Splopコマンドによるオブジェクトの変形配置

オブジェクトを、曲面形状をもったサーフェスに変形配置するコマンドに、Splopというものがあります。

Splopコマンドを実行し、対象となるオブジェクトを選択します。
事前に、対象オブジェクトに参照となる中心点と、外形の矩形を作り、中心点を通る線分を作成しておくと良いでしょう。
Splopして配置するサーフェス上にも、事前に点を生成しておきます。

対象オブジェクトの変形する範囲を指定するため、中心点と球の半径を指定します。
ここでは、オブジェクトスナップの端点を使用して範囲設定をしています。

次に、配置するサーフェスとその参照位置を指定し、球の範囲をドラッグで指定し、コマンドを確定します。

Splopコマンドは、オプションとして、元の形状を維持して配置するか、参照するサーフェスに沿って変形するかのオプションがあります。
初期設定は、”元の形状を維持=(いいえ)”
左の結果が、初期設定の状態、右の結果が、元の形状を維持した状態です。

次に、シリンダーにSplopコマンドで変形配置する例です。
これも、参照するサーフェスに参照点を置いておくとよいでしょう。

シリンダー形状のサーフェスにSplopコマンドを実行した例です。

最後に、球にSplopコマンドで変形配置する例です。
これも、参照する球に参照点を置いておきます。

球にコマンドを実行した例です。