Rhino5 – ライノ4.0風シェーディング


Rhinoオプションの「表示モード」では、シェーディングやレンダリング等、
各種シェーディング機能で表示させる内容を設定できます。

例えば、シェーディングで、背景色や線の太さ、点の大きさを変えて見やすくしたり、
サーフェスの裏側に色をつけて、法線の方向を一目でわかるようにしたりすることもできます。

この設定を利用して、Rhinoceros 5で、前バージョン「4.0」のようなシェーディングやレンダリング表示を行う、
表示モードを紹介します。

<シェーディング表示>

<レンダリング表示>

◆ 設定方法

Rhinoオプション(ツール>オプション)の「ビュー」-「表示モード」で、
以下の表示モード設定ファイルを[インポート]します。

・ シェーディングv4.ini = ライノ4.0風シェーディング
・ レンダリングv4.ini = ライノ4.0風レンダリング表示

上記表示モードの設定ファイルは、こちらからダウンロードできます。
※ Zip解凍した後、ご使用ください。

◆ 使用方法
ビューポートタイトルのメニューから、
使用する表示モードを(「シェーディングv4」、「レンダリングv4」)選択します。