Shinichi Sumikawa - Shinichi SUMIKAWA Design Office -

澄川 伸一 - 澄川伸一デザイン事務所 -

Works

Profile

東京新宿生まれ 
大阪芸術大学教授
澄川伸一デザイン事務所代表

千葉大学工学部卒
ソニーデザインセンター ウォークマン、ラジオ、TVなどのデザイン
ソニーアメリカデザインセンター 5年間ニュージャジー州駐在
1991年 澄川伸一デザイン事務所設立現在に至る

アメリカ駐在やバックパッカーでの世界58か国に滞在経験を応用して、「常識にとらわれない」をテーマに、文房具、子供の遊具、医療機器、伝統工芸など広いジャンルをデザイン 3DCAD ライノセラスをメインに、3Dプリントとキーショットを仕事のツールの軸として使用。

主な作品
TOKYO2020オリンピック・パラリンピック公式卓球台
RIO2016オリンピック・パラリンピック公式卓球台
滑り台遊具「マウンテン」 株式会社ジャクエツ iFデザイン賞受賞
アクアリウムシリーズ「ダンベル」株式会社竹中銅器 ドイツレッドドット賞受賞
Mamiya ZD 中判デジタル一眼レフカメラ ドイツミュンヘン機械博物館 永久展示品/グッドデザイン賞受賞
TOTO スーパーエクセレントバス PVZ1620/PVZ1700/PVZ1800
その他、国内外受賞多数

Q&A

Rhinoを導入した理由

ローコストの投資での光造形でのRPを実現できる点。 IGESによる設計サイドへの受け渡しと設計サイドからのソリッドDATAの読み込みがほとんど問題なくできる点。

Rhinoを使用するメリット

全体の調子を見ながら非常に早いスピードでモデリングができる。
曲面の操作の自由度がハイエンドCADなみに高い。ほかの二次元CAD、三次元CADとの互換性の高さ。ライノtoライノでの受け渡しの際のDATAの軽量化。

Why use Rhino?

Rhino can realize creating the rapid prototyping model with a minimum investment. It can transfer the data with IGES to the designing side and read the solid data from the designing side without any problems.

Advantage of Using Rhino

With Rhino, I can go on modeling very quickly while viewing the total balance. It has high performance of the free form modeling just like the high-end CAD system. Also, the data compatibility with other 2D or 3D CAD systems is excellent. And we can minimize the volume of the transfer data from Rhino to Rhino.