テーブルとパラメータ

すべてのVisualARQオブジェクトには、テーブルにリストすることができるネイティブ情報(名前、スタイル、面積、体積、高さなど)があります。しかし、どのような種類のオブジェクトに対しても新しいパラメータを作成し、表にリストすることができます。

 

  • 新しいカスタムパラメータ:ビデオ

ドキュメント、VisualARQオブジェクトスタイル、またはオブジェクトごとに個別に新しいパラメータを作成します。カスタムパラメータは入力され(数値、テキスト、ブール値など)、タグで表示できます。

 

  • 情報によるジオメトリのフィード:

新しいパラメータの値は、点、曲線、サーフェス、ポリサーフェス、ブロック、メッシュなどのVisualARQオブジェクト以外のジオメトリに割り当てることができます。

 

  • カスタムパラメータをIFCにエクスポート:

カスタムパラメータとそのジオメトリに割り当てられた値がIFCファイルに保存されます。

 

  • オブジェクト情報をテーブルに一覧表示する:

オブジェクトを定量化するための新しいテーブルスタイルを作成し、リストするオブジェクトタイプを定義し、テーブルプロパティフィールド(領域、長さ、ボリューム、カスタムパラメータなど)を定義します。オブジェクトをグループ化し、共通パラメータでオブジェクトの合計を表示します。(ビデオ

 

  • ダイナミックテーブル:

テーブルはモデルにリンクされています。モデルを編集すると、テーブル内に表示されている情報をupdateコマンドを使用して更新できます。

 

  • テーブルのエクスポート:

テーブルを作成したら、Excelおよび.csvフォーマットにエクスポートできます。

 


スペース、タグ、注釈

  • スペースの作成:

内側の点(壁や列でできた閉じた境界線)、曲線やサーフェスからスペースを挿入し、ラベル内の情報(名前、面積、周囲など)を確認します。スペースは、ラベルとハッチングパターンで2Dで表示され、破線のエッジを持つボリュームとして3Dで表示されます。

 

  • 空間要素の設定:

計算する際に考慮するエンティティに、すべてのジオメトリ要素(曲線、ポリサーフェス、VisualARQオブジェクト)を変換します。

 

タグコマンドは、各オブジェクトの下部にラベルを挿入し、参照されるテキストを表示します。タグは、オブジェクトのプロパティに従ってVisualARQオブジェクトの動的情報を表示できます。タグ形状(長方形、円形、六角形など)のリストが用意されていますが、ブロックの新しい形状も使用できます。

 

注釈オブジェクトは、2Dシンボル、テキスト、動的な2Dジオメトリ、または2D要素の組み合わせから作成可能です。それらはブロックから、またはGrasshopper定義から作成され、パラメトリックなデザインの制限はありません。


隠線ベクトル出力2D図面

VisualARQは、3Dビュー、水平および垂直断面から2Dでモデルを印刷するためのツールを提供します。(ビデオ

これらの図面は、モデル空間またはページレイアウトからの平面図、断面図または斜視図に表示された3Dモデルを印刷することによってリアルタイムで生成することができます。隠し表示モードを使用し、これらの図面をリアルタイムベクトル出力で印刷するだけです!

 

  • 平面図の表示:

レベルマネージャから表示するレベルを設定し、平面図を印刷します。

 

  • セクションビュー:

セクションマネージャーとセクションビューのセクションラインを選択して、セクションと標高を印刷するビューポートにします。

 

  • パースペクティブビュー:

3D表示を隠し表示モードにし、ベクトル出力で印刷します。

 


2D断面、立面図、平面図を作成する

VisualARQは、水平断面と垂直断面から動的な2D図面を生成するためのツールを提供します。 生成された2D図面は、平面上に投影された3Dオブジェクトを表し、それらは同じ表示属性および印刷属性を有します。これらの図面は3Dモデルにリンクされているため、変更があっても更新できます。

 

  • 2D平面図ビュー:

特定の平面図から2D平面図を挿入します。2Dの結果として得られたジオメトリは、平面図領域内にある可視3Dオブジェクトの投影とビュー深度(両方を編集可能)を示します。

 

  • 2D断面図:

選択した断面線から2D断面または高さを挿入します。2D結果のジオメトリは、セクション領域内にある可視3Dオブジェクトの投影と、セクション参照テキストを示します。

 

  • 立面図を開く:

モデル内の選択したすべての開口部(ドアと窓)の2D図面を作成します。平面図ビューには、主次元と、モデル内での位置を示す参照が表示されます。

 

  • オブジェクトレイヤーと2Dの属性:

セクションビューと平面図の2Dジオメトリは、それが表す3Dジオメトリのレイヤー、線の太さ、色、その他の属性を保持します。

 

  • 2D図面の作成:

2D図作成ツールは、ジオメトリを構成平面に投影して2-D図面を作成します。VisualARQの断面図や平面図とは異なり、3Dモデルの変更後に2D図面を更新しないでください。

 

  • .dwgにエクスポート:

これらの2D図面は、生成された線やハッチを処理するために.dwgにエクスポートするか、または展開することができます。

 


セクション属性

セクション属性は、RhinoおよびVisualARQオブジェクトの属性(フィーチャ)をセクションで表示および印刷の目的で決定します。これらのセクション属性は、カットプレーンとセクションをアクティブにするときの断面ジオメトリにも適用されます。それらは、平面図と断面図にも同様に表示されます。

 

  • セクション属性:

塗りつぶし色、線種、ラインプリント幅、ラインプリントカラー。パターンの種類、スケール、角度、色。
これらをRhinoの任意の種類のジオメトリに割り当てることができます。Rhinoのプロパティパネルのセクション属性アイコンからRhinoの任意のジオメトリ(サーフェス、ソリッド、メッシュ)にセクション属性を割り当てることができます。VisualARQオブジェクトは、各オブジェクトスタイルダイアログからスタイルによって割り当てられたセクション属性を取得することもできます。

 

  • クリッピング状態:
  • それはアクティブVisualARQセクション、レベルの切断面やRhinoのクリッピング平面で切断していないので、ステータスがオブジェクトで無効にすることができます。

 


豊富なCAD製図ツール

RhinoとVisualARQは、2D建築図、工事の詳細、あらゆる種類の注釈を作成するために必要なすべてのCADとDraftingツールを提供します。

 

  • 2Dジオメトリと協力:

ライン、ポリライン、長方形、多角形、円、楕円、制御点曲線、等…異なるコマンドでそれらを編集します:fillet, chamfer, offset, extend, trim, split, join, rebuild… カーブも制御点を介して編集することができます。

 

  • 寸法:

現在のモデルのフォント、数値書式、サイズ、矢印スタイル、配置設定を管理するスタイルによって定義された寸法を作成するためのコマンドが複数用意されています。

 

  • ハッチング:

パターンは、境界曲線から作成されます。

 

  • テキスト:

テキストコマンドは、素早く編集できる編集ボックスで2Dの注釈テキストを作成します。

 

  • リーダー、ドット、ノート:

プロジェクトのドキュメントを補完するための他の注釈があります。

 

  • 線種:

注釈線種は、現在のモデルの線種パターンを管理します。スケール、単位、パターンを定義するスタイルで管理され、新しいドキュメントにインポートすることができます。

 


VisualARQ2.0:Flexible BIM 主な特徴 へ戻る