【集中講座】VisualARQのJIS鉄骨スタイルをGrasshopperで使用する

前回までは、梁や柱などのVisualARQスタイルをRhinoにインポート・エクスポートする方法や、Grasshopperで作成したスタイルをRhinoに取り込む方法を解説しました。

今回は、RhinoにインポートまたはRhino上で作成したスタイルライブラリをGrasshopperで使用する方法を解説します。

1.JIS鉄骨スタイルライブラリのインポート

ここでは、弊社で無償配布しているJIS鉄骨スタイルライブラリをRhinoにインポートします。
下記ページにてご利用のバージョンに合ったvalファイル(=VisualARQ Libraryファイル)をダウンロードしてください。

Rhinoを開き、メニュー「VisualARQ>スタイル>インポート…」を実行します。

「参照」からダウンロードしたvalファイルを指定し「次へ」。

インポートするスタイルにチェックを入れ「インポート」をクリックすると完了です。

梁スタイルと柱スタイルにJIS鉄骨ライブラリがインポートされたことが確認できます。

2.GrasshopperにスタイルをSetする

つづいて、RhinoにインポートしたスタイルをGrasshopperにSetします。

Grasshopperを開き、Params>Architectural styles>[Beam Style]を置きます。
(梁ではなく柱の場合は[Column Style]を使います、以降の手順は同様です)

[Beam Style]を右クリックし、Set one Beam Styleを実行するとダイアログが開きます。
Grasshopperで使用したいスタイル名を選び、「OK」を押します。

VisualARQ>03.Beam>[Deconstruct Beam Style]につなぐと要素が分解され、Sizes端子からスタイルに含まれるすべてのサイズが確認できます。

3.サイズを指定して使用する

Setしたスタイルから実際に使用するものを抽出します。

[List Item]を使ってSizesの中から使用するものを抽出します。
[Number Slider]などを使って何行目のデータを使うか(=インデックス番号)を選択します。

VisualARQ>03.Beam>[Beam Style]につなぐと、一旦要素を分解したスタイルを再度スタイルとして使用できるようになります。Name端子やProfile端子は元の値をそのまま引き継ぎます。

VisualARQ>03.Beam>[Beam Options]のStyle端子に入力し、
VisualARQ>03.Beam>[Beam]のOptions端子に入力すれば指定したスタイルの梁が生成されます。

Curve端子にフレームの曲線を入力すれば、スタイルを適用して3次元化できます。

断面の向きは、入力したCurveの方向に依存します(FrameのX軸方向が梁断面のX軸方向となります)。
方向を調整する場合はCurveのFrame(Plane)の方向に注意しましょう。
梁の断面の向きは、[Beam Options]のRotation端子でも指定できます。

▼動画でチェック!