Rhinoceros関連製品の「Tips集」一覧です。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントやテクニックなどを紹介しています。
右のタブから項目を選択すると、表示内容を絞ってご覧いただけます。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などは「よくある質問」に記載しております。

レイアウト機能について

ここではレイアウト機能について紹介します。 機能 作成したモデルを印刷する際に、印刷レイアウトビューポートを作成することで、 タイトルブロックや注記などの注釈を含めることができます。 ビューの操作 ビューをダブルクリックすることで、通常時のビューポートのように操作することができます。 ...

クリッピング平面/ClippingPlaneについて

ここではクリッピング平面の機能についてご紹介いたします。 機能 クリッピング平面コマンドを使用することで、 指定したビューポートにあるオブジェクトの表示を下記の画像のように、 切り取った状態で表示することができます。 1)クリッピング平面使用前 2)クリッピング平面使用後 3)...

ブロック機能について

Rhinoではブロックインスタンス機能を使うことで、①ファイルデータを軽くする、②元となるデータを変更することにより、リンク付けされたブロックインスタンスを一括して変更することができます。   元となる図 ブロックインスタンスを読み込み、コピーし配置した図 ...

RhinoにIllustratorのレイヤ情報を引き継いでインポートする

通常の方法で保存した.aiファイルは、RhinoからInportした際にレイヤ情報が引き継ぐことができません。 レイヤ情報を引き継ぎたい場合は、以下の方法でファイルを保存してください。 illustratorでファイルにレイヤを作成し、名前を付けます。 「ファイル>保存>保存」を実行し、[Illust...

エッジの便利な選び方

ライノは、ビューポートで、マウスの左ボタンを押しながらマウスをドラッグすると、ドラッグしてできた「窓」の中にあるオブジェクトが選択されます。 この方法は「囲み窓選択」「交差窓選択」と呼ばれますが、サーフェスのエッジにも使用することができます。 例えば、FilletEdge*コマンドでフィレットを作成する際、...

ヒストリーを記録すると...

左右対称の形状を検討する際等、 「ヒストリー」機能(作製履歴による編集)を活用してみてはいかがでしょうか? Rhinoのヒストリー機能は、機械系3次元CADに多く見られる"パラメトリック・フィーチャー"という設計履歴を記録するものと異なり、コマンド操作で使用する"オブジェクト"を記録しています。 例えば、...

オブジェクトスナップを使ってみよう

Rhinoを使い始めのうちは、狙った位置に曲線が描けなかったり、 曲線やサーフェス同士がきちんと繋がっていなかったり、位置がずれていたりと、思い通りにモデリングが出来ない時もあるかと思います。 そんな時は、”オブジェクスナップ”(Osnapとも呼ばれます。)機能を使ってみましょう。 オブジェクトスナップは、既存のオブ...

ポリゴンを減らす

ReduceMeshコマンド(*1)は、ポリゴンの数を減らします。 (*1) メッシュメニュー>メッシュ編集ツール>消去>頂点数を削減 選択したオブジェクトの現在のポリゴン数がこのコマンドのダイアログボックスにあるStarting polygon countで表示されます。 ポリゴンを減...

制御点の表示 / 非表示

Rhinoで作成したオブジェクト(曲線やサーフェス)の形状は、制御点 (コントロール・ポイント)と呼ばれる点を、マウスによるドラッグまたは「移動」コマンドなどで移動させることで変更可能で、オブジェクトの形状を部分的に変更したい場合や、寸法等を気にせず自由に調整したい場合に便利です。 形状を変更する時は、対象のオブ...

ナッジを使った移動操作

Rhinoで、オブジェクトや制御点を移動させる場合は、マウスのドラッグや移動コマンドなどの方法がありますが、より正確な移動を行いたいときは、ナッジ機能をお試しいただくと良いでしょう。 ■ナッジとは? ナッジは、キーボード操作で、オブジェクトや制御点を、設定した距離で移動させることができる機能です。 特に、制御点...

シェーディングをカスタマイズしよう

ライノセラス4.0は、シェーディングやレンダリングといった、ビューポート表示モードをカスタマイズすることができます。 ※ 画像のサンプル設定では、サーフェスの裏側に色を割り当てたり、オープンエッジの表示、ロックしたオブジェクトに透明効果等を行っています。画像の設定内容は、本投稿の一番下でご紹介しています。 ...

見えるものを選択する

オブジェクトを選択する機能を紹介します。 ※ サンプルは、Rhino 3Dモデル集「Savanna3D」より。 SelVisibleコマンドは、ビューポート内で、手前に配置されているオブジェクト、 つまり、シェーディング表示を行って、ビュー内で見えているもの(*)を選択します。 (*) サーフェス、ポリ...

Rhinoの便利な隠れ機能【TABキーで方向をロック】

【TABキーで、方向をロックする】 Rhinoは、キーボードのTABキーを押すことで、マウスカーソルの位置で、線を描く方向をロック(拘束)できます。 この機能を使用するには、Lineコマンドなどを実行して、1点目(始点)を指定した後、2点目をクリックする前にTABキーを押します。この時点で、1点目とマウスカーソ...

体積を測る。

ライノセラスで、モデルの体積を測るには、 サーフェスをすべて結合して「閉じた形状」にした後、 Volumeコマンド(*)を使用します。 (*) 解析メニュー>マスプロパティ>体積 計測の結果は、コマンドエリアに表示されます。 (現在開いているファイルに設定された単位を使用します) ...

”BoundingBox”と”1DScale”コマンド

自由曲線・曲面でモデリングをする形的には良いが、後で正確な大きさにしたい場合に有効な方法として”BoundingBox” と”1DScale”コマンドがあります。 下図は、ハートの形を描いたものですが、大きさは、34.12X33.56と切の悪い長さになっています。 これは、この大きさは、”BoundingBoxド...

Rhino5 – [Alt]キーでコピー他。

Rhinoceros5の[Alt]キーを使った便利な機能を紹介します。 ◆ オブジェクトをコピー オブジェクトをドラッグしながら、[Alt]キーを「1回だけ」押すと、 ドラッグを止めた位置に、オブジェクトをコピーします ([+]のマークが表示されると、移動先でコピーできます。 コピーをキャンセルするに...

体積計算について

オブジェクトの体積計算における注意点 オブジェクトの体積を正確に計算するにあたっての注意点を紹介します。 まず、対象のオブジェクトにオープンエッジがある場合 正確な体積計算が出来ないので、オープンエッジの有無を診断する必要があります。 (体積計算の方法につきましては、「体積を測る。」にてご覧頂けます。) ...