Rhinoceros関連製品の「Tips集」一覧です。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントやテクニックなどを紹介しています。
右のタブから項目を選択すると、表示内容を絞ってご覧いただけます。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などは「よくある質問」に記載しております。

クリッピング平面/ClippingPlaneについて

ここではクリッピング平面の機能についてご紹介いたします。 機能 クリッピング平面コマンドを使用することで、 指定したビューポートにあるオブジェクトの表示を下記の画像のように、 切り取った状態で表示することができます。 1)クリッピング平面使用前 2)クリッピング平面使用後 3)...

ブロック機能について

Rhinoではブロックインスタンス機能を使うことで、①ファイルデータを軽くする、②元となるデータを変更することにより、リンク付けされたブロックインスタンスを一括して変更することができます。   元となる図 ブロックインスタンスを読み込み、コピーし配置した図 ...

モデルのオモテにスナップしたい

ポリゴンモデル上の点にスナップしたいとき、 モデル裏側の点にスナップされてしまうことはありませんか? CullControlPolygon(制御ポリゴンの背面を省略)コマンドは、ビューのカメラが向いている側にある点を表示/非表示します。 操作は、CullControlPolygonコマンドを実行し、コマンド...

困ったときは「F1」キーと「Esc」キー。そしてコマンドプロンプト。

初めてRhinoを使用する方は、慣れないうちは操作に戸惑うことがあるかと思います。この時に便利なのが、ヘルプを立ち上げる「F1」キーの使用です。コマンドを実行して、オプションなどの使用方法がわからない場合は、キーボードの「F1」キーを押してみましょう。(コマンド実行後であれば、そのコマンドのヘルプ項目が表示されます。)...

エッジの便利な選び方

ライノは、ビューポートで、マウスの左ボタンを押しながらマウスをドラッグすると、ドラッグしてできた「窓」の中にあるオブジェクトが選択されます。 この方法は「囲み窓選択」「交差窓選択」と呼ばれますが、サーフェスのエッジにも使用することができます。 例えば、FilletEdge*コマンドでフィレットを作成する際、...

オブジェクトスナップを使ってみよう

Rhinoを使い始めのうちは、狙った位置に曲線が描けなかったり、 曲線やサーフェス同士がきちんと繋がっていなかったり、位置がずれていたりと、思い通りにモデリングが出来ない時もあるかと思います。 そんな時は、”オブジェクスナップ”(Osnapとも呼ばれます。)機能を使ってみましょう。 オブジェクトスナップは、既存のオブ...

ポリゴンを減らす

ReduceMeshコマンド(*1)は、ポリゴンの数を減らします。 (*1) メッシュメニュー>メッシュ編集ツール>消去>頂点数を削減 選択したオブジェクトの現在のポリゴン数がこのコマンドのダイアログボックスにあるStarting polygon countで表示されます。 ポリゴンを減...

自然な表情を – 「ゆらぎ」ツール

微妙にうねったようなガラスの表現は、弊社で公開しているRhino用プラグインツール「ACPDQ」を使用しています。 ※ Rhino4.0のUDT機能も活用しています。 このACPDQプラグインツールは、キレイに並んだ制御点を"ランダムに移動"(通称・ゆらぎ)することで自然な表情のサーフェスを作成することができま...

制御点の表示 / 非表示

Rhinoで作成したオブジェクト(曲線やサーフェス)の形状は、制御点 (コントロール・ポイント)と呼ばれる点を、マウスによるドラッグまたは「移動」コマンドなどで移動させることで変更可能で、オブジェクトの形状を部分的に変更したい場合や、寸法等を気にせず自由に調整したい場合に便利です。 形状を変更する時は、対象のオブ...

ナッジを使った移動操作

Rhinoで、オブジェクトや制御点を移動させる場合は、マウスのドラッグや移動コマンドなどの方法がありますが、より正確な移動を行いたいときは、ナッジ機能をお試しいただくと良いでしょう。 ■ナッジとは? ナッジは、キーボード操作で、オブジェクトや制御点を、設定した距離で移動させることができる機能です。 特に、制御点...

サーフェスが角ばって見える

Rhinoで、サーフェスをシェーディング表示した場合に、表面が角ばって見えたり、一部に凹凸が見えたり、サーフェス間に隙間が見えるといった経験はありませんか? 下の図のように、ワイヤフレーム表示では問題ないのに、シェーディング時に、サーフェスに凹凸や隙間が見える場合は、Rhinoのビュー表示機能に使用される表示用の...

シェーディングをカスタマイズしよう

ライノセラス4.0は、シェーディングやレンダリングといった、ビューポート表示モードをカスタマイズすることができます。 ※ 画像のサンプル設定では、サーフェスの裏側に色を割り当てたり、オープンエッジの表示、ロックしたオブジェクトに透明効果等を行っています。画像の設定内容は、本投稿の一番下でご紹介しています。 ...

スカラプティングについて

最近は、Grasshopper等を利用したコンピュテーショナルデザイン、モデリングが普及しはじましたが、Rhinoの本質は、NURBSの特性を利用した形状モデリングです。 その中でも、スカラプティングはまさにNURBS、非均一にコントロールポイントを配置して3次元的に編集することで、意図する形状を最小の数のコントロー...

サーフェスが重なっている部分

Rhino4.0は、同じ平面上に複数のサーフェスが存在する場合や、サーフェス同士が接するように重なる部分では、シェーディングやゴーストなどの各種ビュー表示を行った際、サーフェス同士が重なり合うように表示されます。 ※上の画像は、重複部分が存在するサーフェスに異なるレイヤ色を設定してシェーディングを行った例。 ...

連続性と次数

複数のサーフェス間に滑らかなブレンド面を生成する必要がある場合に使用されるコマンドに、BlendSrfコマンドとBlendCrvコマンドがあります。前者は、サーフェス間に直接ブレンド面を作成。後者はサーフェスのエッジ間に、ブレンドカーブを生成し、それに沿って、2レールスイープもしくは、ネットワークサーフェスでブレンドを...

Splopコマンドによるオブジェクトの変形配置

オブジェクトを、曲面形状をもったサーフェスに変形配置するコマンドに、Splopというものがあります。 Splopコマンドを実行し、対象となるオブジェクトを選択します。 事前に、対象オブジェクトに参照となる中心点と、外形の矩形を作り、中心点を通る線分を作成しておくと良いでしょう。 Splopして配置するサーフェ...

”BoundingBox”と”1DScale”コマンド

自由曲線・曲面でモデリングをする形的には良いが、後で正確な大きさにしたい場合に有効な方法として”BoundingBox” と”1DScale”コマンドがあります。 下図は、ハートの形を描いたものですが、大きさは、34.12X33.56と切の悪い長さになっています。 これは、この大きさは、”BoundingBoxド...

Projectコマンドを利用したオブジェクトの変形配置

「Splopコマンドによるオブジェクトの変形配置」 Splopは、オブジェクトを曲面形状を持ったサーフェスに変形配置するコマンドですが、 配置先のサーフェスに沿って変形した場合、オブジェクトの形状を歪めて配置します。 画像の紫色で表示されている様なオブジェクトを半球の中心に配置する際、Splopコマンドを...

作業平面の変更を利用したモデリング

Rhinocerosにおいて、作業平面はモデリングを行なう上で重要な要素の一つです。 デフォルトの状態では作業平面座標はワールド座標と同一ですが、この作業平面を巧く操作する事で、より多彩なモデリングが可能になります。 そこで今回は、下図の様な形状作成を例として、作業平面の位置と方向を、3点指定で変更する方法を紹介し...

オブジェクトの格子模様(アイソカーブ)の表示・非表示

ソリッドを作成した際の格子模様(アイソカーブ)の表示・非表示をする方法をご紹介します。 [表示] [非表示] <手順> 1)コマンドプロンプトにて「UseExtrusion」と入力しenterキーを押します。 2)「平面押し出し出力オブジェクトのタイプ」を聞かれますので、「ポリ...

サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付ける

サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付ける方法をご紹介いたします。   1)「変形>サーフェスに沿ってフロー変形」を選択します。 またはコマンドプロンプトにFlowAlongSrfと入力しenterキーを押します。 2)「サーフェスに沿ってフロー変形するオブジェクトを選択」と聞かれるので、 サ...

オブジェクトの滑らかさを視覚的に確認する方法。

フラットシェーディング/FlatShade こちらでは対象のオブジェクトの滑らかさを視覚的に確認する方法(フラットシェーディング)についてご紹介いたします。 概要 フラットシェーディング/FlatShadeとは、 現在のビューポートにおいて、それぞれのレンダリングメッシュ面が見えるようスムージングをしないで...

メッシュの設定について

こちらではメッシュオプションについてご紹介いたします。 メッシュの滑らかさを視覚的に確認する方法につきましては、こちらをご覧ください。 ※値が0の場合は設定がオフになります。 「密度」 ポリゴンのエッジを元のサーフェスにどれくらい近づけるかを0~1の間でコントロールします。 密度:0.1 ...

EdgeSrfにおけるUV方向について

ここでは、[EdgeSrf]コマンドを用いた際にどのようにUV方向が決定されるかを説明しています。 1)方向が時計周りの曲線を一番最初に選択したとき 2)サーフェスの「法線が上方向」を向き「V方向」は曲線の方向に準拠する。 上記のことから一番最初に選んだ曲線の方向が時計周りの場合、生成されるサーフェスの法...