オブジェクトスナップを使ってみよう

Rhinoを使い始めのうちは、狙った位置に曲線が描けなかったり、 曲線やサーフェス同士がきちんと繋がっていなかったり、位置がずれていたりと、思い通りにモデリングが出来ない時もあるかと思います。
そんな時は、”オブジェクスナップ”(Osnapとも呼ばれます。)機能を使ってみましょう。 オブジェクトスナップは、既存のオブジェクトの特定の点に、マウスカーソルを拘束させる機能です。 曲線やサーフェスの端点や中点、円の中心点など、設定した点の近くにマウスカーソルを近づけるだけで、自動的にその点を指定できるので、手早く正確なモデリングを行うことができます。

Osnapボタンを左クリックすると下図のようなツールが表示されます。

任意の点のボックス上で左クリックするとチェック(複数選択可)が入り、その点が有効になります。
無効にしたい点は、再度その点のボックス上で左クリックしてチェックを外します。
ボックス上で右クリックすることで、指定した点以外の点をまとめて無効することもできます。
なお、有効にした点を検出すると、ビューポート内にその点の名前が表示され、マウスカーソルがその点に拘束されます。

下図は、四半円点と接点を使って、楕円から円に接する線を作成した例