サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付ける

サーフェスに沿ってオブジェクトを貼り付ける方法をご紹介いたします。

 

1)「変形>サーフェスに沿ってフロー変形」を選択します。
またはコマンドプロンプトにFlowAlongSrfと入力しenterキーを押します。

2)「サーフェスに沿ってフロー変形するオブジェクトを選択」と聞かれるので、
サーフェスに貼り付けたいオブジェクトを選択しenterキーを押します。

3)「ベースサーフェスコーナー近くを選択」と表示されるので、
先に選択したオブジェクトに接しているサーフェスの左上のコーナーを選択します。

4)「ターゲットサーフェス-合わせるコーナー近くを選択」と表示されるので、
貼り付けたいサーフェスの左上のコーナーを選択します。

※「FlowAlongSrf」を使用する前に「ヒストリを記録」にチェックを入れておくことで、
「FlowAlongSrf」の操作を完了した後でも、元のオブジェクトを移動することで、
貼り付けたサーフェス上のオブジェクトを移動することが可能になります。

「応用編」
・オブジェクトに沿ってフロー変形させるには?

下記の方法をお試しください。

1)貼り付ける位置を指定するため、
「曲線>オブジェクトから曲線を作成>サーフェスのUV曲線を生成」を選択します。
オブジェクトを選択し、enterキーを押します。

2)「サーフェス>平面曲線から」を選択し曲線からサーフェスを作成します。

3)サーフェス上に巻きつけたいオブジェクトを作成します。
※リング上に巻きつけたい場合、オブジェクトの始点と終点を同じ高さにする必要があります。

4)「変形>サーフェース沿ってフロー変形」を選択し、
上記と同じ手順でサーフェスにオブジェクトをフロー変形させていきます。