Grasshopper – [Rotate]コンポーネントを用いた環状配列の方法

【Rotate系コンポーネントの度数指定の方法】について、記述しましたが、今回は[Rotate]コンポーネントの[Degrees]オプションを用いてオブジェクトを環状に配列する方法を紹介します。

オブジェクトを環状に配列するためには、回転するオブジェクトを、0度から360度まで等間隔に、[Rotate]コンポーネントのA入力(角度)に指定する必要があります。

まず、360°をオブジェクトの配置数で割り、1オブジェクト辺りの角度を割り出します。
割り出した角度を[Series]コンポーネントの[Step](間隔)に、配置したい数を[Count]に入力する事で、360°を均等に分割した等差数列のリストを出力します。
出力した等差数列のリストを全てRotateコンポーネントの角度として入力する事で、複数のオブジェクトを円形に等間隔に配置しています。
※[Rotate]コンポーネントの角度入力には[Degrees]のオプションを選択する事。

上図の通りにコンポーネントを設定すると、下図の様な配置になります。

なお、Grasshopperの[Polar Array]コンポーネントでも同様の事が可能です。その際にも、角度入力には[Degrees]オプションを選択します。