Planeコンポーネント

2つの平面の交線を出力する。 
C

Intersect>Mathematical>Plane|Plane|Plane

Plane|Plane|Planeコンポーネント

3つの平面の交線を出力する。
B

Intersect>Mathematical>Contour

Contourコンポーネント

外形線を作成する。
C

Intersect>Mathematical>Contour(ex)

Contour(ex)コンポーネント

外形線を作成する。
C

Intersect>Mathematical>Plane Region

Plane Regionコンポーネント

作業平面同士の境界曲線を出力する。
C

Intersect>Mathematical>IsoVist

IsoVistコンポーネント

衝突判定を行う。
C

Intersect>Mathematical>IsoVist Ray

IsoVist Rayコンポーネント

衝突判定を行う。

Physical

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B

Intersect>Physical>Curve|Curve

Curve|Curveコンポーネント

2つの曲線の交点を出力する。
C

Intersect>Physical>Curve|Self

Curve|Selfコンポーネント

曲線の自己交差の点を出力する。
B

Intersect>Physical>Multiple Curves

Multiple Curvesコンポーネント

曲線同士の交点を出力する。
A

Intersect>Physical>Brep|Brep

Brep|Brepコンポーネント

2つのBrepの交線を出力する。
B

Intersect>Physical>Brep|Curve

Brep|Curveコンポーネント

Brepと曲線の交線を出力する。
B

Intersect>Physical>Surface|Curve

Surface|Curveコンポーネント

サーフェスと曲線の交点を出力する。
A

Intersect>Physical>Surface Split

Surface Splitコンポーネント

サーフェスを曲線群で分割する。
C

Intersect>Physical>Mesh|Curve

Mesh|Curveコンポーネント

メッシュと曲線の交点を出力する。
C

Intersect>Physical>Mesh|Mesh

Mesh|Meshコンポーネント

メッシュ同士の交線を出力する。
C

Intersect>Physical>Collision Many|Many

Collision Many|Manyコンポーネント

オブジェクトの干渉チェックを行う。
C

Intersect>Physical>Collision One|Many

Collision One|Manyコンポーネント

オブジェクトの干渉チェックを行う。

Region

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Intersect>Region>Trim with Brep

Trim with Brepコンポーネント

Brepで曲線をトリムする。
C

Intersect>Region>Trim with Breps

Trim with Brepsコンポーネント

複数のBrepで曲線をトリムする。
C

Intersect>Region>Trim with Region

Trim with Regionコンポーネント

2次元領域で曲線をトリムする。
C

Intersect>Region>Trim with Regions

Trim with Regionsコンポーネント

複数の2次元領域によって曲線をトリムする。
C

Intersect>Region>Split with Brep

Split with Brepコンポーネント

Brepで曲線を分割する。

 

C

Intersect>Region>Split with Breps

Split with Brepsコンポーネント

複数のBrepで曲線を分割する。

 

Shape

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
A

Intersect>Shape>Solid Difference

Solid Differenceコンポーネント

2つのBrepのセットにおいて差のブール演算を実行する。
A

Intersect>Shape>Solid Intersection

Solid Intersectionコンポーネント

2つのBrepのセットにおいて積のブール演算を実行する。
A

Intersect>Shape>Solid Union

Solid Unionコンポーネント

2つのBrepのセットにおいて和のブール演算を実行する。
A

Intersect>Shape>Trim Solid

Trim Solidコンポーネント

Brepをソリッドで分割する。
B

Intersect>Shape>Boundary Volume

Boundary Volumeコンポーネント

複数のオブジェクトの境界面からソリッドを出力する。
A

Intersect>Shape>Split Brep

Split Brepコンポーネント

Brepを分割する。
A

Intersect>Shape>Split Brep Multiple

Split Brep Multipleコンポーネント

Brepを複数のオブジェクトで分割する。
A

Intersect>Shape>Region Difference

Region Differenceコンポーネント

2つの閉じた平面曲線間のセットに対して差分を抽出する。
A

Intersect>Shape>Region Intersection

Region Intersectionコンポーネント

2つの閉じた平面曲線間のセットに対して交差部を抽出する。
A

Intersect>Shape>Region Union

Region Unionコンポーネント

2つの閉じた平面曲線間のセットを結合する。
C

Intersect>Shape>Mesh difference

Mesh differenceコンポーネント

2つのメッシュのセットにおいて差のブール演算を実行する。
C

Intersect>Shape>Mesh Intersection

Mesh Intersectionコンポーネント

2つのメッシュのセットにおいて積のブール演算を実行する。
C

Intersect>Shape>Mesh Split

Mesh Splitコンポーネント

メッシュを分割する。
C

Intersect>Shape>Mesh Union

Mesh Unionコンポーネント

2つのメッシュのセットにおいて和のブール演算を実行する。
C

Intersect>Shape>Box Slits

Box Slitsコンポーネント

Box同士のスリットを作成する。
C

Intersect>Shape>Region Slits

Region Slitsコンポーネント

曲線同士のスリットを作成する。

Brep|Brep

詳細1:入力したBrep同士の交線および交点を出力する。



Surface Split

詳細1:入力したSurfaceに対して、指定したCurveによって分割する。



Solid Difference

詳細1:Box(箱)とCylinder(円柱)の二種類が重なっている状態をコンポーネントに入力して見る。



詳細2:SolidDifferenceすると、AからBに入力したものを引き算した状態になる(RhinoのBooleanDifferenceの効果)。入力する順番によって、結果が異なることに注意。例は、BoxからCylinderを引き算した図。



詳細3:SolidDifferenceで、BからAを引き算した状態。例は、CylinderからBoxを引き算した図。


Solid Intersection

詳細1:Box(箱)とCylinder(円柱)の二種類が重なっている状態をコンポーネントに入力して見る。



 

詳細2:SolidIntersectionすると、BoxとCylinderのそれぞれの立体の干渉部分のみ残る状態になる(RhinoのBooleanIntersectionの効果)。


Solid Union

詳細1:Box(箱)とCylinder(円柱)の二種類が重なっている状態をコンポーネントに入力して見る。



詳細2:SolidUnionすると、BoxとCylinderのそれぞれの立体を足し算した状態になる(RhinoのBooleanUnionの効果)。サーフェスの開いたエッジ同士を結合するBrepJoinとは異なり、体積が干渉していれば行えることに注意。

Trim Solid

詳細1:箱と円錐の二つのBrepをTrimSolidコンポーネントに入力して見る。



詳細2:TrimSolidすると、SからTに入力したものを引き算した状態になる。例は、円錐から箱形状を引き算した図。ブーリアンではなく分割されるだけなので、分割された箇所は面が作成されずOpen Brepになるので注意が必要。



詳細3:Bakeした状態。上部の面が無い開いた状態になっていることを注意すること。


Split Brep

詳細1:Brep(円柱)をサーフェスを使い分割して見る。



詳細2:Split Brepを使うことで指定した箇所(この場合はサーフェス)で分割することができる(RhinoのSplitの効果)。ブーリアンではなく分割されるだけなので、分割された箇所は面が作成されずOpen Brepになるので注意が必要。例では、分割後分かりやすくするために、下側の円柱のみZ方向に-5移動している。


Split Brep Multiple

詳細1:円柱をBrepに、複数のサーフェスをSurfaceコンポーネントに読み込んだ状態。



詳細2:Split Brep Multipleは、指定した箇所(複数のサーフェス)で分割される(RhinoのSplitの効果)。ブーリアンではなく分割されるだけなので、分割された箇所は面が作成されずOpen Brepになるので注意が必要。



詳細3:Bake後、分かりやすくする為に移動した例。


Region Difference

詳細1:入力した曲線同士で、ブール演算 差 を行う。

Aに入力した曲線が引かれる側となる。



Region Intersection

詳細1:入力した曲線同士で、ブール演算 積 を行う。



Region Union

詳細1:入力した曲線同士で、ブール演算 和 を行う。