自然な表情を – 「ゆらぎ」ツール


微妙にうねったようなガラスの表現は、弊社で公開しているRhino用プラグインツール「ACPDQ」を使用しています。
※ Rhino4.0のUDT機能も活用しています。
このACPDQプラグインツールは、キレイに並んだ制御点を”ランダムに移動”(通称・ゆらぎ)することで自然な表情のサーフェスを作成することができます。

使い方は...
1) ランダムに移動させる制御点を選択。
2) コマンドエリアに「ACRandomTranfer」とタイプ入力。[Enter]を実行。
3) 画像のダイアログで、制御点の移動範囲を”長さ”または”比率”で指定。

4) (3)のダイアログで[OK]をクリック。

また、このACPDQツールには、「ゆらぎ」コマンドのほか、微小エッジやサーフェス、制御点の重複やねじれを検出する、データ検証ツールも含まれています。

ACPDQ for Rhinoceros 4.0の詳細・ダウンロード