McNeel社認定Rhino基礎モデリング(3日コース)

本トレーニングでは、ライノセラスの画面やマウスを使った基本操作から、
2次元図形の作成・編集、サーフェスの作成、制御点編集によるモデリング、
標準レンダラーによるレンダリング画像の制作を学びます。
また、IGESやSTL等、他形式のデータ入出力やモデリング環境の
カスタマイズについてもご紹介します。

Windowsの一般的な操作を収得されている方で、 初めてRhinocerosを使われる方を対象とします。

期間

3日間 (6時間 x 3)

時間

10:00~17:00(開場 9:30)

会場

株式会社アプリクラフト トレーニングルーム(東京・渋谷)

定員

8名 (先着順)

受講料

¥108,000 (テキスト代込み・税別)

内容

(Windows版 Rhinoceros 5対応)
■Chapter 1 はじめに
コース概要 / Rhinoとは? / オブジェクトの種類
■Chapter 2 Rhinoの基本
WindowsインターフェイスのRhino / Rhinoの画面構成 / マウス操作
コマンドの入力 / ヘルプ / コマンドライン履歴 / ビューの操作
■Chapter 3 図形の作成
直線の作成 / 自由曲線の作成 / モデリングの補助 / 作業の保存
レイヤー / オブジェクトの選択と削除
■Chapter 4 正確なモデリング
座標入力によるモデリング / 数値入力によるモデリング
オブジェクトスナップ / モデリング補助機能 / ビューと作業平面
解析コマンド / 円、円弧の作成 / 楕円と多角形の作成
自由曲線のモデリング / ヘリカルとスパイラルのモデリング
■Chapter 5 オブジェクトの編集
フィレット / 面取り / 移動 / コピー / 元に戻す、やり直し
回転 / グループ化 / ミラー / 結合 / 縮尺変更 / ガムボール
トリム / 分割 / 延長 / オフセット / 配列
■Chapter 6 点の編集
制御点による形状編集
■Chapter 7 変形可能な形状の作成
自由形状のモデリング
■Chapter 8 ソリッドによるモデリング
ソリッドのモデリング / ソリッドテキストのモデリング
■Chapter 9 サーフェスの作成
サーフェスのモデリング
■Chapter10 モデルのインポートとエクスポート
Rhinoファイル情報の入力と出力
■Chapter11 レンダリング
Rhinoレンダラーを使った、モデルのレンダリング
■Chapter12 寸法
寸法の追記 / 3Dモデルからの2D図作成
■Chapter13 印刷とレイアウト
Rhinoからの印刷
■Chapter14 エクストラ
ソリッドの変形

お申し込み

2017年1120日(月)~22日(水)実施

募集人数 │ 8名

受付終了

2018年115日(月)~17日(水)実施

募集人数 │ 8名