Rhino5: サポートされていないWindowsが検出

Windows版Rhino5をインストールの際、対応のOS上においても、
「サポートされていないWindowsのバージョンが検出されました。」というメッセージが表示され、
インストールできない事象が報告されています。

この事象は、WindowsのPCA機能(プログラム互換性アシスタント)によるもので、
対処策につきましては下記手順をご参照ください。

1)Rhino5のインストールプログラムを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。
※Rhino5の最新インストールプログラムは、こちらからダウンロードできます。

※ 画像は2015年7月現在のプログラムです。

2)プロパティ画面の「互換性」タブをクリックし、「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ
ドロップダウンリストから「Windows XP(Service Pack 2)」を選択します。

3)[すべてのユーザーの設定を変更]ボタンをクリックします。

4)「すべてのユーザーの互換性モード」タブ内にある「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックを外し
[OK]ボタンをクリックします。

5)上記2)の画面に戻るので[OK]ボタンをクリックし、プロパティ画面を閉じます。

6)再度、Rhino5のインストールプログラムを右クリックし、メニューから「管理者として実行」を選択してインストールを行ってください。
※Rhino5のインストール方法についてはこちらのページの手順3)以降をご参照ください。

※画像は2015年7月現在のプログラムです。