Rhinoceros関連製品の「よくある質問」一覧です。
インストール方法や、各種トラブル解決方法などをお調べいただけます。
右のタブから製品名などを選択すると、表示項目を絞ってご覧いただけます。
便利な機能やモデリング・レンダリングのヒントなどは「Tips集」に記載しております。

iRhino3D: データを送る

iRhino3DへRhinoファイルを送るには次の4つの方法があります。 メール iTunes ウェブサイト Googleドキュメント いずれの場合においても次の事に注意しなければなりません。 iRhinoに取り込まれるのは表示用メッシュデータです。よって保存する前に一度はシェーディン...

iRhino3D: データを送る(メール編)

iRhino3DはiPad, iPhone, iPod touchでRhinoのモデルデータをビューイングするアプリケーションです。iOS4よりiPadに加え、iPhoneでもメールに添付されたRhinoデータを開けるようになりました。 1. E-mailにRhinoデータを添付して送信します。 ※1. 簡易保存...

iRhino3D: データを送る (iTunes編)

iTunesを用いてiPadにRhinoファイルを読み込む方法は次の通りです。(iPhoneおよびiPod touchではiOS4より) 1. iTunesを起動します。 2. iPad(iPhoneおよびiPod touch)をPCに接続 3. iTunesのデバイス欄に表示されたデバイス名をクリック ...

iRhino3D: データを送る(ウェブサイト編)

インターネット上にRhinoファイルがある場合には、そのURLが判ればiRhino 3D上でダウンロードし読み込むことができます。 1. iPad(iPhone, iPod touch)でSafariを起動させ、Rhinoファイルのあるページを開く。 (本例では、http://support.irhino3d.c...

iRhino3D: データを送る(Googleドキュメント編)

Googleドキュメントを利用してRhinoファイルを読み込むには、予めGoogleのアカウントを作成する必要があります。 1. Googleドキュメントを開き、ファイルをアップロードします。 2. iRhino3Dを起動し、モデルの追加ボタン(+)を押す。 3. モデルの追加下で「Googleドキュメ...