Grasshopper – ポリラインからカーブへの変換


「Params」タブからCurveコンポーネントをワークスペースへドラッグ

Curveコンポーネントを右クリックし、ポップアップメニューから「Set one Curve」を選択。
カーブへ変換したいポリラインを選択。

※ 複数のポリラインを選択する場合は、「Set Multiple Curves」

「Curve」タブのAnalysisグループにControl Pointsコンポーネントをワークスペースに配置。
Curveコンポーネントと結線すると、ポリラインを構成する制御点の箇所に×印が表示される。

 「Curve」タブよりCurveコンポーネント、およびInterpolateコンポーネントを配置

Curveコンポーネントは「Params」タブのものと同じ名称であるが、「Params」中のものは既存カーブの定義用コンポーネント、「Curve」のものは制御点よりNurbsカーブを生成させるためのコンポーネント

Control PointsコンポーネントのP端子(ポリラインより抽出された制御点群)と、CurveコンポーネントのV端子(制御点指定曲線を作成するための制御点入力)を結線すると、ポリラインの頂点を制御点とするカーブが作成される。

一方で InterpolateコンポーネントのV端子(補間点指定曲線を作成するための制御点入力)を結線すると、ポリラインの頂点を通過点とするカーブが作成されます。



Grasshopper – イントロ ~パラメータとコンポーネント~

Grasshopper – コンポーネントの接続
Grasshopper – Panel コンポーネントの使い方
Grasshopper – スライダーの使い方
Grasshopper – データ編集
Grasshopper – One Point!コンポーネントの表示の制御
Grasshopper – サンプル アップロードその1、その2
Grasshopper – サンプル アップロードその3
Grasshopper – サンプル アップロードその4
Grasshopper – サンプル アップロードその5
Grasshopper – サンプル アップロードその6
Grasshopper – サンプル アップロードその7
Grasshopper – サンプル アップロードその8
Grasshopper – サンプル アップロードその9
Grasshopper – Voronoiパターンを利用した建築モデリング
Grasshopper – Voronoi パターンシミュレーション