Rhino6 for Mac : インストール~ライセンス認証(Stand-Alone)

Rhino6 for Mac をStand-Alone(個人の1台のPCのみ)で使用する場合のインストール方法~ライセンス認証の手順をご案内します。

1)インストールプログラムをダウンロード
こちらよりインストールプログラムをダウンロードください。

2)インストールプログラムを起動
ダウンロードしたインストールプログラムをダブルクリックします。

※画像は2019年8月現在のプログラムです。

3)[同意します]をクリックします。

4)インストール開始
表示されたウィンドウのRhinoアイコンをApplicationsアイコンにドラッグしインストールを開始します。

Rhino5がインストールされているMacでは以下の画面が表示されます。
Rhino5を削除する場合は[置き換える]を、残す場合は[両方とも残す]をクリックします。


5)インストール完了
インストール完了後、デスクトップもしくはFinderのアプリケーションにアイコンが表示されます。

Rhino5がインストールされているMacでは[Rhinoceros 2]のように番号が振られます。

アイコンをダブルクリックし、Rhino6を起動します。
確認画面が表示されますので[開く]をクリックします。

6)ライセンスの使用方法を選択
起動すると「ライセンス検証」画面が表示されますので、「ライセンスキーを入力」をクリックします。

セキュリティ警告が表示される場合はMacにログインする際のパスワードを入力します。

7)Rhino6のライセンスキーを入力します。

8)「このコンピューターで使用する」を選択し、その後のメッセージ画面にて「Yes」を選択します。

9)ライセンスバリデーションをオンライン、またはオフラインで行います。
・オンラインバリデーション
E-mailアドレスを入力します。以前と異なるものをRhinoアカウント等で入力した履歴がある場合、
「同じメールアドレスを使用してください」という表示がでますので、 以前使用したものをご入力ください。
不明な場合はサポートにお問い合わせください。

※アップグレードライセンスの場合
旧バージョンのライセンスキーの入力を促す画面が表示されます。
アップグレード元のライセンスキーを入力してください。

各項目を入力し、続行を選択し、完了させます。

・オフラインバリデーション
※オフラインバリデーションでは、バリデーションコードを取得するためにネットに接続可能なPCを用意する必要があります。
①インターネントに接続されていない場合はメールアドレスを入力後オフラインバリデーションを行う項目が表示されるので、
「バリデーションコードを手動で取得」をクリックします。

②バリデーションコードの取得に必要な情報が表示されます。

③ネットに接続可能なPCで下記リンク先に接続し、バリデーションコードを取得します。
https://www.rhino3d.com/validate
各項目にそれぞれ入力します。

④デバイス名・デバイスIDを入力します。
各コードは先ほどのオフラインバリデーションの画面に記載されたものを使用します。
入力し終えたら次へをクリックします。

⑤バリデーションコードが表示されるので、バリデーションコードをコピーしておきます。

⑥オフラインバリデーションの「続行」をクリックし、先ほどコピーしたバリデーションコードを入力します。
入力しおえたら「続行」をクリックし、バリデーションを完了します。

セキュリティ警告が表示される場合はMacにログインする際のパスワードを入力します。

バリデーションが完了すると、その後Rhino6がお使いいただけます。