Rhino6: ライセンス運用比較表

Rhino6における3つのライセンス運用方法(Rhino アカウント(Cloud Zoo) / Stand-Alone / Zoo)の比較表です。


 Rhinoアカウント(Cloud Zoo)
対象 ・ライセンスを複数人で使用する企業・団体・教育機関。
・外部とのインターネット接続が可能な企業・団体。
条件 ・Rhino6 for Windows 商用版またはラボラトリーライセンスをお持ちの方。
・ライセンス が紐づけられた Rhinoアカウントにログインできること。
・Rhino 起動時にインターネット接続が必要。
メリット ・インターネットさえ接続できればどこからでも Rhino を起動することができる
(認証から1週間はオフライン使用可能)。
・複数人で使用することができる。
デメリット ・アカウントを忘れた場合、ライセンスの削除や移動ができなくなる。

 

 Stand-Alone
対象 ・個人
条件 ・Rhino6 for Windows 商用版または教育版ライセンスをお持ちの方。
・Rhino初回起動時にインターネット接続が必要 ( バリデーションするため )
メリット ・オフラインの状態でも、Rhino を使用することができる。
デメリット ・複数のPCで使用することができない。
・PC 移行の際にバリデーションを再度行う必要がある。

 

 Zoo
対象 ・ライセンスを複数人で使用する企業・団体・教育機関。
・セキュリティーが厳しいまたは、自社・教育機関サーバーで管理したい企業・団体・教育機関。
条件 ・Rhino 6 for Windows 商用版またはラボラトリーライセンスをお持ちの方。
・Zoo6 のインストール
・ローカルネットワーク内にZooサーバーを配置する必要がある。
メリット ・外部接続なしで、自社・教育機関内で管理できる。
・複数人で使用することができる。
デメリット ・サーバーに接続できない場合 Rhino を使用できない
(チェックアウト設定がされている場合はオフラインでの使用可能)。

関連ページ:
Rhino6: インストール方法~ライセンス認証方法を選択
Rhino6: Rhinoアカウントによるライセンス管理
Rhino6: Rhinoアカウント 個人/チームのライセンスを管理