外部参照

  • 外部参照:
    互換性のあるフォーマットのファイルを外部参照としてRhinoモデルに挿入し、他のユーザーが同じプロジェクトの部品を視覚化して開発できるようにします。リンクされ埋め込まれたファイルは、元のファイルが変更された後にブロックマネージャから更新することができます。

 

  • ワークセッション:
    ワークセッションは、複数のユーザーが大きなプロジェクトで作業できるようにします。プロジェクトを多数のファイルに分割することにより、あるユーザーがプロジェクトの一部を編集し、別のユーザーが別のファイルを編集することができます。1人のユーザーだけが編集可能なファイルを開くことができますが、多くのユーザーがそのファイルを見ることができます。(注:VisualARQオブジェクトとコマンドは、ワークセッションでは正しく機能しません。VisualARQ開発チームは、将来のバージョンでそれらをサポートするように努めています)。

 


DWGファイルのインポートとエクスポート

Rhinoは、AutoCAD図面(.dwg)ファイルをインポートおよびエクスポートできます。DWGは、いくつかのCADパッケージのネイティブフォーマットです。

  • インポート:
    Rhinoで.dwgファイルを開くだけです。現在のドキュメントに線、曲線、注釈を追加することができます。インポートされた2Dラインを使用して、押し出しコマンドを使用してVisualARQオブジェクト、Rhinoサーフェスおよびポリサーフェスを作成できます。

 

 

  • AcadSchemes:
    AutoCADエクスポートスキームの作成、保存、エクスポート、およびインポート。

 


IFC

VisualARQには、IFC 2×3ファイルを使用して、VisualARQおよびRhinoモデルを他のAECソフトウェアパッケージと交換することができるビルトインIFCインポートおよびエクスポートプラグインが含まれています。

IFCの詳細はこちらをご覧ください。

 


その他のファイル形式の互換性

.dwgと.ifcの他に、Rhinoはファイルを他のファイルタイプにインポートしてエクスポートすることができ、さまざまな目的のために他のソフトウェアとモデルを交換することができます。

次のリンクでサポートされているすべてのファイル形式を見ることができます:https://www.rhino3d.com/formats

 


Zoo:フローティングライセンス

VisualARQ Zooプラグインを使用すると、同じネットワークワークグループ上のユーザー間でVisualARQライセンス(プロダクトキー)を共有できます。

VisualARQ Zooプラグインの詳細はこちらをご覧ください。

 


VisualARQ2.0:Flexible BIM 主な特徴 へ戻る