Rhinoceros関連製品の「Tips集」一覧です。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントやテクニックなどを紹介しています。
右のタブから項目を選択すると、表示内容を絞ってご覧いただけます。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などは「よくある質問」に記載しております。

Flamingoチュートリアル用モデルのありか

ライノセラス用レンダリングソフト「フラミンゴ2.0」は、「Flamingo入門」というチュートリアルが、ヘルプに用意されており(*)、そこで使用するモデルは、下記フォルダー内にあります。 C:\Program Files\Rhinoceros 4.0\Japanese\Tutorials\Flamingo ...

Rhinoceros チュートリアル紹介④ プラグインツール編

Rhinoceros用プラグインツールのチュートリアルです。 ユーザーガイドやモデルの所在は、それぞれご案内しています。 ※ インストールCDの中は、Windowsの「コンピューター」で開いてください。 ▶ Flamingo2.0ユーザーガイド 写真のようなリアルなイメージを作成するレンダリングツールFla...

フラミンゴnXt – 設定パネル表示ツールボタン

Rhino4.0/Rhino5用レンダラー「フラミンゴnXt」は、「コントロールパネル」と呼ばれる設定画面を使って設定操作を行います。 この設定パネルは、メニューバーから表示しますが、以下のコマンドスクリプトを用いることで、ツールバーボタン、ショートカットキーやエイリアスからパネルの表示/非表示を行うことができま...

都市景観レンダリング

スタジアムのような大きな構造物は景観となる3次元データがあるとより説得力のあるイメージを与えることが出来ます。 下記のレンダリングは、福岡市市街の3次元データから、福岡ドームのある場所に60,000人以上観客を収容出来るサッカースタジアムを作るという仮定でモデリング・レンダリングしたものです。 中央のスタジアム...

ヘアライン(回転体)

Flamingo nXtでのヘアライン処理は基本的にFlamingoと変わることはありません。 今回は下図のようなホイール表面にヘラライン処理を施す方法を紹介します。 Flamingo nXtのマテリアルライブラリより「金属」-「アルミニウム」-「アルミニウム ポリッシュド-プレイン」を選択します。マテ...

テクスチャマッピングとUVの概念

レンダリングにおいて画像を利用したテクスチャマッピングは便利な機能ですが、意図した結果にならないことがあります。サーフェスのUVの概念を理解することにより解決出来るかもしれません。Rhinoレンダーでは、Rhinoオブジェクトでは簡単なテクスチャマッピングをサポートしています。一番簡単なマッピングの方法は、1枚のサーフ...

木目の調整

Flamingo nXtのマテリアルライブラリには、予め様々な材木種をテキスチャ設定された木材ライブラリがあります。木材には"木目"がありますが、モデルデータに木材ライブラリを設定する際には、木目方向を調整する必要があります。 3個の立方体に同じ木材マテリアルを設定した時、それぞれの面方向の木目は揃っていますが、...