建築3D断面図

レベルマネージャーからのレベルの可視性とセクションマネージャーからのセクションの有効化を使用して、モデルをリアルタイム断面図で表示します。

 

  • 優れた建築断面図:
    セクションビューとショットレンダリングからモデルを表示します。建築断面図を描くのに最善の方法です。

 

  • 垂直セクション:
    セクションマネージャーからセクションラインを選択して、モデル内のセクションをアクティブにします。セクションは、ジョグドセクションラインからも起動できます。

 

  • 水平セクション:
    レベルマネージャーから任意のビューポートでレベルを表示および非表示にするか、レベルカット面をアクティブにします。

 

  • クリッピング平面:
    クリッピング平面オブジェクトは、特定のビューポートのジオメトリを視覚的に切り取るための無限面を表します。

 

  • プロジェクトモデリングの改善:
    セクションとレベルを切り出し、平面を切り取り、建物の内部から作業します。オブジェクトの選択と編集が容易になります。

 


表示モード

RhinoとVisualARQは、最良のワークフローのためにビューポートの外観を管理するさまざまな表示モードを提供します。

 

  • 標準の表示モード
    ワイヤーフレーム、シェーディング、レンダリング、ゴースト、X線、テクニカル、アーティステック、ペン…

 

  • 非表示モード
    建築図を表示することを目的としています。リアルタイムのシルエット、折り目、境界を使用します。他のオブジェクトの背後にあるオブジェクトは遮蔽されます。

 

  • コンセプチュアル&リアリスティック表示モード:
    照明設定を改善し、リアルなシルエットと曲面の輪郭を表示し、輪郭に厚さの変化を適用し、レイヤーごとにオブジェクトの透明度を制御する魅力的な表示モード。リアリスティック表示モードでは、オブジェクトのテクスチャが表示され、影がアクティブになります。

 

  • 完全カスタマイズ可能:
    ライト、シャドウ、背景、色、エッジの太さ、可視性オプションなど、多くのパラメータを使用して、目的の表示モードを作成できます。

 


レンダリング

マテリアル、テクスチャマッピング、背景を割り当て、ライトを追加し、リアルで芸術的な建築ビューを生成します。Rhinoには独自のレンダリングエンジンが用意されていますが、他のものを使用することもできます。

  • Rhino render
  • V-Ray for Rhino
  • Flamingo nXt
  • Maxwell render
  • Brazil
  • Thea render for Rhino
  • Neon

 


VisualARQ2.0:Flexible BIM 主な特徴 へ戻る