エッジの便利な選び方

ライノは、ビューポートで、マウスの左ボタンを押しながらマウスをドラッグすると、ドラッグしてできた「窓」の中にあるオブジェクトが選択されます。

この方法は「囲み窓選択」「交差窓選択」と呼ばれますが、サーフェスのエッジにも使用することができます。

例えば、FilletEdge*コマンドでフィレットを作成する際、コマンド実行後、「囲み窓」や「交差窓」でモデルを選択すると、複数のエッジが選択されます。
* ソリッドメニュー>エッジをフィレット>エッジをフィレット

※ 画像はGIFアニメーションです。クリックしてご覧ください。

また、FilletEdgeやJoinコマンド(結合)では、 「チェーン選択」のオプションがあります。

※ チェーン選択とは...
ひとつの曲線またはサーフェスエッジを選択すると、 連続性オプションで設定された連続性で繋がっている すべての曲線セグメントが自動的に選択されます。 (Rhinoceros4.0ヘルプ引用)

「チェーン選択」オプションの実行は、コマンドを起動後、コマンドプロンプトに「chain」とタイプ入力して実行します。

※ 画像はGIFアニメーションです。クリックしてご覧ください。