Grasshopper – Voronoi パターンシミュレーション

Voronoi パターンを利用した建築モデリングの補足です。

”Reduceコンポーネント”の、S-入力に、数値を指定によって、乱数によって削除される点群が変わります。

左の例は、S-入力の、0から100までのスライダーを接続しています。これを変えていくと残される点群が変化してゆきます。

緑色の点が、初期値、白の点群が、乱数で削除されさらに、X-Y方向に乱数で移動させたもの。

ここで、スライダーを右クリックして、コンテクストメニューから、”Animate”を選択すると、スライダーの数値の変化に対応したアニメーション画像を作成出来ます。

画像出力するビュー、解像度、フレーム数を指定して画像を作成します。後は、ビデオエンコーダーを使用して、AVIやMPEGファイルを作成します。

もし”Bongo”を持っていれば、Bongoのビデオエンコーダーを使用しても良いでしょう。

数値スライダーの変化によって、ビューのイメージが変わって行きます。

このシミュレーションのアニメーション画像はYoutubeにアップされています。

Grasshopper – イントロ ~パラメータとコンポーネント~
Grasshopper – ポリラインからカーブへの変換
Grasshopper – コンポーネントの接続
Grasshopper – Panel コンポーネントの使い方
Grasshopper – スライダーの使い方
Grasshopper – データ編集
Grasshopper – One Point!コンポーネントの表示の制御
Grasshopper – サンプル アップロードその1、その2
Grasshopper – サンプル アップロードその3
Grasshopper – サンプル アップロードその4
Grasshopper – サンプル アップロードその5
Grasshopper – サンプル アップロードその6
Grasshopper – サンプル アップロードその7
Grasshopper – サンプル アップロードその8
Grasshopper – サンプル アップロードその9
Grasshopper – Voronoiパターンを利用した建築モデリング