Grasshopper – [Line]コンポーネントの仕様変更について

2015/04/09現在、公開されている最新のGrasshopperのバージョンは0.9.0076ですが、書籍「Grasshopper入門」で使用しているGrasshopperのバージョンは0.9.0066です。
この0.9.0066と0.9.0076では[Line]コンポーネントの仕様が違っており、最新のGrasshopper上で、例えば「Grasshopper入門」P.41の文や画像の通りにコンポーネントを接続しても、同じ結果を出しません。

 

※書籍と同じ旧Lineコンポーネントで生成された線

本来は上図の様になってほしいのですが、最新のGrasshopperで新規に[Line]コンポーネントを呼び出し、書籍と同じ様に接続すると・・・

※新規にLineコンポーネントを呼び出し、書籍と同じ様に接続して生成された線

この様な結果になってしまいます。
これは、旧[Line]コンポーネントにはついていた「Shortest list」というオプション機能が、現在の[Line]コンポーネントからは撤廃された為です。
※旧[Line]コンポーネントのメニュー内にある「Shortest list」オプション

そこで、現行の[Line]コンポーネントで旧[Line]コンポーネントと同様の結果を出す方法ですが、[Shortest List]コンポーネントを呼び出し、[Line]コンポーネントと[Point]コンポーネントの間に噛ませて繋げる事で可能です。
※現行の[Line]コンポーネントの前に[Shortest List]コンポーネントを繋げる事で、
旧[Line]コンポーネントの「Shortest list」オプションと同じ効果を出しています。