Grasshopper – ARCHICAD Live Connection 1.4 Add-Onについて

Grasshopper-ARCHICAD Live Connection 1.4 Add-Onとは
デザインの幅を拡張するために制作されたソフトであり、Grasshopperのアドオンとして機能する。Grasshopper上で作成したオブジェクトに対し、ディテールやストラクチャなどの情報を付与した上で(ArchiCADのコンポーネントによって)、ArchiCAD上にデータ変換することなく読み込むことが出来る。

Rhino/Grasshopper上で、柱やスラブを生成するためのラインやポリラインから、ArchiCADのコンポーネントを使用し、規格やマテリアルを割り当てることが出来、パラメトリックに編集することが出来る。編集後はArchiCADのオブジェクトとしてリアルタイムに変換することが出来る。