Grasshopperで複数のR中心点・中心座標・R寸法を表示させる

Grasshopperを使った、「Rhino上にある複数のRの中心点および座標とR寸法を表示させる方法」をご紹介します。
一つのファイルに多くのR()が存在する場合などにお勧めです。
円弧で作成したカーブが対象です。自由曲線の場合は指定位置によってR値が異なるため適しません。

以下のghデータを使います(クリックでダウンロードできます)。Rhinoデータのサンプルもよろしければお使いください。
ArcDimension_201806.zip

①Rhinoを起動しコマンドプロンプトに「Grasshopper」と入力するか、
Rhino6であればバッタのアイコン(標準タブ右から2番目)をクリックでGrasshopperの画面を開きます。

②Rhino側で寸法を入れたい.3dmを開きます。

③Grasshopperの「File>Open Document…」で ArcDimension0614.gh を開きます。

④Crvコンポーネントを右クリック、Set Multiple Curvesを選択し、Rhino画面で必要なカーブを選択しEnterを押します。
多くの曲線を一度に選択したい場合は、あらかじめRhinoのステータスバー>フィルターで「曲線」のみを選択しておくことで、
ctrl+A(すべて選択)ですべての曲線のみを指定できます。

⑤デフォルトで小数点以下の桁数が2ケタに指定されていますが、変更したい場合はExpressionコンポーネントをダブルクリックし、
数字を2から希望の桁数に変更し、OKを押します。

⑥選択オブジェクトを表示するプレビュー設定にして、
GrasshopperのPointコンポーネント、TagコンポーネントをクリックでRhino側に表示してみます。

選択オブジェクトを表示するプレビュー設定

コンポーネントを選択したGrasshopper(左)とRhino(右)の表示。
緑で表示されているのがGrasshopperの選択および結果です。
  

⑦Rhinoデータとして保存したい場合は右クリックで「Bake」を選択し、希望のレイヤーを指定して実行します。

Bake後