Mac版ライノの画面をWindowsライノ風に。

Mac版ライノ「Rhino5 for Mac」の操作画面は、カスタマイズ可能で、Windowsライノ風にも変更できます。
設定方法は以下をご参照ください。

[Mac版ライノ初期設定画面] [Windowsライノ風 操作画面]


<手順>

1) Rhinocerosメニュー>環境設定 から「テーマ」を選択します。

2) ”テーマ”(デフォルト=Mac版 初期設定、Windowsライク=Windows風)を選択して、
Rhinoを再起動すると、設定した操作画面に変更されます。

なお、最上部の画像右では、テーマに”カスタム”を設定して、
・ ウィンドウ上部に、「リボンバーを表示」、
・ コマンドサイドバー(画面左上)に、「コマンドダイアログオプションを使用」、
・ 「オブジェクトスナップパネル(画面左下)を…」からチェックを外す、
・ インスペクタサイドバー(画面右)のセクション数を「1」、
を設定後、マウスカーソルで画面左のツールバーを2列に移動しています。