Zoo5,Zoo6: 設定チェックリスト – Rhino5が起動しない

ライセンス管理ツール「Zoo5」「Zoo6」を用いて、Rhino5を起動しようとすると、
「通信中に問題がありました。システム管理者に問い合わせてください。」
「サービス操作がタイムアウトしました。システム管理者に問い合わせてください。」
とメッセージが表示され、 起動できないことがあります。

この事象は、主に次のような要因が考えられます。
・ Zooが起動されていない。
・ Zooのサービスを開始していない。
・ TCPポート80が使用できない。
・ ZooとRhinoが最新バージョンではない。
・ プロキシを使用している。
※ スタンドアロン(ノードロック)で使用するPCで、このメッセージが表示されている場合は、
こちらの記事をご参照の上、スタンドアロンに切り替えてご利用ください。

◆ アプリケーションに関する確認①: Zoo
□ 「Zoo」の最新バージョンを使用。
お使いのバージョンを確認するには、ZooのHelpメニュー>About Zoo を実行します。
(Zoo最新インストールプログラムは、こちらからダウンロードできます)

※ 画像は2015年6月現在のバージョン

□ Zooに利用可能なライセンスがある。
Zooの「Status」(使用状況)欄に、利用可能(Available)なライセンスがあるか確認。
※ 利用中の場合は「In Use」、持ち出し中は「Checked out」と表示。

□ Zooライセンスサービスを開始。
ZooのToolsメニュー>Start が実行されているか確認。
※ 既に実行されている場合は、上記コマンドは選択できません。

◆ ネットワークに関する確認
□ TCPポート80に関する確認①: ファイアウォール
Zoo5/Zoo6は、「TCPポート80」(HTTP)を使用して、Rhinoクライアントと通信します。そのため、Zooサーバー上のファイアウォール設定を、送受信とも通信できるようTCPポート80を開いておく必要があります。設定の手順は、こちらを参照ください。

□ TCPポート80に関する確認②: 競合サービス(Webサーバー、Skype)
Zooサーバーで、TCPポート80を利用するサービスやソフトウェアが実行されていると、Rhinoクライアントと通信を行うことができません。他のサービスが使用中でないか確認いただき(確認方法はこちら)、使用中の場合は、そのサービスを別のポートに変更いただくか、ポート変更できない場合は、Zooを移設してください。

また、Skypeご利用の場合は、こちらの設定で回避できます。

□ プロキシサーバーを利用している場合
ローカルアドレスにプロキシサーバーを使用しない設定に変更します。
設定方法は、こちらをご参照ください。

その他ネットワークに関する留意点は、開発元ウィキをご参照ください。

◆ アプリケーションに関する確認②: ライノセラス5
□ ライノ5 サービスリリースを最新版に更新。
サービスリリースが最新でない場合は、最新をこちらから入手してインストールします。
現在お使いのサービスリリースは、Rhinoのヘルプメニュー>Rhinocerosについて を実行します。
(画面の右下に表示されます)

◆ Zoo Diagnostics(診断)ユーティリティ
上述の項目をすべてご確認されても問題が解決しない場合は、Zoo診断ユーティリティをRhino5クライアント上で実施いただき、その結果をアプリクラフト Rhino3Dサポートまでお送りください。
Zoo診断ユーティリティの詳細・ダウンロードは、こちらをご参照ください。

開発元 – Zooに関する情報・ダウンロード
Zooの設定や運用方法、ライセンス認証方法
Zoo6のよくある質問