Rhino5: 評価版から製品版へ移行

評価版を試用後に製品をご購入いただいた場合は、ご購入のライセンスキーを入力して製品版に移行していただけます。製品が届きましたら、評価版Rhino5を起動して、下記の手順にて製品版としてご利用ください。
※評価版をインストールしたPCに、製品版をインストールすると、正しく動作しない場合があります。

評価版は製品版のすべての機能(クリップボード以外)をお試しいただけますが、
インストールから起算して90日を過ぎると下図の画面が表示され、保存ができなくなります。

Rhino起動時に表示される画面の上部タブから[ライセンス]をクリックして、上記画面の選択肢から該当する方法をクリックします。
各選択肢は以下の通りです。上記画面は、Rhinoのツールメニューの[ヘルプ]-[Rhinocerosについて]からも開くことができます。

・I Love Rhino! ライセンスを購入(製品の購入案内ページに移動。コチラから購入できます。)
・ライセンスを入力(製品のライセンスキーを入力する。)
・Zooを使用(ライセンスマネージャーZooを使用する。)

また、Rhinoオプションの[ライセンス]から、上記と同じ選択項目を表示することができます。

◆[ライセンスを入力]を選択した場合
名前、組織、ライセンスキーを入力してOKをクリックします。

◆[Zooを使用]を選択した場合
ネットワーク上にあるZooサーバーを指定します。
利用するZooサーバーのホスト名かIPアドレスを入力して、[Test接続を確認]をクリックしてください。
Test接続の成功後に[OK]をクリックして画面を閉じます。

ライセンスキーの入力後、30日以内にバリデーション(ライセンス認証)を実施する必要があります。