VisualARQに、3Dモデリングおよび2Dドキュメンテーションに適した建築BIM機能と、
パラメトリックな建築オブジェクト機能が追加されました。
動画右下の設定ボタン(歯車マーク)から「字幕:日本語」を選択いただきますと、動画に日本語字幕が表示されます。

 

 

 

主な特徴

     
BIM機能   Grasshopperの統合   フリーフォームモデリング   強力なドキュメント

RhinoにBIMを追加します。オブジェクトスタイルによる情報やパラメータを制御、またチームとアプリケーション間の相互運用のためのIFC入出力が可能です。

  VisualARQ Grasshopperコンポーネントでワークフローを定義します。ビジュアルプログラミングを通じてオブジェクトとオブジェクトスタイルの作成を自動化します。   Rhino搭載のフリーフォームモデリング/ 自由形状のジオメトリをVisualARQで情報オブジェクトに変換します。   VisualARQ 3Dモデルからダイナミックで正確な2Dドキュメントを作成します。
     
 パラメトリックな建築物    簡単な管理と
ユーザーインターフェイス
   建築の視覚化   互換性
壁、カーテンウォール、梁、柱、開口部、階段などのBIMオブジェクトと、パラメトリックなプロパティとスタイルによって駆動されるその他のカスタムオブジェクトで作業します。   ユーザーフレンドリーなダイアログを使用して、レベル、セクション、レイヤー、シート、テンプレートなどでプロジェクトを整理します。   マテリアルの割り当てや、アクティブセクションにより、あなたのプロジェクトに素晴らしい建築ビューを生成します。   ファイル形式のサポート、フローティングネットワークライセンス、外部参照など。