Grasshopper – スライダーの使い方

イントロ ~パラメータとコンポーネント~の続きです。

初回(イントロ ~パラメータとコンポーネント~)は座標値を設定するのにNumberコンポーネントによってx,y,z各々の値を一義的に入力しました。

次に一旦Numberコンポーネントを全て消去して、「Params」タブからNumber Sliderコンポーネントをワークスペースに配置します。

配置した数値スライダーを右クリックすることにより、コンポーネント名称の変更や、スライダー値のタイプ変更(浮動小数点、整数、偶数、奇数)。


最大、最小値の設定を行うことができます。