Grasshopper – イントロ ~パラメータとコンポーネント~

Grasshopperをダウンロードしインストールを終えたら、Rhinoのコマンドエリアで”Grasshopper“と入力します。
Grasshopperのウィンドウが開いたら、「Params」タブを表示させます。

「Params」タブにある任意のコンポーネントをGrasshopperのワークスペースへドラッグ&ドロップし配置します。

本例ではNumber(倍精度浮動小数点数)を3個配置します。


配置したコンポーネントを右クリックするとポップアップメニューが表示され、最上欄でコンポーネントの名称設定ができます。



同様にコンポーネントを右クリックし、「Set Number」を選択し数値を入力。「Commit changes」をクリックすると、コンポーネントに数値が設定され、色がグレーに変化します。


 次に「Vector」タブからPointXYZをワークスペースにドラッグします。
するとRhinoのビューポート上
x=0, y=0, z=0
の位置にX印のポイントが作成されます。
PointXYZコンポーネントをクリックし選択状態にすると、コンポーネント及びビューポート上のポイントが緑色でハイライトされます。

先ほど同様に今度はPointXYZコンポーネントの名称を変えてみましょう。


Numberコンポーネントの右側の突起をクリックし、ドラッグしながらPointXYZコンポーネントに接続します。(X1はXに、Y1はYに、Z1はZに)
Rhinoのビューポートには変化がありませんが、今定義されているポイントの座標値は、Numberコンポーネントの値によって与えられたx,y,zそれぞれの座標値となっています。

 全てのコンポーネントを囲み窓で全選択し、メニューの「Edit」-「Copy」、および「Paste」で複製します。
(画像クリック:動画解説)

複製した各々のコンポーネントは、別の名称にしておきます。

複製したコンポーネントの内、x座標、y座標に入力されるNumberコンポーネントの値を5に変更します。
すると PointXYZコンポーネントの出力結果として、Rhinoのビューポート上にはx=5, y=5, (z=5)の位置にポイントが生成されます。


「Curve」タブにあるLineコンポーネントをワークスペースに配置します。
Lineコンポーネントは定義された2点間に直線を生成するコンポーネントです。
そこで先に作成したポイントPt1、およびPt2を Lineコンポーネントに接続します。
Rhinoのビューポートには、ポイントPt1、Pt2を結ぶ直線が生成されます。
(画像クリック:動画解説)

Numberコンポーネントの値を変更することにより、ポイントの位置、および直線形状が変わるのを確認してみましょう。

 

定義したGrasshopperファイルは、メニューの「File」-「Savw Document As…」で拡張子*.ghxとして保存されます。