GrasshopperのDisplayパネルにあるコンポーネントの機能を日本語で記載しています。緑のボタンをクリックで各グループ一覧にジャンプします。
左にあるA~Cは重要度で、Aが一番重要度の高いコンポーネントになります。

 

Colour

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Display>Colour>Colour CMYK

Colour CMYKコンポーネント

CMYKに0から1までの値を入力し、色(Colour)を作成する。CMYKはシアン、マゼンダ、イエロー、黒の4色。
C

Display>Colour>Colour HSL

Colour HSLコンポーネント

AHSLに0から1までの値を入力し、色(Colour)を作成する。AHSLはアルファ(透明度)、色相(Hue)、彩度(Saturation)、輝度(Luminance)の4つの値。
C

Display>Colour>Colour HSV

Colour HSVコンポーネント

AHSVに0から1までの値を入力し、色(Colour)を作成する。AHSVはアルファ(透明度)、色相(Hue)、彩度(Saturation)、明るさ(Value)の4つの値。
B

Display>Colour>Colour RGB

Colour RGBコンポーネント

ARGBに0から255までの値を入力し、色(Colour)を作成する。ARGBはアルファ(透明度)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の4つの値。
B

Display>Colour>Colour RGB(f)

Colour RGB(f)コンポーネント

ARGBに0から1.0までの値を入力し、色(Colour)を作成する。ARGBはアルファ(透明度)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の4つの値。
C

Display>Colour>Colour L*ab

Colour L*abコンポーネント

ALABに0から1.0までの値を入力し、Lab色空間の考え方で色(Colour)を作成する。ALABはアルファ(透明度)、輝度(Luminance)、A,Bの4つの値。
C

Display>Colour>Colour LCH

Colour LCHコンポーネント

ALCHに0から1.0までの値を入力し、色(Colour)を作成する。ALCHはアルファ(透明度)、色度(Chroma)、輝度(Luminance)、色相(Hue)の4つの値。
C

Display>Colour>Colour XYZ

Colour XYZコンポーネント

AXYZに0から1.0までの値を入力し、色(Colour)を作成する。AXYZはアルファ(透明度)、XYZの各座標の範囲の4つの値。
C

Display>Colour>Split AHSL

Split AHSLコンポーネント

色(Colour)をAHSLのそれぞれの値に分解する。AHSLはそれぞれアルファ(透明度)、色相(Hue)、彩度(Saturation)、輝度(Luminance)。
C

Display>Colour>Split AHSV

Split AHSVコンポーネント 

色(Colour)をAHSVのそれぞれの値に分解する。AHSVはそれぞれ、透明度(Alpha)、色相(Hue)、彩度(Saturation)、明るさ(Value)。
B

Display>Colour>Split ARGB

Split ARGBコンポーネント

色(Colour)をARGBのそれぞれの値に分解する。ARGBはそれぞれ、透明度(Alpha)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)。

Dimensions

 コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

 重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B

Display>Dimensions>Text Tag

Text Tagコンポーネント

点(Location)、表示したい文字(Text)、色(Colour)を指定することで、Rhinoのビューポート上の特定の位置に文字を表示する。

B

Display>Dimensions>Text Tag 3D

Text Tag 3Dコンポーネント

平面(Location)、表示したい文字(Text)、大きさ(Size)、色(Colour)、平面上の位置(Justification)を指定することで、Rhinoのビューポート空間上の特定の位置に文字を表示する。
B

Display>Dimensions>Aligned Dimension

Aligned Dimensionコンポーネント

点A(Point)と点B(Point)の間の長さを、指定した平面(Plane)上に表示する。オプションで寸法を離して表示(Offset)、寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更などもできる。
B

Display>Dimensions>Line Dimension

Line Dimensionコンポーネント

直線(Line)を入力し、その間の距離を表示する。寸法の桁数を書式で指定したり(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更などもできる。
C

Display>Dimensions>Linear Dimension

Linear Dimensionコンポーネント

点A(Point)と点B(Point)を直線(Line)に投影した距離を表示する。オプションで寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更などもできる。
C

Display>Dimensions>Marker Dimension

Marker Dimensionコンポーネント

直線(Line)を矢印の注釈に見立てて表示する。書式で表示する座標や桁数(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更できる。書式は、標準ではZ={2:0.0}(XYZが0,1,2と、0.0が小数点一桁という意味なので、直線の始点のZ座標を一桁まで表示する)。
C

Display>Dimensions>Serial Dimension

Serial Dimensionコンポーネント

複数の点(Point)の始点からの距離を、直線(Line)上に連続して並べて表示する。オプションで寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更などもできる。
C

Display>Dimensions>Angular Dimension

Angular Dimensionコンポーネント 

中心点(Center)、通過する点A(Point)と点B(Point)を入力し、間の角度を表示する。オプションで寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)、向きを反転するかどうか(Reflex)をTrue・Falseでも入力可能。
C

Display>Dimensions>Arc Dimension

Arc Dimensionコンポーネント

円弧(Arc)を入力し、中心からの回転角度を表示する。オプションで寸法を離して表示(Offset)、寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更などもできる。
C

Display>Dimensions>Angrular Dimensions(Mesh)

Angrular Dimensions(Mesh)コンポーネント

メッシュ(Mesh)を入力し、各コーナーの角度を表示する。寸法の大きさ(Size)、表示する位置(Factor)、表示する最小・最大の角度なども指定可能。
C

Display>Dimensions>Circular Dimension

Circular Dimensionコンポーネント

円(Circle)と点A(Point)、点B(Point)を入力し、中心からの回転角度を表示する。オプションで寸法の桁数を書式で指定(Text)、寸法の大きさ(Size)を変更もできる。
B

Display>Dimensions>Make2D

Make2Dコンポーネント

Brepやメッシュ、曲線などのジオメトリを入力し、カメラビュー(View)を指定することで、3Dオブジェクトを2Dの曲線として出力する。計算する時は、コンポーネント下部のボタンを押す。またクリッピング平面(Plane)や、正接するエッジや継ぎ目を出力するかどうかをTrue・Falseで指定もできる。
B

Display>Dimensions>Make2D Parallel View

Make2D Parallel Viewコンポーネント

2Dの矩形曲線(Projection)を入力し、その曲線から平行なカメラビュー(View)を作成する。
C

Display>Dimensions>Make2D Perspective View

Make2D Perspective Viewコンポーネント

カメラの基点(Camera)から2Dの矩形曲線(Frame)を見る形で、パースがついたカメラビュー(View)を作成する。
B

Display>Dimensions>Make2D Rhino View

Make2D Rhino Viewコンポーネント

Rhinoで使用しているビュー名(Name)を入力することで、カメラビュー(View)を作成する。

Graphs

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
C

Display>Graphs>Bar Graph

Bar Graphコンポーネント

入力した数値データを、棒グラフの形で表示する。それぞれの値の数やおおよその比率も表示される。
C

Display>Graphs>Legend

Legendコンポーネント

色(Colour)、表示(Text)と空間上の範囲(Rectangle)を指定し、Rhinoのビューポート上に表示する。
C

Display>Graphs>Pie Chart

Pie Chartコンポーネント

入力したデータごとにまとめて、円グラフでその比率を表示する。右下の〇箇所で円グラフの大きさを変更できる。
C

Display>Graphs>Quick Graph

Quick Graphコンポーネント

入力した数値データを、折れ線グラフの形で表示する。右クリックで低い順に並び替え(Sort Ascending)や高い順に並び替え(Sort Descending)というオプションもある。
B

Display>Graphs>Image Gallery

Image Galleryコンポーネント

一連の画像イメージをGrasshopperのキャンバス上に表示するコンポーネント。コンポーネントをダブルクリックし、Local Image Dataタブに画像をドラッグすることで、入力可能。指定した時間で複数の画像を切り替えたりなども可能。
C

Display>Graphs>Value Tracker

Value Trackerコンポーネント

一定時刻当たりの数値を収集する。

Preview

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B

Display>Preview>Create Material

Create Materialコンポーネント

標準の色(Diffuse)、ハイライト色(Specular)、透明度(Transparency)、輝度(Shiness)などの値を入力し、マテリアル(Material)を作成する。
B

Display>Preview>Custom Preview

Custom Previewコンポーネント

形状(Geometry)とマテリアル(Material)を入力し、Rhinoのビューポートで表示する。
C

Display>Preview>Cloud Display

Cloud Displayコンポーネント

点群(Points)、色(Colour)、大きさ(Size)を入力して、Rhinoのビューポート上で雲のようなものを表示する。Dotとは異なり、エッジがボケた表示になる。
C

Display>Preview>Dot Display

Dot Displayコンポーネント

点群(Points)、色(Colour)、大きさ(Size)を入力して、Rhinoのビューポート上でDotを表示する。BakeされたDotデータは球状のメッシュデータとなる。
C

Display>Preview>Symbol(Advanced)

Symbol(Advanced)コンポーネント

スタイル、大きさ(Size Primary)、オフセット値(Size Secondary)、回転値(Rotation)、中の色(Fill)、線の色(Edge)、線の幅(Width)などを入力し、シンボルを表示する情報(Display)を出力する。
C

Display>Preview>Symbol(Simple)

Symbol(Simple)コンポーネント

スタイル、大きさ(Size)、回転値(Rotation)、色(Colour)を入力し、シンボルを表示する情報(Display)を出力する。
C

Display>Preview>Symbol Display

Symbol Displayコンポーネント

点(Location)とシンボルの表示情報(Display)を入力し、Rhinoのビューポート上にシンボルマークを表示する。

Vector

コンポーネント

コンポーネントの場所

機能

重要度

テキスト表示

アイコン表示 コンポーネント名 「詳細…」をクリックで機能説明
B

Display>Vector>Point List

Point Listコンポーネント

入力した点(Points)のインデックスを数字で表示する。表示する大きさをSizeで指定できる。
C

Display>Vector>Point Order

Point Orderコンポーネント

入力した点群(Points)をインデックスの順番ごとに繋ぐ矢印で表示する。
A

Display>Vector>Vector Display

Vector Displayコンポーネント

表示をする始めの点(Anchor)とベクトル(Vector)を入力することで、Rhinoのビューポートで入力したベクトルを表示するコンポーネント。
B

Display>Vector>Vector Display Ex

Vector Display Exコンポーネント

表示をする点(Point)とベクトル(Vector)を入力することで、Rhinoのビューポートで入力したベクトルを表示するコンポーネント。通常のVector Displayコンポーネントに加えて色(Colour)、線の太さ(Width)も指定できる。

Colour RGB

詳細1:ARGBに0から255までの値を入力し、色(Colour)を作成する。ARGBはアルファ(透明度)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の4つの値。例ではCustom PreviewコンポーネントのMaterialに作成したColourを入力し、球に色を付ける設定をした状態。



詳細2:上記の設定で、色を表示した状態。RGB値で色を、A値で透明度が変化する。色は値が高いほど、色がより彩度が高くなる(全て255だと白色、全て0だと黒色)。透明度は0だと透明、255だと不透明になる。



詳細3:Grasshopperでは作成される色は、内部的に0から255の色値で計算される。またその際の表記はR,G,B(A)という表記になる。(Aは255以外の値が入力されたときのみ表記)


Colour RGB(f)

詳細1:ARGBに0から1までの値を入力し、色(Colour)を作成する。ARGBはアルファ(透明度)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の4つの値。入力値が違うだけで、使用法はColour RGBコンポーネントと同様なので、そちらを参照すること。



詳細2:RGB値で色を、A値で透明度が変化する。色は値が高いほど、色がより彩度が高くなる(全て1だと白色、全て0だと黒色)。透明度は0だと透明、1だと不透明になる。



詳細3:Colour RGB(f)は入力が0から1までの値だが、内部的に0から255の色値で計算される。またその際の表記はR,G,B(A)という表記になる。(Aは255以外の値が入力されたときのみ表記)



詳細4:メッシュのZ値座標をBoundsとRemapを使用し、0から1までの値に変換。その値を使用し色を作成し、MeshSprayでメッシュ頂点にグラデーションで色を付けた例。最後のMeshSprayをBakeすることで、頂点色がついたメッシュを取り出すこともできる。


Split ARGB

詳細1:色(Colour)をARGBのそれぞれの値に分解する。ARGBはそれぞれ、透明度(Alpha)、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)。また値が0に近いほど、より暗い色で出力される(透明度に関しては、0に近いほど透明)。例ではColour Swatchで色を指定してそれぞれの値に分解している。



詳細2:通常分解される値は、0から1の値で出力されるが、右クリック>Integer Channelsにチェックを入れることで、0から255までの値で出力することもできる。

Text Tag

詳細1:点(Location)、表示したい文字(Text)、色(Colour)を指定することで、Rhinoのビューポート上の特定の位置に文字を表示する。




詳細2:Text Tag 3Dと異なり、入力値に表示する大きさ(Size)を指定することができない。変更したい場合は、コンポートの上で右クリックから、サイズを指定し変更すること。


Text Tag 3D

詳細1:入力した作業平面の場所に、指定したテキストを表示させる。
テキストのサイズや作業平面に対する位置を変更することができる。



Create Material

詳細1:標準の色(Diffuse)、ハイライト色(Specular)、透明度(Transparency)、輝度(Shiness)などの値を入力し、マテリアル(Material)を作成する。表示する機能のコンポーネントなので、出力端子は存在しない。例では、Colour Swatchを使用し、色を指定している。



詳細2:Diffuseに入力する色が違う例。基本色が変わる。
Only draw preview geometry for selected objects にチェックが入っていると、選択色(Selected)に上書きされる為、チェックを切って使用すること。



詳細3:透明度(Transparency)が異なる例。0だと不透明、1だと透明になる。



詳細4:光沢度(Specular)が異なる例。0だと光らない、1だと広い範囲で光る、100だと光が当たった箇所でのみ光る。


Custom Preview

詳細1:形状(Geometry)とマテリアル(Material)を入力し、Rhinoのビューポートで表示するコンポーネント。表示する機能のコンポーネントなので、出力端子は存在しない。例では、Colour Swatchを使用し、色を指定している。



詳細2:Only draw preview geometry for selected objects にチェックが入っていると、選択色(Selected)に上書きされる為、チェックを切って使用すること。



詳細3:Create Materialコンポートと併せて使用した例。



詳細4:Rhino6以降では、Mの上で右クリック>Set One Material からRhinoで設定したマテリアルを読み込むこともできる。設定した際の情報を読みに行く為、Rhinoで再設定した際は、GHのSolutionメニュー>Recompute(ショートカットF5)を押すこと。


Point List

詳細1:入力した点(Points)のインデックスをRhinoの画面上で表示するコンポーネント。点が存在している座標にインデックス(階層の中の何番目のデータか)を表示する。



詳細2:Sizeはインデックスを表示する大きさ。比率ではないので、モデルサイズにより適切な値に変更する必要がある(上図のサイズは0.8だが、こちらはモデルが大きいので100に設定)。



詳細3:Nurbs Curveコンポーネントに点を繋ぐ際、どういった順番で点を通るかを確認している図。


Vector Display

詳細1:表示する始点(Anchor)と表示するベクトルを入力し、ベクトルをRhinoの画面内でプレビューする。画像では、X方向に3移動するベクトルを表示している。



詳細2:ベクトルが移動量を表すデータな為、始点の指定の仕方により、表示されるものが異なる。



詳細3:[EvaluateSurface]コンポーネントを使い、サーフェス上の点からそれぞれの法線方向のベクトルを表示した例。移動量などを視覚的に確認できるため、非常に重要なコンポーネントである。


Vector Display Ex

詳細1:ベクトル表示を開始する点(Point)とベクトル(Vector)を入力することで、Rhinoのビューポート上に入力したベクトルを表示する。通常のVector Displayコンポーネントに加えて色(Colour)、線の太さ(Width)も指定できる。例では、色を白に線の太さを5.0に設定している。



詳細2:Vector Displayコンポーネントは、色と線の太さの指定ができないので、より詳細な指定をしたい場合はVector Display Exコンポーネントを使用すること。



詳細3:点のX座標により、表示色を変化させた例。コンポーネントの詳細は次の図参照。



詳細4:Rectangleコンポーネントで四角形を作図。Pop2Dで点を四角形内にランダムに発生。X座標の値を抽出し、Remapコンポーネントで0から1に値を置き換えることで、点毎にベクトル色が変化するというアルゴリズム例。