Rhinoceros関連製品の「よくある質問」一覧です。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などをお調べいただけます。
右のタブから製品名などを選択すると、表示項目を絞ってご覧いただけます。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントなどは「Tips集」に記載しております。

Rhino関連製品: OS対応状況 2019

Rhino並びに関連プラグイン製品のOS対応状況は、下表の通りです。(2019年7月31日現在)   ※プラグインはRhino for Macには対応しておりません。 Rhino導入ご検討の方、OS入れ替え等、ご利用環境の変更をご検討の方は、是非ご参考ください。

Rhino6: よくある質問 ~はじめてのRhino

Q: Rhinoceros(ライノセラス、以降Rhino)の最新バージョンはいくつですか。Grasshopper(グラスホッパー)は使えますか。 A: Windows版、Mac版ともにRhino6が最新です。どちらもGrasshopperを標準搭載しています。ただしGrasshopperのプラグインはRhino fo...

Rhino6: インストールの流れ~ライセンス認証方法を選択

ここでは初めてRhino6をインストールする際の流れを記載しています。 ライセンス認証方法は下記の4つがあり、Rhinoインストール時または起動時にどれで使用するかを選択します。 各項目をクリックすると関連ページが新しいタブで開きます。 関連ページ: Rhino6: ライセンス運用比較表

Rhino6: ライセンス運用比較表

Rhino6における3つのライセンス運用方法(Rhino アカウント(Cloud Zoo) / Stand-Alone / Zoo)の比較表です。  Rhinoアカウント(Cloud Zoo)個人・チーム 対象 ・ライセンスを複数人で使用する企業・団体・教育機関(推奨・チーム)。...

Rhino6 for Mac : インストール~ライセンス認証(Stand-Alone)

Rhino6 for Mac をStand-Alone(個人の1台のPCのみ)で使用する場合のインストール方法~ライセンス認証の手順をご案内します。 1)インストールプログラムをダウンロード こちらよりインストールプログラムをダウンロードください。 2)インストールプログラムを起動 ダウンロードしたインストール...

Rhino6 for Mac : インストール~ライセンス認証(Rhinoアカウント/個人)

Rhino6 for Mac を個人のRhinoアカウント(CloudZoo)で管理する場合のインストール方法~ライセンス認証の手順をご案内します。 ※インターネットの接続が必要です。 1)インストールプログラムをダウンロード こちらよりインストールプログラムをダウンロードください。 2)インストールプログラム...

Rhino6 for Mac : インストール~ライセンス認証(Rhinoアカウント/チーム)

Rhino6 for Mac をRhinoアカウント(CloudZoo)でチーム管理する場合のインストール方法~ライセンス認証の手順をご案内します。 ※インターネットの接続が必要です。 ※教育版ライセンスはチーム作成ができませんので、Rhinoアカウント/個人の手順をご覧ください。 1)インストールプログラムを...

Rhino6 for Mac : インストール~ライセンス認証(Zoo)

Rhino6 for Mac をZooで管理.・使用する場合のインストール方法~ライセンス認証の手順をご案内します。 ZooとはRhinoをフローティング運用するためのライセンス管理ソフトです。ZooをMacにインストールする事はできませんのでご注意ください。Zooでのフローティング運用が可能な製品についてはこちらを...

Rhinoceros: ユーザー登録について

ユーザー登録はお済みですか?弊社取扱い製品の正規ユーザーとして登録いただきますと、 ・ ライノ最新情報を、開発元よりニュースレターで配信 ・ サービスリリースのダウンロード ・ ライノ最新バージョン開発版のダウンロード を行うことができます。 また、プログラムのインストールに必要なライセンスキーの紛失等の...

Rhino5,Rhino for Mac: バリデーションに失敗: 明日再度行ってください

Rhinocerosのライセンスバリデーション(ライセンス認証)を実施した際、 画像のメッセージが表示され、お手続き完了できないことがあります。 Windows版ライノ Mac版ライノ このメッセージが表示された場合は、お手数ではございますが、時間をおいて、再度バリデーションをお試しいただくか、 ...

Rhino for Mac: よくある質問

Rhino6 for Mac(Mac版ライノセラス)に関して、製品、インストール方法等、よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。 ▶ 製品について Q1: Rhino6 for Windowsとの違いは何ですか? A1: プラグイン環境、レイアウトやアニメーション等、一部の機能が搭載されていません。 (今後...

Rhino5 for Mac: インストール方法

Rhino for Mac(Mac版ライノセラス)のインストールは、プログラムをダウンロードした後、インストール作業を行います。 詳細な手順は、以下をご参照ください。 ※ 製品版をご購入され製品版ライセンスキーをお持ちで、お使いのPCに、Rhino for Mac評価版をインストール済みの方は、 こちらをご覧いた...

Rhino for Mac: 評価版から製品版へ

Rhino for Macは、製品版、評価版ともに同じプログラムを使用しています。 評価版を試用されている方は、下記手順を行って、お使いの評価版を、製品版に切換えることができます。 ※ 製品版ご購入後、再インストールの必要はありません。 1) Rhino for Macを起動。 2) Rhinocerosメ...

Rhino5 for Mac: ライセンスバリデーション(オンライン編)

Rhino5 for Macをインストールして、初めてモデルファイルを開くと、「ライセンスバリデーション」(*1)の画面が表示されます。 (*1)「ライセンスバリデーション」とは、インストールしたRhinoを利用できるよう、開発元とインターネットを経由して、お持ちのライセンスを認証いただくお手続きです。バリデーシ...

Rhino5 for Mac: ライセンスバリデーション(オフライン編)

Rhino5 for Macでのオフラインバリデーションの手順をご案内いたします。 ※オフラインバリデーションは、インターネット接続可能なPCで、Rhino開発元専用ページより、認証に必要な20桁の英数字(バリデーションコード)を取得した後、RhinoをインストールしたPCに入力します。 <Rhinoをインストール...

Rhino5 for Mac: ライノをフローティング運用 ~Zooの設定方法

Rhino5 for Macを、ライセンス管理ソフトウェア「Zoo」(*)を用いて、フローティング形態で運用する手順をご案内いたします。 (*) Zooは、ライセンスを一元管理して、フローティング化するソフトウェア(無償)です。Zooと同じネットワークに所属するPC間で、ライセンスを移動することができます。ライセンス...

Rhino for Mac: ガムボールや直行モードなどのツールバーが表示されない

Rhino for Macでは、モデリングに使用する様々な機能を画面上のインターフェイスから選択し、機能を切り替えて使用することが出来ます。 しかしRhinoやMacOSのアップデート時に、ガムボールや直行モード、平面モードを切り替えるツールバーが表示されなくなるという不具合が報告されております。 その場合は、...

Rhino for Mac: 表示が一部英語になる現象について

Rhino for Macでは、複数の言語からインターフェイスの表示を切り替えて使用することが可能です。 しかしOSのアップデートをされた際、Rhino for Macのバージョンとの組み合わせによってインターフェイスの一部が英語になってしまう現象が報告されております。(MacOS High Sierra 10.13...

Rhino for Mac: PDFの出力について

Rhino for MacでのPDFの出力(エクスポート)について説明いたします。 Rhinoで扱う3Dや2Dデータなどのジオメトリデータは通常、上部メニューのファイル>選択オブジェクトをエクスポート から、エクスポートするオブジェクトの種類(拡張子)を決定し、エクスポートをします。 ただし、Rhino fo...

Rhino for Mac: ツールバーのインポート・エクスポートについて

Windows版のRhinocerosにはツールバーを管理する単体のファイル(Rhinoceros4ではtb、5ではrui)やそのファイルを出力する為のインターフェイスがありますが、Mac版のRhinocerosにはツールバーを出力する為のインターフェイスがありません(Macではオプションを保存するplistファイルの...

Rhino for Mac: コマンドとショートカットのカスタマイズ

Rhino for Macでのツールパレットやキーボードショートカットのカスタマイズ方法をご紹介します。 ※ OS X 10.11(El Capitan)上でRhinoをご利用の場合、ソフトウェアの障害により、現在カスタマイズを行うことができません。 詳細は、こちらをご覧ください。 ツールパレットとショートカット...

Rhino for Mac: ひと文字目がタイプ入力できない

Rhino for Macで、コマンドボックスに、ひと文字目がタイプ入力できない事象が報告されています。 詳細並びに対処策は以下のとおりです。 ■ 事象の内容 コマンドを選択後、キーボード入力した際、コマンドボックスがひと文字目を認識しない。 ■ 対象リリース Rhino 5 for Mac 5.0/5....

Rhino for Mac: ビューポートが4画面で表示されない

Rhino5 for Mac「5.3」において、ビューポートが4画面で表示されない事象が報告されています。 ■ 事象の内容 新規モデルファイルを開くと、ビューポートの縦の境界線が、画面左(画像の白い矢印の位置)に移動して、4画面で表示されない。 (境界線をドラッグすることにより、4画面で表示可能) ■ 対象...

Rhino for Mac: Pythonスクリプトエディタ-

Rhino 5 for Macは、Windows版Rhinoと異なり、Pythonスクリプトのエディターが用意されていないため、 Mac版のスクリプト編集には、Atom Text Editorを使用します。   ここでは、Atomエディターのインストール方法をご紹介します。 なお、Atomの詳細やお問...

Rhino for Mac: コマンドセットが複製できない

ツールパレットやショートカットのカスタマイズを行う際に必要なコマンドセットの複製ができない事象が報告されています。 ■ 事象の内容 「コマンドエディタ」画面のメニューで、「複製」が選択できず、デフォルトのコマンドセットが複製できない。 ■ 事象の発生するOS OS X 10.11(El Capitan) ...

Rhino for Mac: iMac 5Kモデルでクラッシュ

iMac 5Kディスプレイモデルで、最新macOS Sierra上において、 Rhino5 for Macがクラッシュする事象が報告されています。 ■ 事象の内容 ファイルを開くと、Rhinoがクラッシュする。 ■ 対象リリース Rhino 5 for Mac ■ 事象の発生するOS macOS 10.1...

Zoo6: インストール方法~ライセンス登録

Zoo 6のインストール・設定 Zoo6は、Mac版Rhinoに対応したZoo最新バージョンです。Windows版Rhino5もお使いいただけます。 Zoo6対応の製品は、こちらをご参照ください。 Zooは、Rhinoと同じネットワーク上に所属する「Windows PC1台」に設定します。 ※ Zoo...